長続きしないボクが、このブログを1年以上続いているのは驚異的です。日記で淡々と書いていたのですが、スレイクとミクシーで繋がって、ウッチーズとか繋がり・・。で、このブログを凄い沢山の人に見られていると分かってから、世間を意識しだした今日この頃です。そろそろネタに困ってきました。

 24日、ウッチーズとニアミスしたみたい?だけれど、打ち合わせで、六本木ヒルズに行きました。時間を潰すには、中途半端だし、本屋も小さいし、さらに何か足りないと思ったら、CD屋さんが無いんですね。六本木は最初に就職したCMの音楽制作会社があった場所で、昔良く遊んでました。WAVEが懐かしく・・・)

(ということでここに住む気持ちが分からなく・・・。)
 その、六本木ヒルズといえば、昔テレ朝通りがあり、ミュージックステーションなどの収録で、スマップファンが押しかけていて、ボクはその中を潜り抜けてテレ朝の音楽スタジオに良く通いました。当時は、プロツールスなんてなく、ソニーのPCM−3348というレコーダーで収録してました。

 入社して間もないボクが最初に企画したのが、H報堂のクリエイティブとT北新社に提案した、鈴木杏樹のミノルタズームアップ1・3・5の音楽で、新人にしてイキナリ採用でした。(アップルコンピューターのラジオCMの音楽とか作っていたから、ジツは作曲することが本望で、仕方なくやっていたところもあるのですが・・・。)それは、ソロになった頃の、小山田圭吾&ブレイクしつつあったカヒミカリーのコンビでして、まあ渋谷系です。それで、なんとなく感性で、あるミュージシャンと、この歌手の組み合わせで・・・とか、かなり奇抜な組み合わせで企画してまして、その斬新さで勝負をしてました。 ただ、営業が苦手なのと、ボーナス貰えないとか、仕事できない癖に生意気盛りで辞めちゃいましたけど・・・。

 その後就職したベンチャー企業が、毎日パソコンやソフトとかが盗まれちゃう酷い会社でして、終いには、シリコングラフィックも盗まれちゃった。で、お互い疑りあって雰囲気が良くないのと、ディレクターが脳が筋肉で出来てるような人で、かなりボクと相性が悪く。そして会社が危ない時に、また転職をしてっと。

 なんて、不安定だけれど、今のユードー創業からのスタッフのI氏といろいろ活動して、生活は滅茶苦茶楽しい。ということで10代最後〜20代は六本木を中心にしてました。

 ところで、会社の方、来期の事業などいろいろと考えているのですが、ボクをサポートしてくれるスタッフ、具体的には企画営業をやってくれる人を探そうと思ってます。企画からそれをどうクライアントに営業提案するのか、具体的に、ボクのやり方を教授しつつ育てる感じですね。興味のある方は、info@yudo.jp までどうぞ。