東京都は、「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」を3月30日公表した。このなかで、反対の多い「武蔵野3・4・24号線」を優先整備路線としていた。


t_musashino

 武蔵野3・4・24号線は、甲州街道の調布IC付近から北上する天文台どおりをさらに北進(※)し、五日市街道の境橋付近へとつなぐ道路計画だ。優先整備路線は、今後のおおむね10年間で優先的に整備すべき路線となるものだ。

 この道路については、3月28日の武蔵野市議会で優先整備路線にしないことを求める意見書を可決しており、市議会の意見を無視していることになる。

 整備方針の公表とともに『「整備方針(案)」に対するパブリックコメントの結果の概要と対応』も公表されている。ここに、パブリックコメントの概要も公表されているが、寄せられた総件数103件のうち、整備促進を求めるものが10件、廃止・見直しを求めるものが93件という状況だった。このパブコメも反していることになる。

 概要には、『東京都・23 区・28 市町の考え方・対応』として、寄せられたパブコメへの行政側の見解が下記のように記されていた。

------------------------------
武蔵野 3・4・24 号線は、将来都市計画道路ネットワークの検証において、交通処理機能の確保等の検証項目に該当し、今後も東京の都市づくりに必要であると評価しました。
当該路線は、自動車交通の円滑化等に寄与する広域的な路線であることから都施行の優先整備路線に選定しました。
今後、設計や必要な調査等を行い、地元説明を実施するなど、事業化に向けて、適切に取り組んでいきます。また、地域の状況や地権者の生活再建等についても配慮しながら事業を進めていきます。
-------------------------------

 パブコメを取る前から決められていたような杓子定規のような定番のコメントだ。どう考えても交通の円滑化にはならないと私は思うが行政側はそうは思わないらしい。とにかく作りたい、作りやすいから作るとの選定基準で地元の意見は気にしないのかと思えてしまう結果だった。

 寄せられたパブコメの概要は下記。優先整備路線になったからといって、整備が進まない例もある。今後、地元説明などで不要であることを明確にしていくことが必要だろう。

 パブコメも市議会の意見も無視してまで作るべき道路ではない。何のために、そして、誰が喜ぶ道路なのかも考える必要がありそうだ。



〇武蔵野 3・4・24 号線(都 88)

(意見の概要)
○整備推進・要望等 10 件
●廃止・見直し 93 件

○当該路線が整備されることにより、渋滞や交通安全、車の流れの効率化が図られる
○・計画通り境橋まで整備すべき。市内の道路は南北方向の道路整備が遅れている
○中央線が高架化され、踏切での渋滞はかなり減ったが、当該路線の周辺は特に整備の遅れが目立つ。亜細亜大学や武蔵中高、団地等があり、遠回りする必要があり、不便・地権者として、計画の進捗に人生設計が左右され、立てられず困っている。引越も検討しており、早く整備して欲しい
○道路をつくるのと、一緒に植樹し、緑陰をつくれるとよい

●道路整備の影響を受ける「花の通学路」や「武蔵川公園」は、子供が安心して歩き、遊べる場所、大人が憩いを感じる場所であり、貴重な自然を壊す道路整備はやめるべきである。また、住宅街が分断されてしまう
●近接して都道 123 号やくぬぎ橋通り等の並行路線があり、優先的に整備する理由がわ
からない。周りの道路も比較的空いている。緊急車両が迂回しても、時間がかかるようなことはない
●将来的には、五日市街道の境橋に接続する計画であり、ネットワーク化されることで、五日市街道へアクセスする道路の渋滞悪化や地域内の通過交通が増加することで、学校の多い地域において学童が交通事故にあう危険性の増加が心配される
●この道路を整備しても交通事故や排ガスが増えるだけで地域にはメリットがない

(図は方針から武蔵野市内で優先整備路線となった箇所。女子大どおりは理解できる)


【参考】
東京都都市整備局 「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」の公表について
(整備方針や「整備方針(案)」に対するパブリックコメントの結果の概要と対応が掲載されている)

武3・4・12号線を優先整備路線にしないことを求める意見書 武蔵野市議会 賛成多数で可決
武3・4・24号線(天文台通りの北進)  市の考えはどっちだ?
武3・4・24号線(天文台通りの北進) 必要性なしと都へ要望書提出
武3・4・24号線(天文台通りの北進) 地元市議が党派を超えて反対
花の通学路、武蔵川公園が影響  道路整備計画案公表
公共施設の統廃合 道路も考えなくていいのか