グリーンピースが東海、関西地方の魚介類加工品調査の結果を発表した。
 東海・関西地方にある大手スーパーマーケット5社の店舗で抜き打ち調査をしたもので、放射性物質が検出されたことから、東海・関西地方にも放射能汚染された魚介類商品が出回っていることが明らかになったとしている。
 また、さば水煮缶詰からも放射性物質が検出されたことを受けて再調査を行った結果も発表している。放射能汚染は、東日本だけではないことには驚かされる結果だ。
 
詳しくはこちら。