平成最後の年末、クリスマス、忘年会、大晦日、元旦、正月、成人式などなど。皇太子殿下が新天皇に即位する2019年5月1日まで、様々なイベントがこのように言われるのだろうか。ちなみに新元号の公表は4月1日以降を想定して準備をしていると報道されているが、「平成の世は終わらないことになりました!」とか、ヘンテコな名称の新元号がSNS上で拡散されたりするだろう4月1日は避けた方が良さそう。

さて、肝心の新元号はどのようなものになるのだろうか。こういう話題があると参加したくなるもので、私も予想してみたりしている。元号選定のルールとして存在するのは6つ。1国民の理想としてふさわしいような意味を持つもの、2漢字二文字であること、3書きやすいこと、4読みやすいこと、5これまでに元号又は諡として用いられていないこと、6俗用されていないこと。またルールには無いが、生年月日などを記入する際に元号がアルファベット表記されることを踏まえて、明治、大正、昭和、平成の頭文字、M、T、S、H以外になると予想されている。またソニー生命保険が行ったアンケートによる人気投票では、1位「平和」2位「和平」3位「安久」という結果だった。

私の予想は、M、T、S、H以外で、濁点で始まらないアルファベットを探したら、A、C、E、F、I、K、L、N、O、P、R、U、W。その中で、M、T、S、Hと間違いやすそうなMに似ているW、Tに似ているFとIとL、Hに似ているKとNを省くと、A、C、E、O、P、R、Uが残る。PとRは無いだろうから、最終的にはA、C、E、O、Uが頭文字になる漢字選びということになる。Aは安久(あんきゅう)とか安明(あんめい)、Cは智代(ちよ)とか忠保(ちゅうほ)、Eは援豊(えんほう)とか永幸(えいこう)、Oは大恵(おおけい)とか恩弘(おんこう)、Uは思いつかず。ということで、今のところ私の一押しは「永幸」。皆さんの予想は?