チラシ修正2_ページ_1 原発と安全保障をテーマに菅直人元総理の講演と伊勢崎賢治東京外国語大学教授の対談が、5月13日に行われる。今、もっとも考えるべきテーマ。興味深い内容になりそうだ。

 場所は、東京外国語大学府中キャンパス研究講義棟226教室。日時は、5月13日(金)、17:40-19:10。主催:伊勢崎賢治研究室。

 伊勢崎教授は、紛争屋と自ら名乗り、国連職員、日本政府代表として世界各地の紛争現地での紛争処理、武装解除などに携わり、国際紛争屋の現実を最もよく知る人物だ。大学では、平和構築・紛争予防学講座を受持つ。最近では、「自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会」の呼びかけ人としての活動もされており、現実的に自衛隊をPKOに送ることは戦争に参加ることになり、憲法9条はないがしろにされていると指摘されている。
 現実を安全保障を知る伊勢崎さんが原発をどのように見るかも興味深い。

 開始時間が早いため仕事帰りには難しいかもしれませんが、どうぞご参加ください。


 チラシはこちら