おはようございます。
山名でございます。

先日もこのブログに書かせていただきましたが、
今年の6月から8月の間限定でブータン渡航に関する公定料金が撤廃される

「日本・ブータン外交樹立30周年・親善オファー」

に関して再度現時点での最新の情報を下記にまとめさせていただきます。

巷では、
「ブータン旅行が自由化する」
とか、
「公定料金の縛りが無いのでもの凄く安くブータン旅行が出来る」
という情報が出ております。

全てが間違いではないのですが、誤って理解されている箇所もありますので、
改めて皆様にきちんとご案内させていただきますね。

【ブータン旅行に関する原則】

ご存知のようにブータンへ渡航するにはブータン政府が定めた公定料金をお支払いいただく必要がございます。
今回の特別オファーの対象となっている6・7・8月に関しては、
■3名様以上で同一行程でご旅行の場合 : お一人様一泊あたり$200-
(お一人様でのご旅行の場合は一泊あたり$40追加、お二人様の場合だと一泊あたりお一人$30追加)

これが政府が定めている公定料金となります。
この額の中に含まれているのは、、、

1)お一人様一泊あたり$65のロイヤリティ(内国税)とそれに伴う税金
2)宿泊代とそれに伴う税金
3)3食の食事代とそれに伴う税金
4)ライセンスを持った観光ガイド代
5)専用車、ドライバー代
6)各地の入場料(必要な場所)。博物館関係はほぼ全ての場所で必要です。

となり、他に必要な費用は、

●ブータン査証代 $40-
●ブータンまでの航空券代(日本から経由地までと経由地からブータンまでの2区間。現在ブータンへの直行便は飛んでいません)
●お土産、飲み物、チップ等の現地で必要とされる個人的費用
●各旅行会社の取扱手数料

というご案内となっております。

【2016年6~8月限定 日本・ブータン親善オファー】

上記原則を踏まえた上で、下記今回の「日本・ブータン外交樹立30周年・親善オファー」の内容をご確認いただければより理解しやすいのではないかと思います。

【摘要条件】
①日本国籍を持つ方が対象
②2016年6月1日以降にブータン入国、8月31日までにブータンから出国する旅程が対象

上記二点が大前提となり、

③ブータン政府に認可されたライセンスを持つ現地会社を通じて旅行する
④正式なライセンスを持つガイドが同行する
⑤運転手つきの専用車を手配する

というのが必要となります。

その条件下であれば、前述の$200-(お一人様一泊あたり)の公定料金を支払う必要は無い

というのがこのオファーの内容となります。

それではさらに細かく内容を見ていきたいと思います。

■3名様以上で同一行程でご旅行の場合 : お一人様一泊あたり$200-
(お一人様でのご旅行の場合は一泊あたり$40追加、お二人様の場合だと一泊あたりお一人$30追加)

→この条件は無くなります。最終的に一名様、二名様の場合の追加料金も「不要」ということで落ち着きました。

■お一人様一泊あたり$65のロイヤリティ(内国税)とそれに伴う税金

→変わらず必要です。

■宿泊代とそれに伴う税金

→”3★以上のホテルに宿泊する事”という前提ので、日本国籍の宿泊者には。。
  「ホテルによっては最大50%の割引きをする」
  ということになっております。
  ただ、「ホテルによっては」という条件付きなので当然ですが、「しない」とか「知らない」って言うホテルもありますし、
  もちろん50%の割引(外に出してる宿泊代からです)を明言しているホテルもあります。
  また、これはブータン政府観光局の日本語ホームページの方にも注意点が書いてますように、
  ”対象ホテル、割引率に関しては、今後変更になる可能性がございます。また、リストに掲載されている割引率も、ご旅行の人数・条件によっては適用除外のケースもございますので、必ずご利用の旅行会社にご確認頂くよう、お願いいたします。”
 
  上記から「正確なホテル代はちゃんと逐一確認しないとわからない」という状況となっております。

■3食の食事代とそれに伴う税金

→もちろん必要です。

■ライセンスを持った観光ガイド代

→必要です。

■専用車、ドライバー代

→こちらも当然人・車が動くので必要となります。また、ガソリン代もかかってきます。

■各地の入場料(必要な場所)。博物館関係はほぼ全ての場所で必要です。

→必要です。

■ブータン査証代 $40-

→必要です。

■各経由地からブータンまでの航空券代

→こちらは「航空運賃の50%を割引」ということになっています。

  本日現在の最新の情報では下記が航空会社から発表されています。
  ※ブータンへはドゥック航空(KB)とブータンエアラインズ(B3)の二つの航空会社が就航しています。

  【KB】
   ”6月1日以降ブータン入国、8月31日までにブータン出国の旅程で、往復エコノミークラス利用時に限り、日本国籍の方には航空券代の50%を割引する”
   対象となる月以外との月またぎは不可。ビジネスクラス利用の場合(片道でも)の場合もこの割引は適用外となります。

   ただ特例として”もしエコノミークラスが満席でどうしても席が確保できず、仕方なく片道ビジネスクラスになる場合、片道のビジネスクラスは割引対象外だが、片道分のエコノミークラスは50%割り引きを適用する”

   と、2月2日付で確認が取れました。
   
   まとめますと、往復ビジネスの場合は一切割引は適用外。
   往復エコノミークラスの場合は割引を適用。
   エコノミークラスに空席があるのに、希望して片道ビジネスクラスを取った場合は往復とも適用外。
   エコノミークラスが満席で仕方なくビジネスクラスを確保した場合は、片道のビジネス分は全額。
   片道のエコノミー分は割引を適用する。

   となっております。

  【B3】
   2月2日付で正式リリースがありました。KBとほぼ同じ条件となりますが、
   ”6月1日以降ブータン入国、8月31日までにブータン出国の旅程で、往復エコノミークラス利用時に限り、日本国籍の方には通常運賃(いわゆるノーマル航空券)航空券代の50%を割引する”
   対象となる月以外との月またぎは不可。プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス利用の場合(片道でも)の場合もこの割引は適用外となります。


  ちなみにKBは発地の現地通貨建てでの運賃、B3は米ドル建てでの運賃で発表しております。両航空会社の割引適用後の料金を比較したところ、若干KB(ドゥック航空)の方がお安くご案内が出来そうです。

■お土産、飲み物、チップ等の現地で必要とされる個人的費用

→必要です。

■各旅行会社の取扱手数料

→もちろんこちらも必要となります。



長くなりましたが上記が今回の「日本・ブータン親善オファー」の本日現在までに確定している内容となります。

現在ブータンも年々物価が上昇しており、実際問題この特別オファーを踏まえたとしても劇的に旅費が安くなる!ということはないのですが、
間違いなく下記の分は他の時期に比べて割引になります。

■経由地からブータンへの航空券代 (往復エコノミークラスで席が確保できた場合)
■1名様、2名様でのご旅行の場合の追加料金分($40/日、$30/日の追加分)

ですので、この3ヶ月間に関しては(特に個人や少人数でご旅行される方)やっぱり他の時期よりはお安くご旅行していただく事が可能になるかと思います。

もちろん弊社でも現在現地事務所と最終の詰めをしており、
この時期にご旅行いただくお客様には少しでもリーズナブルに、
かつ質を落とすことなくいつもと変わらず最高のブータン旅行をしていただく事が出来るよう、
出来る限りのご案内をさせていただくべく最終的な調整をしております。

正式な発表まではもう少々お時間を頂戴しますが、
正式に弊社の方針が決まりましたら当ブログや弊社ホームページ上で皆様にご案内させていただきますのでご期待くださいませ。

ブータン旅行はGNHトラベル&サービスで!!
皆さまのお問い合わせをお待ちしております。

GNHトラベル&サービス代表
山名 訓