2016年05月10日

スポンサードリンク

世の中にはインターネットをはじめとして、たくさんの情報があふれていますよね。

美しくなりたいと常に思っている女性は、美しさを磨き、キープするための情報を集めて、自分にできることから実践していこうと日々努力をしています。

しかし世の中にあふれている情報の中には、必ずしもその方法が正しくはなかったり、単なる話題作りや宣伝のために大げさに伝えられているといったような情報も数多くあるようです。

せっかく自分の美しさのために時間やお金を費やすのであれば、きちんとした正しい情報に基づいて使っていきたいものですね。



さて、ムダ毛の処理にかみそりを使うと皮膚がヒリヒリと痛んでしまう女性も多いかと思いますが、ムダ毛の脱毛処理にかみそりを使用することは良くないのでしょうか?

確かに、かみそりの刃で皮膚表面をなでることでお肌の表面が削れてしまうこともありますので、かみそりの誤った使い方をしてしまいますとお肌を傷めることになってしまいます。

しかし、かみそりでのムダ毛の処理については、誰でも手軽に時間も短い時間でできますので、とても経済的ですよね。

たっぷりシェービングフォームなどの泡を使って、お肌の表面の滑りを良くして、そっとやさしくなでるように剃ると、肌への負担は大分抑えられます。

また脱毛処理後には必ず保湿を行なってくださいね。



ムダ毛を処理する方法にはかみそりの他にも、毛抜き、脱毛クリーム、脱色、またレーザー脱毛などがあるのですが、それぞれの処理方法にメリット、そしてデメリットがありますので、脱毛したい部位などによってそれぞれを使い分けても良いと思います。

腕や脚などの部分についてはかみそりで剃る人が半数を占めていて、その次に脱毛クリームを使うという女性が多いようです。

脱毛クリームでのムダ毛処理は処理後の肌がつるつるになっていて、かみそりに比べると処理したお肌への負担は軽いのですが、経済的な面を考えるとやはり面積の広い部分には、脱毛クリームよりもお手軽なかみそりを使う人が多くなるのでしょうね。



わきの下の部分については、かみそり派、毛抜き派、レーザー脱毛派にそれぞれ分かれているようです。

わきの下の皮膚については薄くて弱いですので、かみそりではちょっと負担が大きいですよね。

肌への負担を考えると脱毛クリームの方がおすすめなのですが、脱毛の効果があまり長持ちしない(すぐ生えてきてしまう)ため、費用はかかるのですが、レーザー脱毛が一番良いかもしれませんね。


脱毛グッズ│ 

2016年05月09日


特に春から夏にかけては、肌の露出度がアップしてくる季節ですよね。

・・・と同時に、女性は特にムダ毛の悩みが出てくるという季節でもあります。



たとえばモデルなんかのつるつるした腕や脚って、とてもうらやましくなってしまいますよね。

モデルさんや女優さんといったことを職業にしている方は、永久脱毛などををしていらっしゃる方がほとんどなのかもしれないのですが、そうでない一般的な女性が自分の家でムダ毛の処理をする時には、みなさんいったいどんな方法で行なっているのでしょうか?

あるファッション雑誌のアンケート調査では、一番多かったのが「かみそり」で処理している方がおよそ6割強、そして「毛抜き」「電気シェーバー」「脱毛クリーム」といった順番で続いて、極少数派の女性が「自宅では処理していない」と答えているそうです。



そもそもムダ毛と言ってはいるものの、本来は人のからだに必要であるから生えてくるものですよね。

その毛を取り去ってしまおうというのですから、当然剃ったり抜いたりすることはお肌には負担がかかってくることになります。

ムダ毛の処理方法のなかで一番危険なのが、毛抜きでムダ毛を抜く方法ですね。

毛抜きで毛を引っ張って抜くことで、毛根の奥の方に傷がついてしまうんです。



それよりも、かみそりなどで剃った方が肌への負担という面では、かなり少なくなりますが、やはりどうしても皮膚の表面を削ってしまいますので肌への刺激にはなってしまいます。

かみそりでムダ毛を剃る場合には、毛の流れに逆らって剃る「逆剃り」をしてしまうと肌への負担が大変大きくなりますので、必ず毛の流れに沿って剃るように心がけてください。



毛抜きやかみそりと比べて意外と肌への刺激がすくないのが、脱毛クリームを使った方法です。

脱毛クリームは、アルカリ性のクリームになっていて毛を溶かして処理するという仕組みになっていて、ムダ毛の毛根やお肌の表面を傷つけないんですね。

でも、いくら脱毛クリームがお肌への負担が少ないとはいえ、乾燥肌の人や肌がかぶれやすいといった人は十分に注意が必要になります。

必ずパッチテストを行ってから脱毛クリームを使用するようにしてください。


脱毛グッズ│ 

2016年05月08日


ムダ毛を処理するさいに比較的に自分のお肌は丈夫であると自覚している女性なら、腕や脚などといった比較的広範囲のムダ毛の処理には脱毛クリームや脱色剤などを使用するのもよいかと思います。

脱毛クリームというのはお肌の表面から出ている部分の毛をアルカリ性の薬品で溶かしてしまうというムダ毛処理方法です。

脱毛クリームには、クリームタイプのものやムースタイプのものなどが発売されています。

どちらのものでもその脱毛効果は同じですので、脱毛する部位によって自分が使いやすい方を選んでみると良いと思います。



自分はあまりムダ毛が多くないといった方なら脱色剤、また比較的濃い毛を処理したいと思っている女性は脱毛クリームを使用するのがよいと思います。

いずれにせよ、化学薬品ですのでお肌への負担が少しでも軽くなるように、その製品に書かれている使用方法や注意事項は必ず読んで守るようにしましょうね。



たとえば生理前や寝不足気味などの時には、お肌の抵抗力が落ちている状態になっていますので、そのような時の脱毛処理は避けて、体調のよいときにムダ毛の処理は行なうようにしてください。

また脱毛剤や脱色剤といったものは強いアルカリ性の薬剤が使われていますので、必ず使用前にパッチテストをして、自分のお肌がその薬剤に耐えられるかどうかをチェックしてから使うようにしましょう。

パッチテストとは、脱毛処理を行なう前に、二の腕の内側などといった比較的やわらかい部分に、これから使う少量の薬液をつけて15分ほど置いて、お肌に赤みやかゆみなどのトラブルがでないかどうかを確認することです。

それでも、アトピーなどといったアレルギー体質の方は薬品による脱毛処理は行わない方が無難だと思います。

また脱毛や脱色の処理が終わったら、しっかりとその薬剤を洗い流して薬剤が肌に残らないように気をつけましょう。

そしてその際に使う石けんや、脱毛後に使うローションなどについても低刺激のものにしたほうがお肌への負担を軽減できますよ。







脱毛グッズ│ 
楽天で探す
楽天市場
スポンサードリンク
タグクラウド
track feed ムダ毛処理
  • SEOブログパーツ
ブログランキング参加中

ブログランキング
にほんブログ村 美容ブログ 脱毛・ムダ毛処理へ
月別アーカイブ