中学、高校生以来であるが、最近F1は欠かさず見ている。率直なところ、フェラーリがダントツに強すぎて昔ほどスリリングでもないのであるが、佐藤琢磨のオーバーテイクには、感動モノ。今期ホンダエンジンも調子良いし、マシーン環境にも恵まれているのであろう(右京が・・・ ちなみにすがや先生が結婚の保証人だったそうである)。
さて、先程のF1イタリアグランプリの決勝、相変わらずのフェラーリ勢1,2フィニッシュ。1位のバリチェロ、2位のMシューマッハしかり、両者共に予選タイム、決勝のスタート時のミスが重なり最悪のコンディションにも関わらずである。フェラーリ強すぎ。一方で、BARホンダも健闘。3位バトン、琢磨は4位であったがチームポイントを意識してか、今回は非常に安定した走り。しかしながら、上海と鈴鹿は攻めに入るであろう佐藤琢磨には、目が離せない。

ところで、トヨタからF1参戦記念の12気筒GTが出るそうであるが、参戦以来のトヨタの低迷を見れば、魅力ナシ。やはりホンダであり、次期NSXに期待が沸くところである。その前に、SH−4WDのレジェンドが面白そう。