年末年始は日ごろ会えない友達と久しぶりに再会し、昔のことをたくさん語った。話題は少年時代にやっていたサッカーの話。「あの時はこうだったな」と振り返ると、懐かしさを感じる。日ごろ私は自分のサッカー人生についてあまり語らないのであるが、そんなサッカー人生を簡単に振り返りたい。 小学生では県内でも有名な少年団チームに所属。当時を振り返ると、試合に勝って当たり前という感じであったため、負けることは許されなかった。私は足の速さを生かしフォワードとしてプレーし、何も考えずにボールを追っていたのを覚えている。気持ちが弱く毎日怒られていたのは、私だけではないか。 中学生に上がり、地元のクラブチームに所属した。ポジションはフォワードをやっていたが、1年生~3年生までの公式戦で得点したゴール数は0であった。3年生の時には関東大会に出場した時の相手はマリノスジュニアユースだった。私はベンチの外で試合を見ていたのが中学サッカー人生の集大成であった。高校時代は地元の県立高校サッカー部に所属した。ポジションはフォワードではなくサイドバックになった。守備を今までしたことがなかったので、ドリブルで相手に抜かれまくりであったが、その分オーバーラップで攻撃参加を繰り返していた。最後の公式戦は引き分けで終わったため、1度しかない高校サッカーの終わり方がさびしかった。 まとめると、自分が納得するサッカー人生は終わっていないとのこと。また、終わり方が上手くいってないように思った。