市議会の一般質問で29年4月からの認可保育園について、町ごとの申込者数も分かった。一方で、吉祥寺東町で撤退した保育園事業者に関連しての質問は、事業者からの訴状が届いたことから答弁が行われなかった。


hoiku2
 
 市長答弁により分かった町ごとの認可保育園申込者数は下記だ。


 吉祥寺東町 80
 吉祥寺南町 81
 御殿山   28
 吉祥寺本町 89
 吉祥寺北町 171
 中町    127
 西久保   121
 緑町    54
 八幡町   47
 関前    73
 境     111
 境南    107
 桜堤    114
 
 
 
 この数を見ると吉祥寺地区で認可保育園が開園できなかったことが大きく影響することが分かる。吉祥寺地区では、市有地活用による認可園などを開設したいと市の考えは示されれているためこの実現を待ちたい。
 一方で三鷹地区、境地区にも必要なことも分かる。三鷹地区には、乳児園から認可園になる保育園が29年4月に開園予定のため、一定の対策にはなるが、課題となるのは境地区だろう。市長は答弁で境地区でも考えている旨の発言をしていた。こちらも期待したい。

 
■保育園事業者からの訴状が届く

 今回の議会では、複数の議員から吉祥寺東町で撤退した保育園事業者の件で、市の対応などについて関連する質問が出されていた。
 しかし、市長は答弁の中で、市を訴えた事業者からの訴状が6日の昼過ぎに市に届いたとして、裁判と関連する質問への答弁は行わないとしていた。訴状の中身は議会でも分からない。裁判が進むことで公開されることになるとは思うが、まずはその中身から今後の対応は考えることになりそうだ。
 


※画像はイメージ