2017年12月12日

日本全国制覇旅 〜青森県編 IV (白神山地 III)〜

#1708.
ブナ林散策道、2山目の登り下りもクリアし、さっきの黒い岩があったところからほどなくしたところで、、、

白神山地
再び一方通行の合流地点にたどり着きましたー
ってことで、このブナ林散策道ももうすぐで完歩ですかね

白神山地
と思ってたらまだまだ道は続くようです
引き続きブナ原生林の奥深くへと足を踏み入れていきます

白神山地
どーん
とこちらはまたひときわ大きなブナの大木
これらの多くの木もさっき見た巨大な切り株くらいにまで成長するんでしょうか。

白神山地
そして心なしかここらで少しずつ下ってるような感じになってきました
ちょっと川のせせらぎの音のようなものも聞こえ始め、いよいよ暗門の滝歩道コースが近づいてきてるようです

白神山地
ふと見上げると周りは完全に深い山の中っすね
木々の隙間から陽の光も差し込み、ほんとに心地いいトレッキング日和でした

そんなこんなで引き続き、徐々にせせらぎの音がする方へと歩みを進めていくと、、、

白神山地
どーん
と下り階段が出現し始めました
この辺りは「ブナ林散策道〜暗門の滝歩道のぬけ道」と題されてて、ここを抜けていくと滝歩道の方に出ていけるようです

白神山地
ってことで、ブナ林散策道ラストスパートをかけてずんずん進んでいきます
やわらかな木漏れ日がほんとすごい良い感じっすね(´∀`*)

白神山地
途中久々にこんなベンチもあったりしました
写真に撮ったってことは確かここで少し休んだんだっけ
この散策道に入ってからずーっと登り詰めでしたもんね。

白神山地
そしてちょっとひと息入れたらまた立ち上がり暗門川へと至るこの階段をどんどん下っていきます
なんかこの後、最後の方は人ひとり通るのがやっとなくらいにまで下りの道幅が狭まってて、これまでほとんど誰ともすれ違わなかったのにこういう時に限ってすれ違う人と出会って、なかなか通り抜けるのに苦労しました(・∀・)

白神山地
それはさておき、木々の間からはもう暗門川がチラッと見えてきましたね
お〜とテンション上がりつつ、ラストの階段を駆け下りていき、ついに、、、

白神山地
どーん
暗門川にたどり着きましたー
と同時にここがブナ林散策道の終点、そして暗門の滝歩道の合流地点になります

白神山地
ちょうどここにも木の板の橋が架かってますね
これまで深いブナ原生林の森の中をかき分けてずーっと進んでいたので、ここに出てきた時すごい開放感半端ない感じでした

白神山地
ってことで、さぁここからは暗門の滝歩道コースを歩いていくことになります
そしてここからがまたすごい長いのなんのって( ̄▽ ̄;)

まあこの時は、もう登りもないし川沿いをスイスイ歩いていけばほどなくしてたどり着けるかなーと気楽に考えてたんだけど、そんなこんなでとりあえず暗門の滝歩道コースもこれにてスタートです

白神山地
まずはこの板の橋を渡って向こう岸に行くようっすね
基本、コースは川のどちら側か一方で指定されてるみたい

白神山地
橋の上から暗門川をパシャリ
木々に囲まれた渓谷の川って感じでまた素晴らしい眺めっすね
ここからはこんな景色をすぐ間近に見ながら歩いていくことになります

白神山地
さて橋を渡り終わって対岸の方にやってきました
しばらくは川のこちら側を歩いていくようです。

白神山地
河原沿いの道っすねー
手前の岩の上にたくさんの小石が積み上げられてて、ここを訪れた人がどんどん積み上げていったものですかね

白神山地
またこのコースは河原の足元が危険なところが多く、ところどころこんな感じで工事中みたいな足場を渡っていく箇所もありました
すれ違う時が大変そうっすね

白神山地
しかしこの辺りのブナの原生林をバックに流れる暗門川の光景はほんとに綺麗でした
水も完全に透き通って川底がくっきり見えてますね

白神山地
暗門の滝歩道コースもブナ林コースよりはちょっと人も見かけられたけど、時々大行列の団体客とすれ違うくらいでそこまで人もいませんでした
このコースは上流に向かって歩いてるので、少しずつ川幅も狭くなってきてる感じっすね

白神山地
暗門の滝まではどのくらいかかるのでしょうか。
アクアグリーンビレッジでもらった携帯地図が結構簡素な感じだったのであんまゴールまで距離感がつかめず、ひとまず今は目の前の道をどんどん歩いていくのみっすね

白神山地
そして気づけばすぐ隣りは崖になってました
川の流れによって気の遠くなるような長い年月をかけてどんどん削られていったんですかね

白神山地
また、ところどころ川の流れの休憩所的な感じでこのような川の水の溜まり場みたいになってる箇所もありました
なんだか水の中に入ったらすごい気持ちよさそうっすね

白神山地
上流に向かうにしたがって水の流れも少しずつ早くなってきてる感じですね
今は水量はそんなにないけど、雨で増水とかしたら両側は崖だし怖いことになりそうです

白神山地
そしてここからはまた足場を渡っていくようです
でここの足場を渡ろうとした際、団体客が向こう側からずらーっと並んできてて、さすがに足場の上ではすれ違えないので、しばらく足場の手前でずーっと彼らに「こんにちはー」って言いながら団体客が渡り終えるのを待ってました
上の写真は全員とすれ違い終えて、自分が渡る時に撮ったものっすね

さぁこんな感じでついに始まった暗門の滝歩道コース
帰りも含めるとこれからものすごい長い時間をこの暗門川と共に過ごすことになるんだけど、次回は暗門の3つの滝の最初に出会う第三の滝の手前辺りまで書いていきたいと思います

gn47idra9z at 12:10|PermalinkComments(0) | 青森県

2017年12月09日

日本全国制覇旅 〜青森県編 III (白神山地 II)〜

#1707.
さぁ東北旅日記再開させます
白神山地を絶賛散策中のところからでしたね

山の中の小さな沢の流れを渡って、、、

白神山地
これは振り返って撮った一枚だけど、このような道をどんどん下っていきます
で基本はわかりやすい一本道のはずなんだけど、この辺りで若干散策路なのか自然の獣道なのかよく分からないような迷いどころの分岐があって、特に地図にも書かれてないし道に案内表示もされてない

近くに人もいないし、うーんどっちだろうと思いつつ、ひとまずなんとなく真っすぐ進んでいくような方へと行ってみると、、、

白神山地
なんかちょっとした谷にぶち当たり、なんと行き止まりに
こっちじゃなかったのか〜とすぐにちょっと引き返して、、、

白神山地
気を取り直して、こちらの本線と思われる道を改めて進んでいきます
なんか下ってる途中だったのに、こっちの方はまた少し登り道になってたからちょっと迷いどころだったんだよね。

まあそれはさておき、正しい道を進んでほどなくしたところで、、、

白神山地
どーん!
と無事に一方通行の合流地点にたどり着きました
ほっと一息っすね(´∀`*)

白神山地
しかしただ単に一方通行の分岐地点が終わっただけで、ブナ林散策道コースはまだまだ続きます
合流地点から引き続きブナの深い原生林の中を歩いていくと、、、

白神山地
またまた分岐が現れました
再び一方通行の分岐のようです。

白神山地
ってことで、またもう一回りこれから原生林の森の奥深くへと入っていきます!
ここからは結構登りがさらに続きそうっすね

白神山地
周りは360度見渡す限りブナの原生林に囲まれた世界
すごい静かだし、なんだか神秘的な雰囲気に包まれつつ歩いてました
心がどんどん洗われていくようっすね

白神山地
さっきの分岐路ではちらほら人も見かけられたけど、この登りの散策路の辺りではもうほぼ出会う人もいませんでした
完全に森と自分だけの世界です。

白神山地
そして道はさらにどんどん山の中へと進んでいくようですね
引き続きブナの原生林を見上げながら登っていったんだけど、ふと足元の方も見てみると、、、

白神山地
倒れた木の幹のところから白いキノコが生えてたり、地面の方でもいろいろ自然の一瞬一瞬を垣間見ることができました
他にもいろいろキノコ類もたくさん生えてるみたいっすね

白神山地
また、地面近くに生えてる植物はシダ系のものでしょうか
まさに原生林の風景って感じっすね
約1万年前の最終氷河期が終わるとすぐにブナ林が形成されたと考えられてるそうなので、それ以来ほとんどずーっと変わってない景色なのかもしれませんね

白神山地
そんなこんなで、まだまだ登りは続いてたんだけど、やがてある程度まで登ってきたのかこのような階段の登りはなくなっていきました

白神山地
道の途中にはこんなでっかい木の切り株もあったよ
周りのブナの木々とは比べ物にならないくらいの幹の太さだけど、かなりの大木だったんでしょうか。

白神山地
一方地面の方には、ブナの根っこが複雑に入り組んで地面に出てきてる箇所もありました
地面の中はもっとすごいことになってるのかもしれないっすね。

また、この辺りはブナ原生林の結構奥の方まで入り込んで来ているのか、、、

白神山地
どーん
と時折ひときわ大きなブナの木も見かけられました
きっと気の遠くなるような遥か昔からここにこうして人知れず立ってるんでしょうね

白神山地
そして歩いてるとまたちょいちょいこんな感じで倒れた木の幹も見かけました
自然に倒れたものなのかな。
それともまだ保護とかされる前の昔に切り倒されたものとか?
でも倒れた木の幹からは新たに植物がどんどん生えたりしてて、自然はまさに循環してるんだなーってことを目の当たりにしました

白神山地
変わってこちらはまたまたでっかい大木の足元の方に寄生していた、でっかいキノコっすね
なんだかキノコもここまでくると恐ろしいでかさです(・∀・)

白神山地
さぁ誰もいない原生林の道はまだまだ続きます
登りは完全に終わってここらで少しずつ下りになってきました

白神山地
と思ったらもうジグザグを描くようにどんどん下っていき、下の方にはまた沢のようなものとそれを渡る一枚の板が見えてきました
完全にさっきのデジャブみたいな感じだけど、もちろんここは似たような別の箇所っすね

ってことで、沢に向かって駆けおりるように下っていき、、、

白神山地
またこちらの一枚板を渡ります
ここもまたボロッとした感じっすね

白神山地
でも橋からは気持ちのいい湧き水の流れが見れました
なんだか周りの石の感じといい、どこかの和風庭園のような良い雰囲気を醸し出してますね

白神山地
そしてここからは少しこの沢沿いを歩いていくみたいです
道幅もなんだか道なのか何なのかよくわからないくらいまで狭まってますね。

白神山地
でも沢沿いの道もまた歩いててすごい気持ちいい感じでした
せせらぎの音や鳥のさえずりの声などに耳を澄ませつつ、マイナスイオン全開の中を引き続きどこまでも歩いていきます

白神山地
この辺りではこの写真のような大きな黒い岩もどーんとあったりして、またその岩からも小さな植物がどんどん生えてたりして、なんかすごいたくましい自然の姿って感じっすね
あまり付近では見かけないような岩だったけど、昔の火山岩かなにか?でしょうか。

さてそんなこんなで、そろそろ2山目の散策路も終わりに近づき、もうすぐでまた一方通行の合流地点にたどり着きそうです
ってことで次回は、その後もうちょっとブナ散策路を歩いて、暗門の滝歩道へと抜けていくところまで書ければなーと思います

gn47idra9z at 20:23|PermalinkComments(0) | 青森県

2017年12月08日

帰還!

#1706.
エジプトよりただ今無事帰国しました
ほんとにエジプト行くのが長年のずーっと夢だったので、それが実現できてまさに夢を見てるような究極の時間でした

もうとにかく各所で鳥肌の連続で、自分が今までほんとにエジプトにいたのかってことがなんだか信じられないような感じです
さっそくこの感動を旅日記につけていきたいところなんだけど、なんせ書くべき旅がどんどん溜まってしまってなかなか追い付かず、まだチェコすら書けてない状態、、( ̄▽ ̄;)

まあ早くエジプトまで追いつけるようどんどん書いていくのみっすね
とりあえず次回からはまた東北旅の続きを綴っていきます

gn47idra9z at 23:28|PermalinkComments(0) | エジプト

2017年12月04日

エジプトへ!!

#1705.
エジプトへ
東北旅日記はちょっとお休みして、これからついにエジプトへ旅立ちます
いろんな意味でかなりドキドキだけど、ずーっとエジプト行ってピラミッド見るのが夢だったんで、いざ夢を叶えに行きます

ってことで行ってきまーす

gn47idra9z at 13:45|PermalinkComments(0) | エジプト

日本全国制覇旅 〜青森県編 II (白神山地 I)〜

#1704.
さぁ弘前からバスで向かったのは、ズバリ!世界遺産の白神山地です
ってことで、今回からは壮大なる白神山地シリーズのスタートとなります

弘前駅前から弘南バスに乗り込み、山の中をぐんぐん進んでいくこと実に1時間以上経ったところで、、、

アクアグリーンビレッジANMON
どーん!
やっとこさ白神山地に到着しましたー
着いたのは白神山地観光の拠点となるアクアグリーンビレッジANMONというところです

ではさっそく観光案内所で入山携帯地図をゲットし、これからいざ白神山地トレッキングの始まりでっす

暗門大橋
こちらはアクアグリーンビレッジを出たすぐのところにあった暗門大橋っすね
なんだか山の中の橋って感じでいい雰囲気です

白神山地
そして橋からは緑に包まれた暗門川がきれいに見えました
さっきバスの中から見えた岩木川の支流だそうです。

さぁ橋を渡ったところで、、、

白神山地
いよいよ白神山地に突入していきます
天気も良いしほんと最高のトレッキング日和っすね(´∀`*)

白神山地
少し進むと「白神山地世界遺産地域入口」と書かれた木のポールが立ってました
ここから世界遺産のエリアに入っていくわけですね

この道のすぐとなりにはさっきの暗門川が並走して流れてたんだけど、、、

治山ダム
川の少し先の方にはダムがありました
「治山ダム」というそうです。
人工物だけどなんだか深い山々の光景とマッチして、また良い光景を作り出してました

白神山地
ところで白神山地のトレッキングルートは何コースかあるんだけど、さっきのアクアグリーンビレッジからわりとすぐ近くのところにコース入口がある、「ブナ林散策道」と「暗門の滝歩道」の2つが主流のコースのようなので、この2つを組み合わせた2時間半ほどのコースに挑戦することにします
この2コースを網羅すると白神山地といえばのブナの原生林と、白神山地一番の観光スポットである暗門の滝を両方堪能できるとのことで一番人気のコースみたいっすね

白神山地
ではでは帰りのバスの時間も念頭に置きつつ、最終目的地の滝を目指してどんどん進んでいくよー
例によって最初はなだらかな感じの道筋っすね( ̄▽ ̄)

でここからもうちょっと行ったところで、、、

白神山地
ちょっと広いところに出てきました
ここがあの2コースの入口付近となってるようです。

ってことで、この広場のさらに先の方へと進んでいくと、、、

白神山地
どーん
世界遺産であることを示す案内板がありました
と同時にこちらが「暗門の滝歩道」コースの入口ともなってました

白神山地
一方、すぐ横には「ブナ林散策道」コースの入口もあり、この2コースは初め別々の道を行くんだけど、途中で合流して最終的には滝を目指す感じになってて、行きは「ブナ林散策道」のコースをたどって合流地点から滝に至り、帰りは「暗門の滝歩道」コースをずーっとたどって帰ってくると両コースとも制覇できるようだったので、じゃあ自分もそのルートで進んでいくことにします

白神山地
てわけでいったんこちらの暗門川とはお別れして、いざ!ブナ林散策道コースに入っていきます

白神山地
ブナコースはブナ原生林の深ーい山の中に入っていくので、まずは登りっすね
こちらの階段をしばらく登っていくと、、、

白神山地
ほどなくしたところで、また分岐が現れました
どちらも一方通行になってるみたいで、ここから向かう場合は左のルートが順路となるようです

白神山地
ではここからは左に曲がり、さらに原生林の奥深くへと入っていきます
この辺りはあまり他の人は見かけませんでした

白神山地
しかしここはまさにブナの原生林を体中で感じられるような散策路で、ほんとに白神山地を巡ってるんだなぁと改めてすごい実感できるような良いコースでした
白神山地もずーっと来てみたかったので、念願かなって一歩一歩感動を踏みしめつつ歩いてました

白神山地
まだまだ登りは続くようっすね
あまりに木で覆われてるからか、晴れてるのに陽の光が全然差し込まない深ーい森って感じでした

白神山地
基本的には木々の世界なんだけど、途中こんな感じでところどころ白神山地や原生林の保護についての案内板とかもひっそりと建ってたりしました
相変わらず人ともあまり出会わなかったけど、たまに出会う人とかがいると、こういう自然の散策路ではみんな全然見知らぬ人でも「こんにちはー」と声を掛け合ったりして、なんだかそういうのもすごい気持ちいいっすよね

白神山地
白神山地は人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が世界最大級の規模で分布していることが評価されて、1993年に日本で一番最初の世界遺産として登録されたんだそう

白神山地
散策路にはところどころ、安全のために木の板が敷かれてるところもありました
そしてこの辺りではちらほら他の人も見かけられるようになってきましたね。

白神山地
もともと日本にはもっとブナの原生林があるところがあったんだけど、伐採などによってもうほぼここしか残されてないみたいです
逆にここが最後の砦として保護活動が行われたことにより、原生林が守られることになったんだそう。

白神山地
そんなブナの原生林に抱かれている内に、道は徐々に下りになってきてました
下の方にはなにやら板が一枚敷かれただけの橋もありますね

ってことでそちらの方目指して、下りていくと、、、

白神山地
近くの木には「危険」とだけ書かれた表示が貼られてましたΣ(´д`;)
いったい何が危険なのか?熊?落石?足元注意とか?

白神山地
それとも近くのこの橋が危険ってことだったんすかね
確かにちょっとボロッとしてて、あまり大勢が乗るとすぐ割れちゃいそうな感じでした。

そしてそんな板の橋からは、、、

白神山地
小川というか、小さな水の流れが見れました
まさに山から染み出す湧き水って感じですね

そんなこんなで無事に板の橋も渡り切り、地図によるとそろそろさっきの一方通行同士の分かれ道の合流地点があるようだったんで、そこを目指して引き続きブナの原生林の中を進んでいきます

てわけで白神山地はまだまだ序盤中の序盤
これから数時間に渡って、いろんなことがありいろんな景色にも出会うことになるので、白神山地編はかなりの長丁場に渡って綴っていきまっす

gn47idra9z at 12:25|PermalinkComments(0) | 青森県