2007年01月19日

(CAN'T GET MY) HEAD AROUND YOU (その2)

とある日のみっちーとの会話。

「きっとさー、そういう子は自分のことしか考えられない子なんよ。自己中って意味じゃなくて。」
「ひどくマイペースってことだね。」
「そう。だって、自分の彼女が、ひとりで夜中の二時に30分もチャリ漕いでるなんて、普通の男じゃ信じられんやろ。」
「おまえじゃ耐えられんやろ?」
「ムリムリ。絶対。」
「そういうのめっちゃ気にしそうやもんなーみっちーは。」
「そうたい!しかし彼氏がおるとしたら、(彼氏は)大変やろうなー。」
「振り回されるもんね。」
「そう。」
「しかも女の子の方には自覚がない。」
「やねー。」


なるほどこれが彼氏にとっての『I can't get my head around you』って心境なわけね。エクストレイルのCMでデクスターが歌ってたのはこういうことだったんだね。
と、今日も晩酌しながらブログ更新です。芋焼酎の緑茶割りです。思いっきり渋い緑茶と芋焼酎を、お湯割りの要領で。普通の飲み方に飽きたらどうぞ。





はじめはさ、軽く「ハラを空かせた可愛い後輩のために〜」くらいしか思ってなかったわけですよ。

すると結構重い相談をしてくるじゃないですか。最近欝っていうのかそんな状況で、家に一人でいると突然泣きだしてしまう〜とか。

こりゃ参ったなーなんて思いながら、「誰でも一度は通る道やけん」と俺がプチ欝になってたときのことと、回復したきっかけ(セレブちゃんのことですよ!一年前だよなつかしいね!)をほんの少し話した。

「何ですかそれ!きっかけ単純!w」なんて言われ、「自分、簡単な男でサーセンwww」とふざけてみた。相手に笑顔が戻ってきたのでちょっと安心したり。


相手が突然別の話をはじめました。
「私、実は○○さん(バイト先の人)と付き合ってるんですよー。」
煙草の煙をぽわぽわさせながら、「そうだったの。」と答えた。ちょっと意外だった。
○○さんって言ったら、すごい明るくて優しいおにいさんで、俺に対して、一番親切に色々と教えてくれる人だ。

「いいじゃん。○○さん。すごい優しいしさ。」
「そうなんですけど。」
「○○さんはそんな人だから、
たぶん、ユウちゃんがそんな風に凹んでる時には、どうにかして励まそうとするやろ?でもその優しさがユウちゃんにとって気後れするとか申し訳ないって思わせる?」
「そうなんですよ。」

相手の会話の先読みとか、他人の代弁とかは、ちょっと得意な子なんです俺。中国人のリュウさんの代弁もたまにするしね。


「最近メールや電話を無視することが多いんですよ。自分がほんとに好きじゃないんなら、別れるべきとはわかってるんですけど。」
と言われたとき、○○さんが携帯をいじくりながら「俺の彼女がさ〜」って笑顔で言ってるのを思い出して、複雑な気分になった。
そういえば○○さん、最近元気がなかった気がする。


「私、今まで、あまり本気で人を好きになったことないんですよねえ。」

「それは、」みっちーとの会話を思い出す。

「ユウちゃんが自分のことでいっぱいいっぱいで、他人を好きになる余裕がないからじゃないの?」

ユウちゃんが目をぱちくりさせてた。

「ある程度余裕があって、パワーがあるときに初めて、人を好きになるのかなって。今思いついたんやけど、とりあえず俺はそうだった。」


そう言った後で、何言ってんだよ俺!と反省したんですが、ユウちゃんがこう言ったのな。

「すごい!当たってるかも!今まで友達に相談してたけど、『自分しか見れてない』って言ったのは工藤さんが初めて。」
だと。

ほんとは『工藤さん』一人じゃなくて、深夜の会議でみっちーと二人で出した結論なんだけど。



話の途中でユウちゃんの携帯が何回か鳴った。相手は○○さんと、お付き合いを知っている人からだった。
「出なくていいん?」と声と煙を同時に出しながら言うと、ちょっと複雑な笑みで首を振った。



○○さんからすれば、
『おまえのことがぜんぜんわからない』って、まさにそんな状況なんだろうな。

「今こうしてること(サシメシのことな。)、誰にも言わないでくださいね。」
と言われた。二人だけのヒミツってやつだね。悪くない。



眠くなってきたし帰るかーと席を立つと、もう深夜一時なわけさ。
「ほんとにごちそうになっていいんですか?甘えちゃいますよ?」と言われ、「おう、甘えろ」と投げ遣りに答えた。

外は雨が振っており、ユウちゃんが傘持ってたから、アレだよ。青春の一ページ、相合傘したよ。
「ユウちゃん背が低いから、傘が頭に当たるのな。」と傘をひったくって持ってみた。


「ありがとうございます!工藤さんと話してたら気が楽になります。」とお別れにあいさつされた。

「おーそりゃよかった」と返事をした。後ろで「じゃーさよーならー」って声がする。



その時気付いた。
しまった上着の襟が中に折れ込みっぱなしだった。

こりゃはずかしいね!と一人で赤面しながら原付に飛び乗り、例の歌を歌いながら家路に着いた1月17日の夜でした。

go_go_cherryboys at 00:35│Comments(2)日記 | 考えごと

この記事へのコメント

1. Posted by Algerine   2007年01月19日 01:10
お久。
しばらく来てないうちに、
やたら男前なセリフにびっくらこいた(笑

そんな男前な工藤くんに酒をおごりたいところだ。
もしも京都へ来る事があれば、
blogにでもなんでもいいから連絡くれーい。
2. Posted by 工藤(仮)   2007年01月25日 23:18
所詮なんちゃって男前なんですよ!
上っ面だけなんです(笑)


関西に行く機会ができたら、ゼヒ。
金に余裕があれば春休み、遅くとも夏休みには関西に出てみようと思っとりますので。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメント
Profile
工藤(仮)
何の因果か、専門が液晶になっちまいました。
『アストロボーイ』なんて嘘つきだなあ。

ブログタイトルから察してください、俺はチェリーボーイです。

音楽の嗜好は、ロック、ミクスチャー、フォーク、ポップです。
わりかし何でも聴くよ。ビリーバンバンからオフスプリングまで。
好きなバンドについて語りあってくれる方大歓迎。