三多摩学童保育フォーラムは、12月10日に武蔵野市で開催される。注目されている子ども協会による武蔵野市の学童クラブの運営方法や学童クラブ対象では日本で初めてとも言われるLGBTの講座などもある。


sanntama_n
 三多摩学童保育フォーラムは多摩地域の自治体で毎年場所を変えて開催している。今年は、武蔵野市での開催となった。武蔵野市では3回目の開催となる。

 フォーラムは、午前中が全体会で午後が10の分科会に分かれて一日をかけて学び交流をする。
 全体会では、「抱きとめあう食卓〜子どもたちへ 子育てをがんばる人たちへ〜」と題して、エッセイストであり武蔵野市教育委員の山本ふみこさんの講演と「学校の子どもたち〜保健室からみえること〜」と題した学校養護教諭の笛木理恵さんの講演(会場が二箇所のためどちらかひとつしか聞けない)と熊本地震による学童クラブの被災状況の報告などがある。

 分科会は、学童クラブの初歩からクラブでの子どもの様子、国や自治体の制度、ネットリテラシーの分科会など盛りだくさんの内容となっており、子どもが学童クラブを利用していなくても参加可能だ。

 詳しくはプログラムをご参照いただくか、三多摩学童保育フォーラムのfacebookページをご覧ください。

 リーフレットはこちら。

 概要は下記。

 第28回三多摩学童保育フォーラムin武蔵野
・日時:2017年12月10日(日) 9:30〜16:00(予定)
・会場:武蔵野スイングホール(全体会、分科会)
    武蔵野市民会館(分科会)
・主催:武蔵野市学童クラブ連絡協議会・三多摩学童保育連絡協議会
・後援:東京都、武蔵野市、西東京市、小平市、府中市、東久留米市、多摩市、
    調布市、東村山市、小金井市、国立市、日野市、清瀬市ほか

forumleaflet2017_ページ_1
forumleaflet2017_ページ_2