朝起きると 半分のさつまいも をNHK教育で放映していました。

終戦の時期です。ボクは、小学校2年生の時に、下校途中の銭湯で共産党だか社会党が横浜大空襲の写真フイルムを展示しておりまして、また夜に広島長崎に関する映画を上映するということでした。

 まず、その内容よりも、下校途中の小学生に意味がわからないのに署名をさせて良いのか?と、友人のお母さんが真剣に抗議をしていて、ただただ驚いた思いでもあるのですが、戦争ということと、核兵器という存在をはじめて知った、小学生の自分は衝撃的でした。 そこから、テレビで見る西部警察のような、ファンタジーのテレビ世界の社会事件や凶悪犯罪のみならず、国家や民族といった深い問題を知るわけです。

 ということで、この 半分のさつまいも を見た子供たちは、興味深く真剣に見ているのですが、その感じ方は我々のテレビっ子世代よりも、さらにバーチャルに感じているだろう、と思います。

 将来への不安はこの80年代でも、70年代でもあったものの、石油危機から核戦争、テロリズム、環境問題。国家の民度やレベルによって異なるのかと感じております。昨年訪れた タイ、急成長の中国しかり、物質的な豊かさ、物質至上主義なところが日本の80年代です。一方我々など、環境や安全性といった、将来にかける不安、年金問題や社会保障問題など、今現在よりも先を見据える状況というのは、裏を返せば丁度今現在については、ある程度充足しているのかなと思います。もちろんとんでもないことではありますが、今日明日の飯を心配するということではないわけで。

 マズローの段階欲求説しかり、アダムスミスの見えらざる神の手しかり、リッチになると、欲求レベルが、それ以外の人から見れば無駄なもの、だったり、精神的な充足は向かいます。それよりも下のレイヤーの人から見れば、全くもって無駄なものに見えるのですが、それによって、経済は循環していくのだそうです。

世界のレベルから見れば、日本は上位レイヤーでしょうし、また、最近の環境問題活動化も、ミュージシャンやアーティストが多いのですが、彼らも、理念ベースで生活できていることもあるのか、レイヤーは上です。

 一方で、中国など伸び盛りの国々にしてみれば、環境問題など、余計なお世話かもしれません。また、本当な意味で、環境問題について共感できるレベルの人々というのは、一定の生活ができている人だと思います。我々も、つい最近の出来事です。

 我々は、今後もレイヤーが上に行くものと思う面と、またそのレイヤーが二極化、多極化していくこと、そして、将来へは多様化していくこと、複雑化していく社会を考えないといけないなー、と思うのでした。