桜堤調理場_ページ_06 新桜堤調理場を建替える計画が進められているが、現状での概要が分かった。

桜堤調理場_ページ_07■現段階での図面

 新桜堤調理場(武蔵野市桜堤/給食センター)は、市内の児童・生徒数が増えてきており、このままでは、給食の提供数が足りなくなると予測されたため、現在の調理場の隣接地(旧桜堤小学校の敷地)で建設が計画されている。

 市はこれまで、周辺住民への説明を開催し、市議会文教委員会にも適時情報提供が行われてきている。今回公表されたのは基本設計時での簡易図面だ。今後、周辺住民や議会などからの意見もふまえ実施設計で詳細な設計が進められる。

 基本設計段階でこのような図面が示されることはあまり聞いたことがない。それだけ、周辺住民への配慮を重視していることになる。この地域では、旧桜堤小学校の校舎解体工事、高齢者施設の「くぬぎ園」の解体工事や桜野小学校の改修工事が続いていることもあり、この対応は評価できる。

※図は文教委員会に提出された資料より


■住民からの意見

 以下は、私も出席した住民説明会での主な質問を意見。今後配慮が必要な項目が多いが反対の雰囲気はなかったように思えた。必要であり重要な施設。確実に進めてほしい。



【新施設整備に関する質問・意見】
・東側境界と施設との間隔を少しでも広く整備してほしい。
・東側に建物がよるため、圧迫感を抑えた計画としてほしい。
・騒音、振動、臭気が気になる。対策を施した施設整備をお願いしたい。
・敷地南側に整備される運動公園の見通しについて教えてほしい。

【緑の保全等に関する質問・意見】
・東側の樹林帯を含め、緑をできるだけ残すような計画にしてほしい。
・西側の広場整備は、玉川上水等と連続性を持った整備をしてほしい。
・北側道路は、樹木が穆蒼としており整理してほしい。

【工事全般に関する質問・意見】
・工事中、地下をどのくらい掘削するのか教えてほしい。
・境橋からの通りは通行量が多いため工事車両の動線は配慮してほしい。

【その他の意見】
・一般市民も利用できるような施設としてほしい。

桜堤調理場_ページ_02

■基本設計を延長

 なお、基本設計は5月末の完了を目指していたが、下記の理由により7月末まで延長することになった。

基本計画策定時に定めた整備内容を反映させる中で、他市と比較して献立品目数が多いことで食缶保管庫の面積が大きくなることや建築資材・労務単価の上昇等により、施設規模及び概算費用が当初計画を上回っており、これらについて階構成の変更も含め施設規模の見直しを行うため。

◆ゞ疥拿嗣韻紡个垢訐睫晴颪任癲建物の配置や規模感について意見が寄せられており、それらの意見も基本設計に可能な範囲で反映させるため。



【資料】
2018年06月20日文教_桜堤調理場(仮称)設計の進捗状況について.pdf
2018年06月20日文教_桜堤調理場(仮称)_検討図面.pdf