子どもの視力低下が明らかになっている。スマートフォンなどICT機器の影響が懸念され、「スマホ老眼」という言葉さえ使われるようになった。対策はあるか。

fc

 文科省が発表した2016年学校保健統計調査によると、裸眼視力1.0未満が、小学生約31.5%、中学生約54.6%、高校生が約66%といずれも増加し、過去最高、視力の低下が明らかとなった。報道などでは、スマートフォンやゲームなどの画面を近くで見ることが生活習慣となっていることが理由として指摘されている。


■スマホ老眼

 一方で、スマホ老眼という言葉も注目されている。

 スマホ老眼は、一般的な老眼とは異なり、20代から30代のスマートフォンを多用する層に、手元の文字が見づらい、近くのものにピントが合わず視界がぼやけるなど老眼のような症状を示すものだ。
 スマホは、いつでもどこでも気軽に使え、同じ姿勢のまま指先1つで延々と使い続けることになるため当然ながら視力への影響は大きいと考えられる。
 症状は、一時的にピントが合いにくくなるものだが、重篤化すると老眼と同じようになってしまうことも指摘されている。
 また、目の負担がふえるため目の老化が進み、緑内障などの高齢者に多い目の疾病に若くしてかかるリスクも高いと指摘されている。

 このことは、子どもがスマートフォンを使うようになった現在では、さらに低年齢化が進むとが心配されている。小型のゲーム機器による影響もあるだろう。

 しかし、このスマホ老眼は視力検査ではわからないため、実態がつかめていない課題がある。

 彩の国東大宮メディカルセンターの調査によると、学校でADHDではないかと疑われていた子どもが、実はスマホ老眼だったというケースが報告されている。
 手元が見えなくて授業に集中できないだけだったのが理由で、学校では近視の検査しかしていなかったために、このことがわからなかったという報告だ。
 同様のケースが武蔵野市にないとは言えないだろう。
 
 スマートフォンという便利な道具を使うことは否定しないが、使うことによるリスクを知り、適切に使うことが求められている。自治体としても可能な対応が必要だ。特に子どもへの対策は急務と言える。


■武蔵野市の子どもの視力

 文科省の調査は全国規模でのデータしか公表していない。そこで、先の一般質問で武蔵野市の子どもの視力の現状を質問してみた。
 
 答弁によると、平成28年度に実施した市立小・中学校の定期健康診断において、裸眼視力1.0未満が小学生は33.4%、中学生は56.8%。これは全国の平均値を上回っている。
 
 スマートフォンやゲームが視力に影響については、学年が上がるごとに裸眼視力1.0未満の児童生徒の割合が増加傾向にあるが、国が実施した意識調査によると、携帯電話またはスマートフォンを所有する本市の児童生徒の割合は、国の61.1%を上回る67.0%だったが、1時間以上使用すると回答した本市の児童生徒の割合は、国の47.8%を下回る36.1%という結果だった。

 この結果からは、本市児童生徒の視力の低さの原因をスマートフォンに特定することは難しいとしていた。


■ジョブスは、子どもに使わせない

 スマートフォンやタブレットは幼児期の子育てツールとしても使われている。そのため、幼児期の子どもの視力への影響も懸念される。

 例えばアメリカでは、2歳までは画面の中の情報を理解することができないため、スマートフォンなどデジタル機器を使うのであれば2歳以上が妥当、ただし1日1時間程度、テレビを見るなら合わせて2時間までとすることが推奨されている。

 また、もし使う場合でも、子どもに持たせたままにはせず、保護者が横に座り一緒に見て、話しかけるようにすることが必要などともされている。
 日本の近視研究会でも、スマホを使うのは1時間程度、使用したらその後は必ず休むことを推奨している。

 興味深いのは、あのスティーブ・ジョブズは、子どもたちに使わせないというがニューヨークタイムズの記事に書いてあったことだ。

 このように、ICT機器の使用による子どもの視力たちにスマートフォンなどデジタル機器が必要なのかというそもそもの議論や、使うとすれば、どの程度の時間にするのか、このような制限をすることが必要なのかを考え、子どもや保護者へ、適切な利用を呼びかけることが必要だろう。
 

■小中学校の授業では

 武蔵野市の学校教育の現場では、どのような対応をしているか。

 答弁では、小学校の保健の授業で生活行動がかかわって起こる病気の予防として、ICT機器を長時間使用することが健康に与える影響や、目の健康面を守るためにはどうしたらよいか具体的に考えさせる学習を行っている。

 中学校の保健体育科では、健康的な生活習慣の形成に結びつけられるよう、ICT機器の適切な利用についての学習を行っている。これらの学習を通して、視力へのICT機器の影響について考えさせ、これまでの生活を振り返り、健康の保持増進を図ることのできる資質能力の育成に今後も努めたい。

 また、武蔵野市学校保健委員会で、学校関係者や保護者を対象に、スマートフォンやゲームなどのディスプレーを長時間使用することがどのように心身に影響しているかについて、講師を招き講演会を開いているとしていた。

 これらの対応は評価したい。しかし、小学校の保健体育の授業時間は週3コマ。保健は1コマと考えると視力の影響を伝える時間は多くない。日常から伝えていくこと、自ら知ることも必要だろう。



   ◆

 文科省のデータから武蔵野市の現状を調べたのがこの結果だ。私は、ICT機器を手放せない毎日となってしまい、スマホ老眼ではなく実際の老眼でブルーカットが入った老眼鏡も手放せない日常だ。ICT機器の使い過ぎと目の休養も考えないと、とも思いつつ、常に実践できるとはいえない状況だ。そんな状況でいうのでは説得力がないかもしれないが、子どもには、視力への影響が多いことを知ってもらいたい。