2017年の東京都都議会議員選挙、7月2日に投開票を迎えるが、松下玲子都議会議員候補の街頭演説動画と応援弁士の動画をまとめてみた。

◇第一声で、子育ての当事者だからこそ、子育て支援の拡充と東京には福祉の充実が必要と訴える。


 
◇4年間の任期中には、新たな問題も起きる。その時に重要なのは候補者の政治姿勢。示さないのでは白紙委任と同じ。松下玲子は、脱原発、共謀罪反対は明確ですと訴えています。


◇作家の志茂田景樹さんは、読み聞かせをしながら子育てをしてきた経験がある松下玲子を都議会へ。知事の人気頼みでは困ると訴えています。



◇作家の澤地久枝さんが、アベ政治を許さないためにも、身近な政治で姿勢を示すことが必要。そのために武蔵野市からは松下玲子を都議会へと訴えています。



◇蓮舫民進党代表が、子どもの貧困を考えてほしい。国がやらないなら、東京都でやる。そのためには松下玲子が必要と訴えています。



◇山尾しおり衆議院議員は、都議会を総理のご意向で動くようなおかしな国会と同じにしてはならない。築地も豊洲もでは、余計に税金がかかる。大事な局面な今だからこそ、松下玲子を都議会へと訴えています。

◇江田けんじ衆議院議員が、権力は腐る! 知事のイエスマンではなく、ものを言える松下玲子を都議会へと訴えています。


◇松下玲子は、公約を守り築地の豊洲移転に反対した。知事が移転を決めたら公約を変えるのでは知事ファーストだと訴えています。


◇選挙最終日、吉祥寺駅での最後の訴え。人に優しい東京へ皆さんと一緒に変えていきたいと訴えています。