まさに、ボクにとってはタイムリーな曲(笑)
『タイムマシンにお願い』 SMB木村カエラバージョンがiTMSで配信された。
これは凄い。
ドラムも、かつて東洋一リズムに正確と皮肉られた、ドンカマユキヒロのメカのような8ビートもレイド気味というか、もたってきた。おじいさんになると、ユキヒロでもタメ気味になるのか。でも森高っぽい、シンプルな8ビートは、ユキヒロならでは。もしかしたら、ボクでも叩けるかもしれないぞ。ギターソロもそのまんま。良いぞ良いぞ。キーボードが入っているのに、ミックスで全然聞こえなくて、忘れられているし。最高。キーボードなんかいらない。
バック、全然つまらないのが良いぞ。おまけに下手だし。(ほめてるつもりです)この際何でも良いや。
とにかく、最高です。カエラはボーカルを何トラックか細かく録っているけれど、バックは、一発とって本当にビールを飲み始めていたに違いない。
一生懸命録音するのも良いけれど、ゆるいのも最高です。

加藤和彦もおそらく還暦だろうし、変わらないのがとても良いです。
カエラがこんなにはまるとは思わず。

カエラの声は、『さぁ〜』リーゼンバーグの『ba』のXaの発音が、とても良くて彼女のオリジナルの歌詞もxaの発音が多くなるようにした方が絶対良いと思う。ボクが高校生のときの桐島カレンよりもぜんぜんいいぞ。多分、今の彼女じゃないと歌えないのだ。成熟したら、きっとだめだと思う。
ターゲットも、ボクら30代はどうでも良くて、50代と10代、20代というドーナッツ化現象なマーケッティングだ。
 お願いなので、リマスタリングとか、再発売何たら特典とかやんないでほしい。

最後に、キリンビールのテーマは、『変わらない仲間たち』である。
さすがです。本当におススメです。

最近、頑張って、グダグダウンチクが多い再結成が多いので、こういう形はとても良いと思います。