電車を利用していて、最近思うことがある。周りが見えておらず自分本位な大人が多い。
例えばとある駅でのこと。
階段の一方にてすりがあり1人が通れるスペースが区切られている。
私はホームへ向かう階段を上る側で、反対にちょうど電車が到着して降りてくる人がいる。当然上る側より下りる人の方が人数が多いので、てすりを挟んだ1人分のスペースのところを上るようにしている。下りる人はてすりの反対側の広い方を下りてくるが、たまに1人分のスペースの方を下りてくる人がいる。あきらかに上ってくる人がいるのを分かっていながら、こちらの方が早いと思っているのか構わずに下りてくる。上る人が通れるスペースがないじゃないか、、、と思う。
だいたいの駅は入る人専用、出る人専用の改札がある中、最寄り駅は常に出入りできる状態である。そのため電車が到着して出る人が殺到すると、出る人は全部の改札を使用する。つまり改札内に入る人が使える改札がないのだ。ちゃんと周りを見て、入ってくる人のために1つの改札を空けてくれる人もいる。しかし先日私が改札内に入ろうとしたときに、唯一入る人用に出る人が空けておいた改札を女子大学生が使い、入ることが出来なくなった。勢いで入ってしまったのなら仕方ないのかもしれない。しかしそのあとにサラリーマンが続き、全くお構いなしに使ってきたことに違和感を覚えた。
使える状態にあるから使う、という考えの人もいるかもしれない。ちゃんと利用者のことを考えた状態にしていない鉄道会社がよくないのかもしれない。しかし、周りの人を見て行動するというのも必要だと感じる。