怒涛の一週間が終わり、週末。明太子食べながら飲んでます。

 ボクの周りは、ハイパーな方が多い。また幸いにも、ボクは人生の節目に(自分で思う)このような方に出会う機会はとても多い。この偶然この二日間その象徴する三人とお会いしました。

・誰もが経験しない大変な状況に関わらず、不動たる姿勢でズッシリの先生。周りのスタッフがついて来ている。
・状況を読み、適切な助言を間髪入れずに仰るGDHの石川社長。
・天才的なヒラメキの経営者、伊藤会長

とある方が、その人を取り巻く周囲の方で、その人が分かると言ってました。なるほどと思います。イケテる人の周りには、イケテる人が集まります。
また、階層が普通の人とは違います。社会への視点、生活への視点。いやー凄い。
 社員に愛される、尊敬される経営者は幸せだと思います。そういった経営者の方は、(一応)僕の目からも分かります。ボクには程遠いな。

 ボクは、4月は超現実主義、鬼月間と思ってます。鬼は辛いのですが、誰かがやんなきゃいけない。良い雰囲気とか、空間というなんか心が醸し出す感じがあるのですが、一方で追い詰められる不安は必要で、この緊張感は大事ですよね。