団次郎(団時朗)さんメモ

mixi団時朗コミュの管理人です☆

郷さんのテーマ

「郷さんのテーマ」と私が勝手に考えている哀愁ただよう音楽があります。
きっと皆様にもガッテン!してもらえるはず!

Close Your Eyes And Listen(Astor Piazzolla)

バリケーン(実相寺脚本)の回では、珍しくご機嫌な郷さんを見ることができますが、そんな時でさえBGMはこれ↓がピッタリ。





もちろん、「もっと若いやつと組むね」(坂田さん)とか、「君の方が宇宙人だろ」(隊長)など、ひどいこと言われたあとのシーンにもピッタリです。

GWはマッハバロンで

GWは、家でマッハバロン(1974)DVD鑑賞!


団さんは、20代中半くらいなのにヒゲを生やしたオジサマを演じています。20代のお肌と立派なヒゲとの組み合わせが、昔の少女漫画に出てくる美中年みたいですw。メガネをとったら“鳳蘭ですかッ!”です。


マッハバロンをはじめて見た家族は、団さんの持つ独得な雰囲気にしびれ、さらに音楽にしびれていました。







バサラ人間 初日!

b74e1cc8.jpg■初日に渋谷ユーロスペースに行ってきました。上映後は山田監督(ブログのIDが“ヘリウムボイス”…)の対談も!!


60年代好きの貴方!さあッ、みんなで、見よう!


エレベーターの所に原作者の長尾みのる先生(80歳・中央区出身←当時は京橋区)がいらっしゃったので、失礼かしら・・・と思いつつ、たまたま持っていた古い中央区の地図をプレゼントてしまいました(汗)。私は中央区育ちなので、地図をいっぱい携帯しているのですw




■画像は、1968年の団さん。髪がクルクルしていて団さんに見えないけれど、団さんです。(メンズクラブより)
バサラなパーティーなのでしょうか?

バサラ人間 明日から!

6136e3d1.jpg団さん主演のバサラ人間が、明日から渋谷でレイトショーです!
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=196


画像は、よるのひるね(阿佐ヶ谷)のバサラ人間トークライブに行った際、山田監督の御著書(「山田広野の活弁半生劇場─活弁映画監督のつくりかた」)にしてもらったサイン。

バサラ人間 公開!

■団さん主演のバサラ人間が、3月28日より
渋谷ユーロスペースで公開されます!

さあッ、みんなで見よう!
http://basaraningen.com/


阿佐ヶ谷の「よるのひるね」では
3/22日曜19:00より、監督・山田広野氏の記念イベントがあるそうですよー
http://yoruhiru.exblog.jp/9493952/



■「K-20 怪人二十面相・伝」見てしまった。団さんの少年探偵団BD7みたいな無茶すぎる変装はありませんでしたw。

民族衣装

黒木メイサが男装の麗人、川島芳子を演じたドラマ
http://www.tv-asahi.co.jp/dansou/chart.html


団さんは、清の皇族の役(川島芳子の実父)♪
刺繍の沢山入った衣装が団さんの濃い顔に似合っていましたよー


(そして男装のメイサさんは、とってもオスカル様なのであった・・・・
不覚にもドキドキしてしまいまいした・汗)

横分けの時代

123■左のカラー写真。「あッ、郷さんが膝を抱えている!ルミ子ねえちゃん!郷さんが帰ってきたよッ!」と一瞬思ってしまいますが、別人です。こういう9・1分けが流行だったんですねー

■2枚目。人気イラストレーターも、ペタッと9・1分け

■3枚目は本物の団さんです!クセ毛なので、ちょっとボリューミー。今は、白髪がいい感じにうねってますねー













以上1968年のメンズクラブより

バサラ人間、二十面相

2397ce73.jpg■バサラ人間(団時朗さん主演)サイトより
「渋谷ユーロスペースでの公開となりました!もうしばらくお待ちください!」だそうです。楽しみです!



■われらにとって「怪人」といえば、K-20(怪人二十面相・伝)じゃなくて、 少年探偵団 BD7ですよね。

K-20の予告で金城君が変装を解いているシーンがちょっと見えたけど
「団次郎さん」を越える(無茶な)変装は、たとえ現代のCG技術でも出来ないはずw


そして画像は、怪人2面相!笑顔と真顔、ふたつの顔を持つ男!(1967年頃の花椿より)

ボーイ・フロム・オズ

青山円形劇場で、「ボーイ・フロム・オズ」見ました。
青山円形劇場の付属の研修室には仕事で数回行ったことがあったので、方向音痴の私も劇場に迷わず到着。


オープニングに、いきなり団さん登場でビックリするやら嬉しいやら!


歌う団さん♪軽快に踊る団さん♪
(しかしS席でも2階だったので近眼の私は舞台がよく見えずorz・・・主に団さんの美声を主に堪能することに。)


ダンスマガジン2007.3月号で団さんが語っていた「ぼくの出演の前にアンサンブルのラインダンスがあって、それを舞台袖から見るのが楽しみでした」の、「ラインダンス」(美脚〜)もキレイでした。


sta_oz01_s_081026
Profile

go3go3

名言


presented by 地球の名言
Recent TrackBacks
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ