先日の誘拐事件。

 犯人よりも、誘拐された被害者のプライバシーの方が、大規模に報道されてしまって、同情しなくちゃいけないのに、彼女らの所有する資産や、家の所在までも明らかになって。
人権侵害かもしれないのだけれど、本人達にとっては、多大なる経済効果をもたらしているから、まあそれは良いのでしょうかね。

 しかしながら、企業の経営者って、勤務する社員や、そもそもクライアントからの収益で生活が成り立っているわけで、創立者ではあるけれど、全社員の経済活動における収益から、彼らの労働対価を支払い、必要経費を払い、国の為に税金を払って、その残った収益から役員報酬で頂戴するのだと思うのですが。

 松下幸之助や本田総一郎がいう、『お客様は神様です』っと。お客様から頂戴した対価から企業活動、そしてその企業に属する人々が生活が出来るわけだから、謹んでいないといけないし、ジェット機を買ったとか、どこかのIT企業の社長のブログにあるように、ボートを買ったとか、フェラーリを買ったとか、そんなことをメディアにアピールするのは、未成熟な大人であり、変な虚栄心はアホなコトで、内に秘めておかないといけないことなのでは?何て思うのです。
 会社は、私の役員報酬は公開してますし、使った経費などは公開しても恥ずかしくないようにしてます。

 演歌歌手の人なんか、ファンの前では苦労話をしてお涙流しておいて、プライベートでは、ベンツとか乗っているわけで(笑)

 こんなコトをいってると、オッサンって思われるかもしれないけれど、このノリは、米国は5年前の出来事で、今はゲイツのように、4兆寄付とか、社会に還元する金額で皆競い合っているのに。(笑)

 新橋のサラリーマンが、よくお金、拝金主義が・・・。何て愚痴をテレビのインタビューで言っているけれど、なぜかって? こんなことだと思うのです。

 ボクも、1ドルCEOになることを憧れていたり。(笑)