武蔵境駅北口の市有地活用施設について、今後は、市政センターを1階に設置することを求める陳情が提出され、12月13日の武蔵野市議会総務委員会で審議された。

quola
■利便性を優先すべきか

 陳情は「武蔵境市政センターを1階に設置することを求めることに関する陳情」。
 陳情文によると、市は説明会で、高賃料が見込める1階に市政センターを配置すると収益性に問題があるため2階に設置するとしていた。2階へはエレベーターがあるが、市政センターは多くの障害者や高齢者、子どもや乳幼児を連れた若い世帯など全ての市民が利用する施設であり、市民の利便性を優先させ1階に設置することを求めている。

 委員会では、市民が2階を望んでいるのか。アンケートを取るなどをしたうえで決めるべきではなかったのか。市民意見を聞いたとは思えない。市民の意見を聞くべきだなどの意見や質問が出されていた。

 市は、市民の意見は聞いてきた。市はどこに配置するかは決めずに事業者に提案してもらった。提案では2階となっていた。1階に設置するとなると、東側(三鷹駅より)になり、駐輪場や駐車場があるので市政センターとして必要な面積が取れず構造上も難しい。武蔵野市の市政センターは、吉祥寺でも1階ではなく大きな弊害はないと考えていると答弁していた。


heimen

 採決の結果、賛成したのは、自由民主市民クラブの2名のみで賛成少数となり不採択(否決)となった。


■市政センターをどれだけ使うか?

 確かに1階に市政センターがあれば便利かもしれない。
 しかし、市民は市政センターをどのくらい使うのだろうか? 

 私の経験では年に1,2回ぐらいでしかない。しかも、市政センターに行ったのは住民票の発行だった。今では、マイナバーカードを交付すればコンビニで住民票などを発行できるため、市政センターに行かなくても済む。
 このことを考えると1階にするほどの利便性が必要とは思えない。2階建て施設(屋上利用もあるが)でありながらエレベーターが用意されているので十分ではないだろうか。

 まして施設の完成は来月だ。ここで施設を変更するとなると設計変更だけでなく建築工事が延びることになり変更に伴う補償が必要になってくる。運営事業者にも延びた分の家賃補償も必要になるだろう。
 さらに、もし1階に移せたとしても、その分の家賃が高くなり、税金の支出がさらに増えてしまう。工事の補償も税金だ。税金をここで使うことは、ほかの事業に使う税金が少なくなることを意味する。

 構造的にも無理があり、さほど使わない施設に税金を使ってまで1階に移す理由はない。市民全体の利益を考えれば、今回の不採択は当然だ。


※画像は、市のサイトから

【参考】
武蔵野市 公民連携による武蔵境駅北口市有地の有効活用について