予定日より3日が経過したころ検診に行き、分娩を誘発する内診グリグリなるものを体験した。今までに経験したことのない鋭い痛みだった。そもそも本当に陣痛って気付くのかな、なんて余裕な感じで過ごしていたが、その日は来た。
寝ていたら夜中2時頃お腹が痛くなって目が覚めた。前駆陣痛かもしれないので2時間ほど様子を見ていたが、徐々に痛みが増してきたので痛みの時間を計測した。痛みが10分間隔になり、これは陣痛だと思い、病院へ連絡。夫を起こして車で病院へ向かった。この時には5分間隔でしかも想像以上の痛みが。病院へ向かう車中、痛みが来たときは、声を出す代わりにアシストグリップ(座席の上についている取っ手)をおもいきり握ってぐっと耐えた。私が思う陣痛の痛みは、内臓を思いっきり雑巾絞りされた感じ。病院に着いてからは3時間ほど陣痛との戦い。途中で酸素マスクつけられたり、痛すぎて失神するんじゃないかと思うくらい精神的にきていたけど、赤ちゃんの呼吸が弱っているということで緊急帝王切開になった。自力で手術台にのり、下半身麻酔。麻酔が効くまで、ずっと陣痛が続く。1時間ぐらいで手術は終わり、下半身は全く動かないので、あとはなされるがまま術後専用の病室へ。
赤ちゃんとは少しの時間だけ会うことができて、あとは術後の痛みに耐えながら、人生で一番と言っていいほど丸一日何もせずにボーっと過ごした。
翌日からは歩かなければならなかったが、蟻の方が歩くの早いんじゃないかってぐらいゆっくりとしか歩けなかった。腹筋を使う動作が全て傷に響くので、笑えないし、寝るのも一苦労。寝返りは退院のときにやっとできるようになり、1ヶ月経ってようやく人並みに歩くことができた。
もし次妊娠したら予定帝王切開で同じ術後の痛みを経験しなければならず、出産後は嫌だななんて思っていたけど、半年経ってもうあのときの痛みは忘れてしまった。