2005年05月28日

ハッスルしても良いですか?

しばらく更新をサボっておりましたので、2ヵ月の間に購入したCDの話しです。

3月の末頃でしたっけ。
その時のヒットチャートのラジオを番組を聴いておりましたところ、ふいにディスコミュージックが流れてまいりましてね。
なんと言っても私の青春時代はディスコですから、もう脊髄反射で踊りたくなってしまうくらいのもう風大左右衛門状態でございます。
で勢い買っちゃったのがこの曲、

「ダンシング」 倉木麻衣

ちょっと現代的なアレンジの部分も有りますが。かなり正統派なディスコソウルの一曲ですね。もうばっちり、ハッスルが踊れますですよ。

ハッスルって言ってもプロレスラーや香港映画のじゃございませんし。ラインダンスのステップでもございません。れっきとしたペアダンスでございます。

アメリカでは数年前からクラブシーンでブームなんですが、日本ではまだまだ流行る気配が見えませんですね。ここ数年からのリバイバルを見せているディスコそれも70年代のディスコソウルリバイバルブーム世代と、この新曲を聴いている若い世代とが手を取り合って、是非ともダンスも流行ってもらいたいもんです。



ハッスルが判らない方にイメージをお話しいたしますと。

スウィングダンスとくにジルバなんかとはかなり動きが似ていますね。
ジルバのカウントが [S&,S&,&QQ] の6カウント4ステップなのに対して、
ハッスルのカウントは [S,S,&S] の6カウント4ステップ(&にもステップ有)。
Q と急ぐ部分がございませんので、同じ形の技であっても、ハッスルの方が若干ゆったりしているような面持ちがいたしますです。

go2dance at 23:39│Comments(0)TrackBack(0)
ハッスル 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記:すぎもとしげき
しげき
ダンスインストラクター。


取り上げて欲しい曲のリクエストも受け付けております。
ジャンルは特にございません。どんな曲の挑戦でもわたしは踊ってみせましょう!<いや、けんか腰になる必要無いって


ただし、私が所有していない曲の場合ご希望にそえない場合もございます。
(著作権を侵害しない形で曲をプレゼントして下さる場合はご相談に乗ります