武蔵野市立桜堤小学校と境北小学校が合併し、桜野小が誕生していらい、旧桜堤小の校舎をいつまで残すかが明確ではなかったが、平成28年度に取り壊すことが固まった。

f858caa9
8月19日の市議会文教委員会で行政報告があり分かった。


 旧桜堤小については、第五期長期計画に「運動広場を設置する」と記載されてはいるものの隣接する桜野小学校の体育の授業や生徒数増が見込まれる第二中学校の授業などで校庭を使用していることから、第2校庭的な使用も含めた暫定的な運動広場とすることも報告された。

 28年度に校舎、体育館、プールを解体し、解体し、平成29年度に、暫定的な運動広場の整備を行い、利用を開始することが想定されている。

7e64eaa7




■旧桜堤小 解体前に「お別れ会」

 旧桜堤小校舎を解体する前に地域や卒業生などに呼びかけて校舎への「お別れの会」のようなことができないかと以前から提案している。この委員会で確認したところ、解体前に考えたいとの答弁があった。
 
 旧桜堤小の校舎は、廃校となった後、最後の卒業生が成人するまでは残すと市では表明してきた。思い出を残すことはいいとしても、いつまでも残せるものではない。

 呼びかけ先や規模などはこれから考えることだが、期待できる答弁だった。私は桜堤小の出身ではないが(お隣の境北小・現在の桜野小出身)、ひとつの区切りとして必要だろう。



【参考】
取り壊しか? 桜堤小の現状

【追記】
さようなら 桜堤小学校
 2016年11月12日に旧武蔵野市立桜堤小学校の校舎のお別れ内覧会が開催され、200人を超える卒業生や関係者が集まった。そのときの様子と桜堤小の校歌を掲載。