毎週水曜日は夜9時からフットサルをしている。ない時もある。雨が降ったり、人が集まらない時。この2つの理由以外に開催が中止になることはない。20人ほどのLINEグループで連絡を取り合う。リーダーはいない。当日お昼頃から「今日はどうでしょう?」という誰かの発信から始まる。10人集まれば開催決定となり、フットサル場コートを予約する。当日の夕方くらいに決まることが多い。急過ぎるので「行く」と決めて欠席する人はいない。
 主なメンバーは社会人サッカーのチームメイトで平均年齢33歳。通常フットサルボールは小学生が使う大きさだが、ここでは大人のサッカーで使う5号球を使用する。小さいコートで大きいボールを使うことは実は難しい。まず、跳ねる。トラップがしにくい。至近距離で強いシュートを打つとキーパーは取れない。フットサルボールは弾まないので頭上を越えるパスはあまり出ないが、5号球はヘディングシュートなど空中戦もある。
 昨日が初蹴りだった。正確に言うと他でも蹴っているので3回目。日本代表戦を見るよりも、自分がするサッカーの方がいい。もう、生活の一部と言っていい。リフレッシュという目的より、まだまだ上手くなりたいのだ。だから思いっきりシュートを打つ爽快感よりも、シュートを打つと見せかけパスして仲間がゴールを決めて一緒に喜ぶ。そっちの方が2倍楽しい。