「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が15日の朝、強行的に成立した。

1
 
 政府与党は、参議院法務委員会で審議をしている最中で委員会としての採決を行わない「中間報告」を本会議で行い採決してしまうという「奇策」だった。強行採決以上に憤りを覚える幕引きだ。

 議論を封じてしまうのでは議会の存在意義を否定するようなものだ。賛成した自公などの国会議員は、自らを否定していることを分かっているのだろうか。官邸の意向だから忖度したのだろうか?

 議会制民主主義を否定することになり、それこそ“テロ”に思える。
 
 こんなことまで行うということは、加計学園問題がかなり危ないという認識なのだろう。そのことを自ら証明したようなものだ。
 
有権者はこのような行為を許していいのか。直近の選挙の投票行動も含めて対応が問われている。日本の未来が危ない。
 
 

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。