「LGBTの人たちは生産性がない」とした杉田水脈議員の発言についてLGBTの子を持つ親たちが自民党に対して杉田水脈の謝罪会見と態度を変えない場合には自民党から除名を求める署名を始めた。

IMG_3350
■子どもが傷ついている

 署名が行われているchange.orgのサイトには、
『ただでさえ、普段から自分の性別や好きになる相手のことで思い悩み、「普通じゃない」といった理解のない言葉を投げかけられ傷ついています』
『日本の社会をよりよくするのが仕事のはずの政治家から発せられた発言が、子どもだちの心をさらに傷つけ、えぐっています。
 今回のニュースがきっかけで「とにかく怖い」「不安で眠れない」「自分が自分でいいのかわからなくなった」という子もいます。そして怒っています』
 と理由が書かれている。

「生産性がない」人間に税金を投入すべきでないとなると、高齢者政策や障がい者への政策へ税金を投入するなということだろうか。


■全文を読んだが、賛同できない

 杉田水脈議員の発言について「全文を読んでください、全文。『生産性がない』という表現は良くないんですが、全部読むとまんざらではない正論を言っている部分もある」と「正論もある」とのコメントがテレビで放送され、支持する意見もあるようだ(杉田議員の「生産性がない」発言を『サンジャポ』でも物議 exciteニュース2018年7月29日より)
 
IMG_3352 実際に全文を読んでみたが、『朝日新聞や毎日新聞といったリベラルなメディアはLGBTを認め、彼らを支援する動きを報道することが好きなようですが、違和感を覚えざるを得ません。発行部数から言ったら、朝日新聞の影響は否めないでしょう』『朝日新聞が「LGBT」を報道する意味があるのでしょうか』(『』内は新潮452018年8月号より。以下同)とあるように、この雑誌のメイン特集『日本を不幸にする「朝日新聞」』にあわせて批判することが目的で、そのために『子どもを作らない、「生産性」がないのに税金を投入することが果たしていいのかどうか』『政治家が人気とり政策になると勘違いする』と論じていると受け取った。

 目的はどうであれ、税金を投入すべきではないとの論について、私は「正論」とは思えなかった。『「常識」や「普通であること」を失っていく社会は「秩序」がなくなり、いずれ崩壊していくにもなりかねない』ことも、全く賛同できない。
 今回のことだけでないが、敵を作り、過激発言で注目集める「炎上商法」、もしくは、全国民の代表ではなく、一部支持者のウケを狙っているとしか思えなかった。


■国会議員は誰の代表か

 日本国憲法第43条に「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する」とあるように、国会議員は全国民を代表するのであり、LGBT、LGBTの親たちの代表でもあるのだ。
 議員それぞれに主義主張は異なっても、全国民のためにことなった主義主張から最善策をつくりあげるのが本来の政治であり、議員の本来の役目ではないか。このことを見失っているように思えてならない。
 自分が思い込んでいる正論を過激に発言する議員の存在意義。そして、自民党の政党としての考え方も問われている。


 以下は、change.orgのサイトから転載した署名の呼びかけ文。今回の発言をおかしいと思った人へ署名を呼びかけている。『当事者の生きづらさは社会からよりも親が理解してくれないことのほうがつらい』と指摘されている当事者の親たちが署名を始めている。私も、あまりにも酷すぎると考え署名した。

 署名サイトはこちら



***************************************

私たちはLGBTの子どもたちを持つ親です。
「LGBTの人たちは生産性がない」とした「新潮45」での杉田水脈議員の発言をみて、非常に怒りを覚えています。
もう自分たちの子どもがこんな風に言われるのは我慢ができません。

ただでさえ、普段から自分の性別や好きになる相手のことで思い悩み、「普通じゃない」といった理解のない言葉を投げかけられ傷ついています。

そんな中、10代の子どもたちはSNSで拡散されている杉田議員のニュースをみて、さらに不安定になっています。
日本の社会をよりよくするのが仕事のはずの政治家から発せられた発言が、子どもだちの心をさらに傷つけ、えぐっています。
今回のニュースがきっかけで「とにかく怖い」「不安で眠れない」「自分が自分でいいのかわからなくなった」という子もいます。そして怒っています。

そもそも、子どもを産めないということは「生産性がない」ということなのでしょうか。
「生産性がない」人間は生きてはいけないのでしょうか。

杉田水脈議員は今回の記事のみならず、何年も前からLGBTの人たちへの差別発言を繰り返してきました。
過去のYouTube動画では、同性愛者の自殺率が他の人たちよりも高いことを、信じられないことに笑いながら話していました。
他人とちがうことに追い詰められ、自らの命を絶とうと思う子どもがいるなんて、こんな痛ましいことがあるでしょうか。
一体何がおかしいのでしょうか。

小学生のトランスジェンダーの子どもが、この動画を見てとても怒っています。
それをみている親の気持ちを想像してください。

小学校に通う子はクラスでカミングアウトをしましたが、同級生の子どもたちは受け止めて、今も仲良く一緒に毎日遊んでいます。
小学生の子どもたちの方が、差別をする政治家たちより賢いのです。

しかし驚くことにこの発言の報道の後、杉田議員は、自民党に所属できてよかったと言いました。
これほどまでに人を傷つける発言をしながら、「自民党では大臣クラスを含め、先輩の議員方が杉田議員の言っていることは間違ってないのだと励ましてくれる」そうです。
事実なんでしょうか?

自民党の中でもLGBTについて真剣に考え、理解促進の法律作りを進めている議員たちがいると聞いています。
本音は、LGBTを傷つけ、同性愛者の自殺でさえおかしく笑うような政治家と同じなのでしょうか。

杉田議員は、LGBTの人たちは不幸だと言いました。
しかし私たちの子どもを不幸にするのは、LGBTであることではなく、LGBTに対してこのような差別をする人たちがいるからです。

親が子どもを受け入れても、社会に差別があれば、親は子どもを守ることができません。

自民党はLGBT差別を繰り返す杉田水脈議員にきちんと向かい、ダメなものはダメと示してください。
そのために、自民党は「LGBTは生産性がない」という発言に対して杉田水脈に謝罪会見を開かせてください。
態度を変えないようなら自民党から除名してください。そして、二度とこういうことが起こらないよう、差別を許さない法律を作ってください。
LGBTの人たちも、そうでない人たちも、今回の発言をおかしいと思った人はともに声を届けましょう。

**********************************