原発ゼロ基本法案を作成するにあたり、立憲民主党が全国各地でタウンミーティングを開催した様子や法案の概要をまとめた動画公開された。


 東京では2018年1月27日に永田町。2月9日に武蔵境スイングホールで開催されている。この様子や政策を市民と作り上げているプロセスも描かれている。P1460132

 国会の会期が延長されたことで原発ゼロ基本法案の審議が可能となる。ぜひ、審議をして原発への向き合い方を議論して欲しい。事故が起こったのにも関わらず国会で正式に話し合う場ができていない。風化させようとしているとの逢坂誠二立憲民主党エネルギー調査会会長の言葉は意味深く重たい。

 原発を止めなくていいのか。この動画をご覧いただき、政党のありかたとともに、多くの人に原発のことを再考して欲しい。

 私からいえるのは、原発は必要ない。経済的にもだ。そして、今回のような手法が新たな政党のひとつの大きな柱になるに違いないことだ。


 そして、条例案や事業を決める前に市民と話し合い、内容を変える手法は自治体では行われていること。国の手法としても広めたいと、企画した当事者の1人として 改めて思った。



P1460139

【参考】
立憲民主党 ゼロへの道 ROAD TO ZERO ドキュメンタリー
立憲電力をつくろう! 原発ゼロ法案TMからの提案