3月12日に井の頭公園の野外ステージでフリーライブが開催された。吉祥寺で活動しているDJやミュージシャンが中心となり定期的に開催されている「武蔵野音楽祭」の宣伝のひとつ。今までとは違った視点からのイベントで吉祥寺をもっと盛り上げられないかと聴いていて思ってしまった。


IMG_0763

■井の頭公園の野外ステージがもったいない

 この日のステージに登場していたのは「ザ・マスミサイル」「GRAND COLOR STONE」「ガングルオン」「湯野川広美(ジン)」。主催のDJ、がっちさんの個人的なつながりから集まったミュージシャンだ。

 夜に吉祥寺のライブハウスでのステージに来てもらいたいことや「武蔵野音楽祭」を知ってもらいたいこと。そして、今回のステージに登場していたようなミュージシャンをもっと知ってもらいたいと考えてフリーライブ(無料コンサート)を開催しているという。

 また、井の頭公園のステージを使うのは、偶然に居合わせた人に知ってもらいたいだけでなく、普段は子育てでいそがしい親子にライブを見てもらいたい。何より、井の頭公園のステージがあまり使われていないから、もったいないと思ったのがきっかけと話されていた。
 私ももったいないと思っていた。住宅街が近いこともあり大きな音を出せないとは思うが、今回のようなステージを行なうことで活用が広がるようにも思う。

IMG_0759


■いつかはフェス

 この日は、ミュージシャンの固定ファンも駆けつけていたが、偶然に居合わせた人も立ちも演奏を楽しんでいた。親子づれだけでなく、幅広い年齢層の人たちも楽しんでいた。このような広がりが、きっと、吉祥寺の魅力をもっと高めるのではないか、とも思う。

 この日のステージのラストで演奏していたザ・マスミサイルの高木芳基さんは、いつかは井の頭公園でフェスをやりたい!と話していた。
 今回のような賑わいを見ていると、可能性があるように思う。ミュージシャンからの発想を具体化してみることも、吉祥寺の魅力をさらに高めることにならないか、とも思えたステージだった。

 私も、いつか、井の頭公園でフェスがやりたい。

 写真は、ザ・マスミサイルのステージ

【参考】
ザ・マスミサイル 公式サイト
武蔵野音楽祭(がっちさんのブログ)