2018年09月24日

奈良・兵庫旅日記 XXIII (北野異人館街 I)

#1825.
さぁ今回からは異人館編のスタートっすね
メリケンパークを出た後は、浜手バイパスや阪神高速の下をくぐって、、、

神戸市中央区栄町通
栄町通に入っていきます
この下を地下鉄海岸線が通ってるんだそう

でこの界隈に来たのは異人館に行く前に通り道がてら寄りたいところがあったためで、神戸国際調理学校の角を左に曲がり路地を抜けていったところで、、、

神戸南京町
どーん
その寄りたかった神戸南京町に到着しましたー

ってことでさっそくこちらの西安門を通って、、、

神戸南京町
いざ南京町に入っていきます
ほんとガラリと雰囲気変わって一気に中国っぽい感じになりますね
さっきまでのモザイクやメリケンパークとは打って変わって、結構多くの人で賑わってました。

神戸南京町
こちらは中心部のちょっとした広場まで来たところの写真っすね
南京町は、横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられるんだって
じゃあこれで三大中華街すべて制覇したことになりますね(・∀・)

神戸南京町
そんなこんなでチャイナタウンの雰囲気にどっぷり浸かった後は、この先に見える長安門から南京町を出ていくことにします

さて長安門を出てからは、すぐ目の前の道を左手に曲がってほどなくしたところで、、、

元町駅
どーん
と元町駅に出くわしました
横浜の中華街の付近も「元町」っていわれてるけど、チャイナタウンと何か関係のある地名なんでしょうか。

ともあれ電車には乗らずに駅は通り過ぎて、、、

神戸市中央区北野町
引き続き異人館街へ向けてどんどん高台を登っていきます
このずーっと続く坂が、この日一日歩き通しで披露した体には結構キツくて、まだ登るのかーと重たい足を一歩一歩持ち上げながら登ってった記憶があります

神戸市中央区北野町
でようやく坂もひと段落したところで、いよいよこちらの異人館通りに入っていきます
入ってすぐのところはまだ普通の住宅街のような景色だったけど、そこからほどなくしたところで、、、

北野異人館街
おっ徐々に坂とかもまた増え始め、異人館の界隈に入ってきたようです
そして引き続き異人館通りをもうちょっと進んでいったところで、、、

北野異人館街
どーん
ついに異人館街の中心部に到着しましたー
まさに観光案内のパンフレットやサイトとかで見る異人館の光景そのものっすね

北野異人館街
もうそろそろ陽も暮れようとしてたけど、それではこれから夕暮れ時の異人館街をゆったりと見て回っていきたいと思います(´∀`*)
いろんな有名な建物があるみたいっすね

北野異人館街
また綺麗に整備された庭や、道端の植物たちも洋風な感じを醸し出してて、さっきの南京町と同じ都市内とは思えない感じっすね
神戸はほんといろんな顔を持ってるんですねー

北野異人館街
ではではさっそくこちらの階段を登って、まずは神戸北野美術館を訪れることにします
一度ちょっと登ったところで振り返ってみると、、、

仏蘭西館
異人館街を象徴するような洋館長屋が拝めました
あちらは仏蘭西館になってるそう

神戸北野美術館
さてある程度階段を登っていくと、これまたおしゃれな雰囲気のところに出てきました
でこのすぐ右手にあった、、、

神戸北野美術館
どーん
とこちらの門をくぐって神戸北野美術館の中に入っていきます

神戸北野美術館
門を入るとこんな感じ
この神戸北野美術館の建物は旧アメリカ領事館官舎だったんだそう

神戸北野美術館
それではこの入口から入って美術館内をゆったり見学していくことにします(´∀`*)
もうすぐ閉館時間が近いということもあって館内の客は自分ひとりだけのようでした

神戸北野美術館
建物内には「モンマルトルの丘の画家たち」と題して、北野異人館街と友好提携をしているパリのモンマルトル地区の芸術家たちの作品が展示されてました
ひと通りぐるっと見て回り、あとモンマルトルの映像紹介が見られる部屋もあったので、誰もいないこのおしゃれな部屋で座って優雅に映像を見てたりw

そんな時間をしばし過ごしつつ、やがて閉館時間も近くなってきたところで美術館を後にしました

北野異人館街
さぁこの後も異人館街をどんどん奥の方まで回っていくよ
さらに上の方までまだ道は続いてるみたいっすね

ってことでまた頑張ってよっこらせと登っていくと、、、

神戸北野サッスーン邸
どーん
とほどなくしたところで、神戸北野サッスーン邸が現れました
ちょっとこちらも中に入ってみます!

神戸北野サッスーン邸
こちらが旧サッスーン邸の建物っすね
その名の通り、貿易商のデヴィット・サッスーンの邸宅だったところで、意外と最近の1985年までここに住んでたんだって

神戸北野サッスーン邸
現在建物内は一般公開されてなくて、この広大な庭と共に結婚式場として使用されてるらしい
おしゃれっすねー

そしてそんなサッスーン邸からさらに坂を登っていったところには、、、

イタリア館
どーん
とお次はイタリア館が現れました
こちらは旧アボイ邸で、現在は・プラトン装飾美術館になってるみたい

北野異人館街
さぁそんなこんなでさらにこんな坂を登って、引き続き異人館街ラビリンス巡りを続けていきます

ってことで、異人館後編はまた次回ー

gn47idra9z at 11:56|PermalinkComments(0)  | 兵庫県

2018年09月17日

奈良・兵庫旅日記 XXII (神戸ハーバーランド〜メリケンパーク)

#1824.
今回からはこの旅最後の地、神戸編のスタートっすね
姫路から神戸線快速に揺られること30分ちょっとのところで、、、

神戸駅
どーん
と神戸駅に到着しましたー

神戸駅
神戸は昔、修学旅行で来たことがあったんだけど、確かホテルに泊まるためだけに立ち寄った都市で、しかも関西各地で何泊もした内の1泊だけが神戸ってことだったので、ほぼ記憶ゼロに近いです(・∀・)

神戸ハーバーランド
ってことで、飛行機の時間まで神戸の街をいろいろ見て回りたいと思います
まずはハーバーランドの方へ出るべく地下を伝って行って、、、

神戸ハーバーランド
外に出てきましたー
修学旅行の時のホテルは確かポートアイランドの方だったと思うんで、この辺はたぶん来るの初めてです

でひとまずここからモザイクの方へとハーバーランド界隈を歩いていくと、、、

エルビスプレスリー像
どーん
と突然エルビスプレスリーの銅像が現れました
なにか神戸にゆかりがあるんでしょうか

そんなプレスリーに挨拶しつつ、もうちょっとこの道を真っすぐ進んでいったところで、、、

umie MOSAIC
ほどなくしてモザイクに到着しましたー
観覧車とかもありますね

umie MOSAIC
なんだかここだけ日本じゃないみたいな感じです
それにしてもに気づけば一気に曇ってきちゃいましたね
奈良にいた時はあんなに天気よかったのに

umie MOSAIC
ともあれモザイクの中に入っていきますか
手前には不思議な形の石のモニュメントが設置されてました

神戸ハーバーランドumie
一方こちらはモザイクの階段をある程度登ってきたところで、後ろを振り返って撮った一枚
この辺一帯はモザイクも含めて「umie」という一大商業施設群を形成してるらしい

さてそんなこんなでモザイクの海側の方まで出てきたところで、、、

メリケンパーク
どーん
と神戸の海とご対面でっす
良い眺めなんだけど、お天気が、、(´;ω;`)
まあ雨が降ってないだけいいとしますか

umie MOSAIC
こちらはモザイクのテラス的なところの部分っすね
で下の海の近くの方にも下りられるみたいだったので、もちろん行ってみます

umie MOSAIC
お〜結構広々とした感じなんすね
船着き場がずーっと続いてるようでした

メリケンパーク
そしてなんといってもやっぱモザイクから見た神戸を象徴するようなウォーターフロントの景色です
対岸はメリケンパークっすね!
ポートタワーとかも綺麗に見えました

umie MOSAIC
どーん
とモザイク側も撮っておきつつ、ではこれから対岸のメリケンパークの方にも行ってみることにします

メリケンパーク
しばらくはモザイクサイドを海沿いに歩いていったんだけど、平日だったからかモザイク内は結構閑散としてました
空も今にも降り出しそうな感じだったしね

神戸市中央区弁天町
やがてモザイクの北端まで来たところで、こちらの橋を通っていったん陸地側の方へ渡ります
その後は海を囲うように今度は東へと海沿いを歩いていき、、、

かもめりあ中突堤中央ターミナル
遥か対岸にあるように見えたメリケンパークも徐々に近くなってきました
左手にある大きな建物は、「かもめりあ」という中突堤中央ターミナルになってるそう

そして一方右手側には、、、

神戸ベイクルーズ
そのターミナルの船着き場が広がってました
神戸ベイクルーズとかが出航してるみたいです

さぁそうこうしている内に、やっとこさ、、、

メリケンパーク
どーん
メリケンパークに到着しましたー

メリケンパーク
こちら側も南にずーっと船着き場が続いてますね
そしてここから対岸を見てみると、、、

umie MOSAIC
さっきまでいたモザイクが遥か向こうの方に見えました
そこまで遠い距離歩いたわけではないんだけど、やっぱ海を隔てると景色もまた変わってきますね

でメリケンパークのシンボルといえば、、、

神戸ポートタワー
どーん!
とこちらの神戸ポートタワーっすね
真下から見上げるとまたすごい迫力です

メリケンパーク
そしてメリケンパークもう1個の印象的なこちらの建物は神戸海洋博物館ですね
ちなみに「メリケン」とは明治時代にこの地にできたメリケン波止場から来ていて、当時波止場のすぐ近くに米国領事館があったことから「アメリカン」の原音発音から「メリケン」と呼ばれたんだそう。

メリケンパーク
そんなメリケンパークもまるっと見て回った後は、今度は神戸のもうひとつの顔、異人館へと向かうことにします
ホテルオークラのすぐ横を通り抜けて、、、

メリケンパーク
浜手バイパスの下を通る交差点までやってきました
この後は中華街を抜けつつ、異人館方面へと徐々に高台を登っていきます

ってことで次回からは異人館編ですー

gn47idra9z at 13:09|PermalinkComments(0)  | 兵庫県

2018年09月15日

奈良・兵庫旅日記 XXI (姫路城 II)

#1823.
姫路城後半戦でっす
水二門から水三門に至るところからでしたね

で天守への最後の門、水三門もくぐり抜けたところで、、、

姫路城
どーん
とついに天守閣の真下までたどり着きましたー
大手門の時点では遥か彼方にあるように見えた天守閣だったけど、やっとここまで来たんですね

姫路城
ってことで、いざここから天守閣内部へと突入していきます
姫路城の天守閣は大天守と小天守の二つに分かれてるんだけど、まずは小天守から見ていくようです

姫路城
内部には大規模なジオラマや様々な展示が施されてました
土足厳禁だったので、袋をもらって靴を入れて自分で持ち歩きます

姫路城
さぁ展示を見つつどんどん奥の方へ
なんだかどこが境目か分からなかったけど、小天守から大天守へと自然に移動していくような順路になってました

姫路城
上の階に行くごとに階段もどんどん険しくなっていき、6階もの高さを徐々に登っていきます
そしていよいよ大天守最上階まで上がってきたところで、、、

姫路城
神社を発見しました
長壁(刑部)神社(おさかべじんじゃ)というそうで、もともと姫路城がある姫山にあった神社だったんだそう

でここから外の景色を見てみると、、、

姫路城
どーん
と姫路の街を一望できました
天守閣自体が高い位置に建てられてるから最上階からの眺めも格別っすね

姫路城
こちらは屋根のしゃちほこと撮った一枚
漆喰の塗られた瓦屋根もまたほんとに綺麗です

姫路城
ひと通り360度ぐるっと景色を見て回って、最後にこれまで歩いてきた姫路駅方面を撮って、展望階を後にしました
その後はまた急な階段をゆっくりと下りていき、、、

姫路城
天守閣の外に出てきましたー
姫路城はほぼすべて一方通行になってて、ここから出口まで行く道もまた来た時とは違ったルートをたどるみたい

姫路城
ひとまずは天守閣からこの下の本丸のところに出ていきます
姫路城の本丸は備前丸ともいうそうだけど、この備前丸からは、、、

姫路城
どーん
と天守閣のベストショットが撮れるんです
みんなこぞって撮影大会が繰り広げられてました

姫路城
自分も例にもれず本丸でたくさん写真を撮った後は、満足してまた先へと歩を進めていきます
こちらの備前門から本丸を出ていくと、、、

姫路城
門をくぐってすぐのところには井戸が設置されてました
姫路城で井戸といえばあのいわくつきの井戸が有名だけど、その井戸はこのもうちょっと行った先に現れるらしい

姫路城
そして改めて備前門を振り返ってパシャリ
備前丸への主要な出入口であった城門だけど、築城の際、石不足であったことから、門のすぐ脇には石棺が転用されたんだそう。
上の写真の門すぐ右隣りにあるひときわ大きな縦長の石ですかね

姫路城
さて備前門を出てからは二の丸の方へとこんな回廊を進んでいきます
なんだか石垣もよく見ると大小さまざまな石が見事に敷き詰められてますね

姫路城
でこの回廊の突き当りには、太鼓櫓がありました
またこちらも屋根が美しいっすね

そしてこの櫓のところにあった「りの門」をくぐり抜けたところで、二の丸に入り、その二の丸にあったのが、、、

姫路城
どーん
こちらの「お菊井戸」です
やっぱ人だかりができてますねー

姫路城
「お皿がいちま〜い、にま〜い…」のお菊さんの怪談で有名なお菊井戸
実話なんでしょうか(´・ω・`)

姫路城
またこの辺りには修復工事が行われてる箇所があって、その様子の一部がガラス越しに公開されてました
なにかの建物の屋根の部分でしょうか

姫路城
そして二の丸からも綺麗に天守閣を拝むことができました
ほんとどこから見ても神々しいお城っすねー

姫路城
二の丸にはお菊井戸の他にも展示があって、こちらには歴代のシャチホコが展示されてました
左から明治、昭和、平成のものだそうです

さて二の丸も見終わったところで、また道なりに出口の方へと進んでいき、、、

姫路城
どーん
とこちらの菱の門を出て姫路城を後にします

ずーっと来たかった姫路城、念願かなって今回訪れることができて大興奮の城巡りでした
でこの後は姫路駅へと向かう途中がてら少し遅めの昼飯で、、、

丸十
こちらの丸十に入りましたー
姫路で人気のラーメン屋で、二郎系なんだそう

丸十
おぉ〜野菜が小山を成してていい感じっすね
モリモリ食べて、あとは飛行機の時間ギリギリまで兵庫観光に費やそうと思います

ってことでお次に訪れたのは神戸です!
姫路駅から神戸線で一路神戸を目指しますー

gn47idra9z at 14:27|PermalinkComments(0)  | 兵庫県

2018年09月12日

奈良・兵庫旅日記 XX (姫路城 I)

#1822.
奈良・兵庫旅日記も終盤戦
今回からは兵庫県編です

法隆寺駅から大阪駅へと出てきて、大阪から今度は神戸線の快速で1時間ほど電車に揺られたところで、、、

姫路駅
どーん
ついに姫路駅まで到着しましたー
すぐ着くかなーって思ってたけど意外とかかるんですね。

姫路駅
ともあれ外に出て改めて姫路の駅舎をパシャリ
わりと新しい感じのする建物だけど、2013年に新駅ビルとかがオープンしたんだって

姫路駅前
そしてこちらが駅前広場の様子です
この駅前広場もつい最近整備され直されたばかりなんだそう

姫路駅前
さてではそんな綺麗な姫路駅前からこのまっすぐ北に延びる大通りを通っていざ姫路城へと向かっていきます
すでに道の先にはうっすらとお城の天守閣が見えてますね!

姫路市綿町
この大通りもまた歩道も広くて綺麗ですごい整備されてる感がありました
さすが世界中から観光客が集まる世界遺産の街っすね

でこの通りを歩くこと10分ほど経ったところで、、、

姫路城前交差点
道は姫路城前交差点のT字路に突き当たり、ついにこの先が姫路城の敷地内になるようです
ってことでさっそく横断歩道を渡って、、、

姫路城
お城の内堀をパシャリ
で目の前に見えてる桜門橋を渡って城内へと入っていきます

姫路城
どーん
と橋のたもとには国宝であることを示す石碑が建ってました

姫路城
ではではいざこの桜門橋を渡っていきまっす
でこの橋からは、、、

姫路城
姫路城の天守閣も臨むことができました
でもそれにしても遥か彼方にあるように見えますね。
どんだけ広い城なんでしょうか

姫路城
さて無事桜門橋を渡り終わると目の前には大手門が建ち誇ってました
そしてこの門をくぐった付近には、、、

姫路城
どーん
と今度は世界遺産の石碑が建ってました
なにげにこれが人生初姫路城だったので期待が高まりますね

姫路城
この大手門をくぐった辺りは広ーい三の丸広場のところだったんだけど、広場の向こう側にはまた天守閣も拝むことができました
これからあそこを目指して城内をぐるぐると巡っていきます

姫路城
まずは三の丸広場を囲うようにずーっと道なりに進んでいくと、やがてチケット売り場と入城口が見えてきました
ここで入城料を払って、いよいよ城郭の中に突入していくわけっすね

姫路城
ってことで、ここからまた天守閣までの長ーい道のりが始まります
このさっそく現れた、入口からしてすでに立派過ぎる「菱の門」を通り抜けると、、、

姫路城
どーん
と美しい天守閣が目に飛び込んできました
ほんとに綺麗ですねー

姫路城
さぁこの後は門や城壁の連続です
まずこちらは「いの門」っすね

姫路城
そしていの門をくぐってわりとまたすぐ現れたこちらは「ろの門」です
敵が攻めてきてもどこかでシャットアウトできるようにたくさん門が設けられてたんですね

姫路城
まさに白亜の要塞っすねー
でこの道の先に見えてる「はの門」も通り抜けると、、、

姫路城
あんなに遠くにあった天守閣も徐々に近くなってきてるように思います
ここからまた階段をずんずん登っていき、、、

姫路城
はい!いろは〜ときたらお次はもちろん「にの門」っすね
もうこの時点で結構高いところまで登ってきてるようです

そしてにの門をくぐったところで、、、

姫路城
どーん
もう天守閣はほぼ目の前っすね
ラストスパートです

姫路城
さぁこちらはにの門の直後に現れた「油壁」です
秀吉時代のものとされ、城内で唯一残る築地塀なんだって

姫路城
さっきの築地塀横の門が「水一門」でそのすぐ後に現れたこちらが「水二門」っすね
ここへ来て「いろは〜」じゃなくなったみたい

姫路城
ほんと数多くの門をくぐりつつここまで登ってきたけど、ついにこの先が天守閣への入口となるようです
やっとここまで来たんですねー

ってことで、天守閣やその後の見どころを巡る姫路城後編はまた次回〜

gn47idra9z at 23:27|PermalinkComments(0)  | 兵庫県

2018年09月09日

奈良・兵庫旅日記 XIX (法起寺)

#1821.
さぁ法隆寺の後は法起寺っすね
法起寺も「法隆寺地域の仏教建造物」の構成資産のひとつとして、1993年に日本最初の世界遺産として登録されてます

斑鳩町法隆寺
法隆寺から法起寺まではちょっと離れてるんだけど、でも歩いても行けそうだったので斑鳩散策がてらてくてく歩いていくことにしました
まずは法隆寺東院伽藍の南側の小道をずーっと抜けていき、、、

斑鳩町法隆寺東
どーん
と見晴らしのいい街道に出てきましたー
こちらは県道9号線で、ここをまっすぐ行けばやがて法起寺にたどり着くみたい

中宮寺跡史跡公園
ってことでここからは県道9号線を北上してったんだけど、この道に入ってわりとすぐのところでなにやら遺跡のようなものが目に飛び込んできました
中宮寺跡史跡公園になってるんだそう
この時はトラックが来てて工事だか発掘作業だかが行われてました

斑鳩町法隆寺北
そして県道はどこまでも果てしなく続いてるようです
こういう道を延々と歩いてるとなんだかものすごい長い距離を歩いたような感覚になってくるよね

斑鳩町法隆寺東
周りも360度田畑な感じで、遥か向こうの方には山々の稜線も確認できます
ほんとに広大な景色っすね

新池
そんな景色に囲まれつつさらに歩いていくと、やがて右手にはちょっとした大きさの池が現れました
こちらもため池のひとつっすね。
「新池」とだけ名が付いてました

そして池の向こう側にも仏閣的な建物が顔を覗かせてるけど、新池を越えてほどなくしたところで、、、

法起寺
どーん
とついに法起寺にたどり着きましたー
こちらは入口の西門っすね

ってことでさっそく境内へと足を踏み入れると、、、

法起寺
お寺の中はガラリと雰囲気が変わってすごい落ち着いた庭園のような景色が広がってました(´∀`*)
ひとまず中心部の方へと進んでいきます

法起寺
法起寺はそこまで大きなお寺ではなく、ちょうど中央付近には池が配置されてました
手前の木の下の石で囲まれたところにはすごい数の松ぼっくりが敷き詰められてて、こちらもすごい印象的な光景でした

法起寺
さぁでは建物たちがあるさらに奥の方へと進んでいきますか
ほんと静かでほっこりするような空間っすね

法起寺
さてまずこちらは「講堂」です
法起寺の本堂にあたり、現在の建物は17世紀に再建されたものだそう

法起寺
そしてこちらは講堂の隣りにあった収蔵庫っすね
中にはかつてさっきの講堂の本尊だった十一面観音立像が収められてるそうです

法起寺
一方こちらは「聖天堂」です
もともと金堂があった場所に江戸末期に建てられたものだそう

そしてこの聖天堂の真向かいにそびえてたのが、、、

法起寺
どーん
と国宝にも指定されてるこちらの「三重塔」っすね
なんと建立は706年頃といわれ、現存する日本最古の三重塔なんだそう

法起寺
建物はほぼこれで以上な感じなんだけど、境内南東の方にはちょっと遺跡的な空間があって、その先の方には南大門がぽつんと建ってました

法起寺
そしてこちらは三重塔の辺りから見た池の様子です
法起寺もまだ全然観光客も少なくて、ゆっくり見て回ることができました

法起寺
こちらもまた三重塔近くの遺跡チックな石の土台があったところだったけど、これは鐘楼跡なんだそう
さてそんなこんなで遺跡エリアも見て回れたところで、、、

法起寺
境内南側に広がるプチ森林的なエリアを通り抜けて入口の方へと戻っていくことにします
木漏れ日が気持ちいい感じっすね

法起寺
ちょっと進むと道の真ん中には一本の木の切り株というか半端なところで切られた木が立ってました
この辺りがこの庭園の小高い山の頂上付近で、ここからちょっと下って、この森林エリア入ってからものの数秒で反対側に出てきましたー

法起寺
こちらは下りてきた池のほとりにあった、三重塔の旧心礎だそう
心礎とは礎石の中でも木造塔の中心柱を受けるもので、かつてはこの上に三重塔がどーんと建ってたんですね

ってことでこれにて境内もぐるっと回ってきたことになり、、、

法起寺
どーん
と最後に三重塔と聖天堂のツーショットを撮って法起寺を後にしました。

でこの後は、一路兵庫の方へと向かうべく、大移動の始まりですー

斑鳩町興留
ひとまずは法隆寺駅の方へと戻らなきゃですね
元来た県道をずーっと戻っていき、法隆寺付近も通り過ぎて途中国道を経由しつつ、駅前へと向かう道に入り、、、

新池
その途上でまたまたため池に出会いました
すごいいっぱいあるんですねー
ちなみにこの池も「新池」と名付けられてました

そんなこんなで法起寺を出発してから30分ほど歩いたところで、、、

法隆寺駅
どーん!
とやっとこさ法隆寺駅まで戻ってきましたー

でここからすぐさま関西本線で快速に揺られること40分くらいのところで、、、

大阪駅
はやくも大阪に到着です
そしてここから神戸線に乗り換えていざ姫路を目指します!

ってことで次回からは兵庫県編に入りますー

gn47idra9z at 16:14|PermalinkComments(0) 奈良県 | 大阪府