「レコード・ストア・デイ」という、毎年4月の第3土曜日に世界中のレコード屋で同時開催されるイベントがあって、この日は各店舗でセールをやったり、レコード・ストア・デイ限定盤が発売されたりと、数年前からレコード好きの間ではかなり盛り上がるイベントである。開店前に行列はできるし、お店はかなり混雑するし、正直それに辟易としているところもあるのだが、そういう自分も限定盤が欲しくてお店に行くので文句は言えない。

今年もいろいろ欲しいものがあったが、全部買っているとさすがに財布がツラいので、ブレッド&バターという70年代の日本人アーティストの「バーベキュー」という超名盤が再発されるということで、これ1枚に的を絞った。ちょうど新宿で用事があったので、用事を済ませてからディスクユニオンへ。予想通り、通路をすれ違うのもしんどいくらいの人だかり。この日ばっかりは獲物を狙う狼のような人が増え、狙った限定盤を血眼になってみんな探すので、ちょっとマナーが悪い人も増える。例えば、レコードを見るときに、人が見ている列のレコードを漁るのは厳禁、というのが暗黙の了解なのだが、結構割り込んで来る人がいたり。僕はレコードを見るのが早い方ではないので、「早く見終われよー」とやたらプレッシャーをかけてくる人がいたり。それも今日だけなのでまあいいでしょう。

無事に「バーベキュー」を購入。帰って聴いたらやっぱり超名盤。バックバンドは「キャラメル・ママ」。細野晴臣、鈴木茂、林立夫ら、70〜80年代の日本の音楽を影で支えた職人たちである。コーラスに山下達郎のシュガーベイブが参加していたり、まあ豪華である。レコードを聴いたあとは、アメリカで開催されている野外フェス「コーチェラ」のYouTubeライブ放送を見ながらビールを飲む。コーチェラ行きたいなー。

音楽は素晴らしい。