taiki 武蔵野市は、平成30年4月1日現在の保育園待機児数を53名と公表した。昨年の同時期の120名よりも67名が減少した。


 年齢別の待機児数は下記だ(カッコ内は29年4月1日の待機児数)。

 0歳=14(46)
 1歳=29(43)
 2歳=5(29)
 3歳=5(2)
 4,5歳=0(0)

 合計 53名





 1歳の待機児数が多いのが気になるが、認証保育所の空きがあることを考えると育休を伸ばすなどで対応できる家庭が少なからずありそうだ。地域ごとの数は現状では分からないので地域バランスは分からない。

 武蔵野市は、待機児ゼロをめざし、来年(平成31年)4月を目指し、3園の認可保育園、2園の認証保育園の開園をめざしている。現状では年齢別の定員が分からないので確かなことは言えないが、認可保育園の0〜3歳の定員がさらに増えることで待機児ゼロが現実となりそうだ。

 今後の新規保育園の開設が待たれる。

 画像は、議員向けの資料から。

【参考】
武蔵野市 31年4月へ向けて認可3園、認証2園を新規開園へ