1.始めに
 ケンコーコムが2006年に話題となり、販売点数も急増した健康食品の番付として、発表してくれました。

 2.2006年番付

 東)

  横綱:ファセオラミン

  大関:チアシード

  関脇:きび酢

  小結:黒ウーロン茶ヘルシア

  前頭筆頭:堅パン

 西)

  横綱:杜仲茶

  大関:MBP乳塩基性タンパク質

  関脇:じゃばら紅富貴

  小結:ラブレ菌

  前頭筆頭:豆乳クッキー















 3.番付の解説
 この番付は04年から毎年恒例として発表しているもので、同社サイトの出荷数の上位に躍り出た食品(成分)を中心に選んでいる。東の横綱にダイエット効果があるとして話題となった「ファセオラミン(白いんげん豆の成分)」、西の横綱にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策に有効と紹介された「杜仲茶」が選ばれた。ともにテレビの健康情報番組をきっかけに注目されており、テレビの影響力は相変わらず強い。 東大関:チアシードは、サルビアの一種の果実種で、水分といっしょに取ると膨らんで満腹感を得られる。西大関:MBP(乳塩基性タンパク質)は、牛乳や母乳中にごく微量に含まれる成分で、女性タレントの出産・育児体験談がきっかけとなって現在も高い人気を博しているそうだ。

 4.最後に
 健康は基本的には、きちんと3度3度の食事(和食中心が良いみたい)と、過不足ない運動をやっていれば良いように思う。でも、私の場合には、タバコは吸わないが、焼酎を晩酌するので、肝臓が気になり、ウコンを飲み続けている。また、PCによる目の疲れを除くためにブルーベリーを毎朝欠かさない。人それぞれ、体の弱みが少しはあるものだ。それをサプリで補うの良かろうと思う。杜仲茶は良いかもしれないな!

<参考資料>
1)TVでPR効果「ファセオラミン」「杜仲茶」 売れ筋健康食品番付 (FujiSankei)H18.12.11