立憲民主党東京都連、三多摩ブロック主催の勉強会を開催します。立憲民主党所属自治体議員が対象ですが、市民の方やパートナーズの皆さんの参加も歓迎です。


 勉強会の概要は下記。

■テーマ リプロダクティブヘルス アンド ライツと性教育 〜初歩の初歩を知り、議会での対応を考えよう ! 〜

■講師 柘植あづみさん (明治学院大学教授)

■日時 5月18日(金) 17:00〜19:00

■会場 衆議院第一議員会館 B1 第 1 会議室

■参加費 1,000円 (議員以外のパートナーズの方は500円)

■共催 立憲民主党ジェンダー平等推進本部

■申込み/問合せは info@morisawa-miwako.com (森沢まで)


5.18勉強会チラシ リプロダクティブヘルツアンドライツとは、『性と生殖に関する健康・権利』と訳されます。1994 年にエジプトのカイロで開かれた国際人口・開発会議(ICPD)にて提唱された概念です。
 先ごろの都議会で『性教育』の発言をきっかけに議論が沸き起こっています。
 子どもたちをめぐる現実は、2016 年度全国で15 歳以下の出生数は 189 件、中絶数は 839 件となっています。
 そこで、政治、議会と教育との関係を含めて、初歩から学ぶ勉強会を企画しました。『リプロプロダクティブヘルスアンドライツ』を通して、日本の課題と現状を知り、地方や国会を含めた議会での対応などを話し合います。


 チラシはこちら


※三多摩ブロックとは、立憲民主党東京都連合に所属する自治体議員の地域別の組織のひとつ。23区で東西2つ、多摩地域を1つのブロックに分けています。三多摩ブロックには、現在、30名の立憲民主党の自治体議員、及び立候補予定者が所属。地域になるべく近いところから活動を行うために設立されたもの。東京都全体の組織もあります。