2013年08月29日

23年ぶりのゼミ合宿 ―我が恩師、渡邊欣雄先生

大学を卒業してもう20年以上も立つというのに、恩師の文化人類学者である渡邊欣雄先生との交流が再燃していて、この夏には先生の長野県小諸にある別荘で23年ぶりのゼミ合宿にも参加させていただいた。

9596977119_595dfced93渡邊先生といえば沖縄や東アジア、特に風水研究で著名な研究者。日本文化人類学会会長もつとめられた大先生である。不思議なくらい先生に教わった講義の内容、研究室での雑談、宴会での話など今でも鮮明に覚えていることが数多いことに驚かされる。

23年前にも小諸で渡邊ゼミの合宿が実施されて私も参加した。当時、文化人類学という学問の魅力にも猛烈に魅了されていましたが、バンド活動に熱を入れていた頃だったのでゼミ合宿にも当然のようにギターを持参して参加した。すると渡邊先生に「お前は学問を舐めてんのか!」と一喝されましたが、ゼミ合宿の初日の夜は宴会モードだったので、ギターを弾きながら宴会を盛り上げたことが想い出されます。渡邊先生の長い大学教員生活の中で、ゼミ合宿にギターを持ってきた輩は、私以来、現れていないそうです。

そして今回、23年ぶりにゼミ合宿同窓会のような形で小諸にお招きいただきまして、ギターを持参しようかどうか悩んでおりました。前日に、沖縄をテーマにした「我自由丸」という曲を練習した様子をRecoodというiPhoneアプリで撮影していました。一緒に参加する大学の先輩に「この曲を歌おうと思うんで すが、ギター持っていっていいでしょうかね?」と尋ねてみましたが、皆賛同してくれまして背中を押していただき、アコスティック・ギター、Gibson J-45を持参しての小諸合宿参加となりました。



先生の別荘に着くなり、初対面の奥様から「これなに?」と背負ったギターケースを指差して尋ねられたので「ギターです。沖縄の曲を練習してきました。」と恐る恐る言うと「それは、楽しみ!」と大歓迎のご様子で安心しました。

9599747886_c2812592cb夕食は、屋外でバーベキュー。とうもろこしなど地元の新鮮な野菜をふんだんにたらふくご馳走になり、かりん酒、ブランデーに漬けた梅酒などもいただいて、ほろ酔い気分の頃に私のライブコーナーがスタート。

遠藤ミチロウさんが作った沖縄をテーマにした「我自由丸」という曲を演奏。この曲だけでも先生に聴いていただけたらと思っていたのですが「もっと演れ!」とのありがたいお言葉。結局、16曲もぶっ続けで歌わせていただきました。

しかも一曲一曲、しっかりと歌詞を聴いていただいて感想を聞かせていただけたのは、たいへん貴重な経験で新たな発見も数多くありました。後半は私が手書きした歌詞とコードが書かれたノートの中からのリクエスト大会になりました。

卒業してから20年以上も立つというのに、このように恩師と交流が持てるのは本当に幸せなことだと思います。自分のフィールドで精一杯頑張っていこうという英気を養うことができました。







go_sabaki at 00:03│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字