武蔵野市内で平成30年4月開園を目指す新規認可保育園の事業者名と場所が公表された。
 
 
 武蔵野市は、緊急待機児童対策を進めており平成29年度予算に5園の新規認可保育園を目指している。今回公表されたのは、「武蔵野市待機児童緊急対策に係る認可保育所設置運営事業者公募」による応募した事業者で、4園の事業者が決まった。場所は、境南町、吉祥寺本町2園、吉祥寺東町となっている。詳細は下記。
 
 武蔵野市は、4園の他にも吉祥寺南町の市有地と境4丁目で保育所開園へ向けて対応を進めているとしている。資料は議員向けに配布されたものだ。
 
 
 ■決定した保育園名と事業者、場所、定員
 
 ▼境南すみれ保育園
  事業者名 境南すみれ保育園(株式会社すみれ)
  場所 境南町1丁目21番
  予定定員 60名
   0歳=6名,1歳=9名、2歳=9名、3歳=12名、4歳=12名、5歳=12名 

 ▼ういず吉祥寺第一保育園
  事業者名 株式会社W I T H
  場所 吉祥寺本町2丁目35番12号
  予定定員 60名
   0歳=6名、1歳=8名、2歳=10名、3歳=12名、4歳=12名、5歳=12名 

 ▼うぃず吉祥寺第二保育園
  事業者名 株式会社W I T H
  場所 吉祥寺本町2丁目23番4号
  予定定員 60名
   0歳=6名、1歳=8名、2歳=10名、3歳=12名、4歳=12名、5歳=12名 
  
 ▼マミー吉祥寺東保育園
  事業者名 株式会社ナチュラル
  場所 吉祥寺東町3-1
  予定定員 60名
   0歳=6名、1歳=10名、2歳=10名、3歳=11名、4歳=11名、5歳=12名
   
   
     ◆  
 
 市内では、他の保育園の動きもでている。全ての園が開園できることを望みたいが、周辺住民の関係づくりなど課題は残されており、慎重に進めることが求められている。政治的な動きはあってはならない。関係する人がみんなが納得して喜べるような結果を望みたい。

1

2