2006年03月24日

第2回きもの不当販売110番

 呉服過量販売対策会議に所属する弁護士、司法書士らによる第2回きもの不当販売110番が開催されます。

日  時:平成18年4月1日(土)
     午前10時から午後4時まで
電話番号:06−6364−6731

※仮設電話なので、時間外に電話しても誰も出ません。
※対策会議が直接関与できるのは、今のところ原則として近畿地区の事件に限られます。  

Posted by go2555jp at 23:47Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月21日

あぜくら破産の続き

〜 破産手続き中の「愛染蔵」社長、ホテルから投身自殺
 20日午前4時30分ごろ、京都府舞鶴市円満寺のホテル近くの路上で、男性が頭から血を流して倒れているのをホテルの従業員が見つけた。男性は全身を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。

 舞鶴署によると、男性は、大阪地裁に破産手続きを申し立てている呉服販売「愛染蔵(あぜくら)」(大阪市)社長の植田健仁さん(63)とみられる。遺書めいたメモが残されており、ホテル8階の非常口から飛び降り自殺を図ったらしい。

 同社を巡っては、展示会の来場者を商品購入まで帰さない「展示会商法」が問題化。購入者が損害賠償請求訴訟を起こすなどしていた。同社は今月16日に、破産手続き開始を申し立てており、グループ会社7社を含めた負債総額は約148億円にのぼる。(2006年3月20日13時53分 読売新聞) 〜


 今回の破産申立は、計画倒産ではないかとの観測も一部で聞かれたが、どうやらそうではないらしい。相当せっぱ詰まっていたのだろう。しかし、命を捨てるというのは、正しい解決法ではあり得ない。ご冥福をお祈りする。  
Posted by go2555jp at 23:38Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月19日

帰郷の辞

 故郷に帰る日が近づいてきた。
18歳の時、大学進学のために離れてからだから、15年ぶりとなる(もちろん毎年帰省はしてきたが)。

 故郷を永く離れていたからこそ、自分のアイデンティティーの中心に、故郷の存在が強く意識されてきたし、子供にもそれを享有させたいという思いも募ってきた。

 仕事上の意識としても、徐々に法律専門職能の過疎化が進行しつつある地域だから、資格者の手を求めている人々が多数埋もれていて、将来に向けて、ますますその傾向は強まるのではないか、自分にどれほどのことができるか分からないが、故郷に貢献したいという思いがある。同時に、大都会で多数の中に埋没するよりも、資格者としての存在意義が高いのではないか、という思いもある。

 いわば自分のワガママで、特に家族には多大な迷惑を掛けることになる。これに報いるには、必死でがんばるしかないと思っている。  
Posted by go2555jp at 23:56Comments(6)TrackBack(0)

2006年03月18日

呉服過量販売対策会議結成総会

 呉服過量販売対策会議の結成総会に参加してきた。

 100席あまりの会場が満席の盛況だった。折りしも、先のあぜくらの自己破産申立てのニュースで、きものの不当販売に俄然注目が集まっているようで、テレビや新聞の取材も多数来ていた。

 内容は、基調報告から始まり、販売店の元社員や被害者の体験談や、きものについての予備知識の紹介、そして法的戦い方の報告など盛り沢山で、たいへん有意義な会であった。

 もうすぐ帰る故郷、薩摩川内では、このような悪徳商法の被害事例がどの程度あるのか分からないが、少なくとも昔からSF商法(地元ではハイハイ学校と呼ばれている)が跋扈しているのは間違いないので、僅かではあるが私の経験や知識が被害救済の役に立てればと思う。  
Posted by go2555jp at 23:55Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月17日

あぜくら破産

帝国データバンクの倒産情報


2006/03/16(木)
呉服小売り
株式会社愛染蔵
自己破産を申請
負債75億円

(株)愛染蔵(資本金9000万円、大阪府大阪市中央区難波2-3-9、登記面=大阪府岸和田市宮本町2-29、代表植田健仁氏、従業員550人)は、3月16日に大阪地裁へ自己破産を申請した。

 申請代理人は軸丸欣哉弁護士(大阪府大阪市中央区北浜3-6-13、電話06-6202-3355)。

 当社は、1973年(昭和48年)7月に(株)愛染蔵ことぶき屋(1946年創業、同所)の販売部門を分離して設立された。呉服(和装小物を含む)90%〜95%、毛皮・宝飾品・絵画その他5%〜10%の比率で扱い、本店および和歌山店での大型展示会をはじめとした催事販売や、展示会販売のスタイルで営業を展開していた。

 オリジナルブランド呉服「花舞」「夢花」等を中心とした品揃えで、2002年5月期の年売上高は約197億円を計上。積極的な広告宣伝で関西地区では高い知名度を有し、業界トップクラスの呉服小売業者に成長していた。

 しかし、この間の2001年4月には「公道を車庫代わりに利用した」として車庫法違反容疑で大阪府警の家宅捜索を受けていたうえ、高級呉服需要の低迷や同業者との競合激化から、2005年同期の年売上高は約175億円にまで減少していた。

 こうしたなか、2005年11月には「強引な商法で被害を受けた」として、消費者が売買代金の返還を求めて大阪地裁に提訴。この件がマスコミで報じられるなどして信用が大きく失墜、先行きの見通しも立たず、今回の措置となった。

 負債は2005年5月末時点で約75億円。
  
Posted by go2555jp at 10:00Comments(2)TrackBack(0)

2006年03月15日

本読み

 今、気まぐれに活字中毒です。

 この1週間に読んだ本。

 『祖国とは国語

 『世にも美しい数学入門

 『日本の神話

 『博士の愛した数式

 その他、この歳まで読み損ねていた夏目漱石の『こころ』『草枕』なんかも読んでる途中だったりしてます。

 引越しや、新規開業の準備や、かかえてる仕事の片付けで大忙しのはずなんだけど、だからこそ、移動時間や合間の時間に貪るように読んでます。

 と、いうワケで、1週間も当ブログをサボってました・・・。  
Posted by go2555jp at 23:55Comments(1)TrackBack(0)

2006年03月08日

八尾のヤミ金事件

 大阪府八尾市で、ヤミ金の過酷な取立てに耐えかねて一家心中があった事件の真犯人が逮捕されたのだそうだ。亡くなった方々が戻ってくる訳ではないが、犯罪集団が摘発されたことは喜ばしいことである。

 日本の警察力もまだまだ捨てたもんじゃないですな。  
Posted by go2555jp at 09:17Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月05日

コリア

 いろんな考えや立場やそれに基づく感情やらがあることはわかってるつもりです。私の考えは偏ってるといわれることもあります。

 私にも、学生時代からの(在日でない)韓国人や、帰化した元在日の友人もいます。個人的な付き合いの上では、彼らはとても気のいい人たちです。

 でも、こういう意見や報告があるというのも事実です。

      ↓


 韓国旅行要注意


 韓国は本当に反日か?  
Posted by go2555jp at 00:04Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月04日

冥利が悪い

 今朝の朝刊のコラムにあった、今はほとんど使われなくなった言葉。

 「冥利が悪い」(=ありがたすぎて、罰が当たりそうで、申し訳ない)

 なんと素晴らしい言葉だろう。相手に対する感謝の気持ちと畏敬の念と謙譲の心を凝縮したような、というか、何というか・・・。

 言葉とは思考そのものだという。ボキャブラリーが豊かだということは、思考や感情が豊かであるということだという説を読んだことがある。私の貧困なボキャブラリーでは「冥利が悪い」という言葉の素晴らしさを残念ながらうまく表現できない。

 この素晴らしい言葉を喪いつつあるこの国は、身の回りの人々や国や社会や自然に対する感謝と畏敬と謙譲の心を喪いつつあるに違いない。名も知らぬ新聞編集者から偶然に受け取ったこの言葉と、できればその意味する心持ちをせめて自分の中でだけでもその命脈を保つことができれば、と思った。そしてまた少しでも周囲に伝播することができれば、と、大仰かもしれないがそう思ってここにご紹介した次第。  
Posted by go2555jp at 10:21Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月03日

本人確認

 以前にもお世話になった方から、仕事の紹介をしていただいた。

 気にかけていただいて、とてもありがたいことなのだが、結局お断りすることになってしまった。

 というのも、売買に基づく所有権移転の登記の件なのだが、売主が関東にお住まいで、高齢で寝たきりの方なのだという。共有者で共同売主の家族がいうには、意識はしっかりしているし大丈夫、問題はないとのことだが、電話での受け答えが可能かは微妙なのだという。決済当日に本人が来られない以上、事前にお会いして、売却の意思を確認しなければ受けられないが、わざわざ東京まで出向く費用もバカにならない。

 結局、以前の取引で本人と面識があるという地元の先生に再度依頼してもらうことになった。

 本人の意思確認を怠って移転登記をしたことが露見すると、非常に重い懲戒処分を受けることになる。司法書士界は、このような倫理問題に非常にナーバスだ。

 奇しくも、昨日、倫理に関する研修に行ったが、会場は満席。意識の高さを再認識した。  
Posted by go2555jp at 23:32Comments(0)TrackBack(0)