JR中央線、吉祥寺駅北口、三鷹駅北口、武蔵境駅南口で実施しているイルミネーションへのネットアンケートが行なわれている。実際に見た感想をお寄せください。


IMG_9885
WS001 むー観(武蔵野市観光機構)が実施しているもの。三駅のイルミネーションについて、感想や近隣駅との比較、まちのにぎわいに影響があるかなどを駅ごとに選ぶ内容となっている。アンケート結果は、今後に活かすとしている。
(左はむー観のサイトより吉祥寺のアンケート内容の一部)












■昨年の独自アンケート結果

 駅前のイルミネーションについては、昨年、複数の市民の方から「ださい」と言われたことから川名がツイッターなどを利用してアンケートを実施している。特に事業費の半額、1200万円を市が補助金として出していることをポイントとして行なってみた。

 設問項目は以下。
 
 ・もっと補助金を出して華やかにすべきだ
 ・やってもいいが、税金からの支出はすべきではない
 ・イルミネーションは必要ない
 ・このままでよい

 回答数は、180件で、その結果は下記のようになっていた。


d3d1e39d



 もっと補助金を出して華やかにすべきだ 18.3%
 やってもいいが、税金からの支出はすべきではない 50%
 イルミネーションは必要ない 20%
 このままでよい 11.7%  

 現状でいいと思っているのは11.7%。もっとも多いのは税金をかけていることに驚き、支出すべきではないが半数という結果だった。

 この結果をうけて、平成27年度予算審議のさい、税金を支出している以上、より効果的になるよう市から指示をすべきだ。この事業だけではなく、納税者、市民目線で検証することが必要ではないかと提案している。


■重要な視点があるアンケート

 今回のアンケートには、イルミネーションだけではなく市の事業について考える多くの視点はある。
 予算を使えばいいという事業では、大幅な税収増が見込めず、社会保障費が増えていく今後の市政運営では不要な事業といえるからだ。

 あればあっても良いが、なくても困らない事業か。やってもいいが、税金の支出が必要か。やるなら、目的に対して効果的なのか。目的達成への改善策は何かなどの視点で検証し、必要ならより効果的に。なくても困らないのなら止めるという判断が必要だ。それも、自らの懐が痛まない立場からではなく、納税者である市民目線、利用者である来街者の視点からだ。

 この意味でも貴重なアンケートともなりそうだ。ネットを使うことで多額の費用は発生しないはずだ。高く評価したい。

 駅前イルミネーションへのアンケートを今年も独自に行なおうと考えていた。だが、市の関連団体が行なったほうが、より良いだろう。結果に注目したい。また、他の分野でも実施を期待したい。アンケートはイルミネーションの実施期間中に行なわれている。


(画像は三鷹駅北口のイルミネーション)


【参考】
武蔵野市観光推進機構 武蔵野イルミネーション2015のアンケートにご協力ください

吉祥寺のイルミネーションは「ださい」? 市民視点で再検証を