11月12日に旧武蔵野市立桜堤小学校の校舎のお別れ内覧会が開催され、200人を超える卒業生や関係者が集まった。


P2160802
 旧桜堤小学校は、平成8年に廃校となり、卒業生が成人するまでは校舎を取り壊さない方針としてきた。しかし、老朽化が進み耐震補強もされていないことから今年度末に取り壊されることになり、この日が校舎内部を見ることができる最後の日となった。大げさなイベントはなかったものの、昔の校長先生や関係者の思い出話を聞き、校歌を歌うなどで思い出にふけっていた。桜堤小出身の知人は、校舎で校歌を歌いたいと話していたが、その夢がかなえられたのかもしれない。

P2160838


 議会でお別れ会の開催を提案したこともあり、感慨深い一日だった。すでに廃校になっている小学校の校舎が取り壊されることであってもこのように懐かしむ人が多いことを考えると、子どもが実際に通っている小学校の廃校や統合は、そう簡単にはできなとも思った一日だった。


 私は卒業生ではなく、お隣の境北小学校の卒業生だが、1年生の時はまだ桜堤小ができておらず三ヶ月だけでだが同じ学年だったことを思い出す。また、第二中学校では桜堤小と境北小が一緒になることもあり、中学校の同級生に会える場ともなっていた。校舎の取り壊しはめったなことではないが、何かのきっかけを作り、卒業生が集まることが他にもできないかと思う。
 

IMG_4420

 
 校舎の取り壊しがどこまで伝えられたかは分らない。当日、都合がつかず来られなかった人も多いのだろう。写真と当日うたわれた校歌を、ここに記録として残しておきます。


P2160853






P2160717