さて、韓国エレクトリックショーは役に立ったのか分からないが、
歌手のアンさんとお会いする。
綺麗なマンションの一室は、収録の出来るスタジオであった。
歌を録って思い出したのは、昔作ったチャヌンヘンボクという曲で歌っていただいた方であった。もう4年前になるのですっかり忘れていた。
収録は、問題なく終了。
パクさんと、いろいろと音楽の話をすると、結構方向性が似ていることが分かる。
ただ、韓国でクラブシーンをやるのは難しい・・・というか、無いに等しい。
せいぜい訳のわからぬトランスがかかっているぐらいだし。
南雲のアルバム制作の際には、協力のお願いして収録を終えた。

地下鉄にのって、次の宿泊先鐘路(チンロ)を目指す。ちなみに、映画ブラザーフッドの設定もこの場所。ホテルソンビというところであるが、超オススメ。ロッテホテルとか、ウエスティン朝鮮とか、マリオットでなくても、ここで十分。6000円程度で綺麗だし、インターネットもOK。これまでの訪韓の中で一番良いホテルである。
ホテルに着くと、明洞(ミョンドン)に出かけた。すると、スマップの草薙君がいるではないか。たいした興味が無いので、新村に行き、なじみの焼肉屋さん龍馬に行く。もう6〜7回行っているので当然マスターも覚えている。というか、前回遊びに連れて行ってもらう予定が、体調が悪くなりキャンセルしたお詫びも兼ねてであった。

ここは、チゲが日本人向けに納豆臭くなく、おいしい。かつ焼肉のタレにわさびを入れるというなるほどのアイデアである。お肉は、値段相応であり、お気に入りのお店。明日、飲みに行く約束をしてホテルに帰る。

次の日は、仁和寺周辺を散策し、ミョンドンをうろついていた。そして、帰国時は、新村の駅の近くのスーパーでいっぱいお菓子を買って、金浦空港から帰国。