2007年05月05日

汝は人狼なりや?

昨日、「ワーウルブズ・オブ・ミラーズ・ホロウ」というカードゲームをプレイしたので
多分元ネタの「汝は人狼なりや?」を紹介。

『汝は人狼なりや?』wiki

「汝は人狼なりや?」PukiWiki

なお、こちらに近いバージョンのカードゲームも
Lupus in Tabula. :タブラの狼」として出ている模様。
「ワーウルブズ・オブ・ミラーズ・ホロウ」と「汝は人狼なりや?」の一番の相違点は
死んだとき、役職を公開するか否かという点です。
「ワーウルブズ」では公開するので、村人が人狼や預言者が生きてるかどうかわかるのですが
「汝は」では公開されないので、ニセ占い師などが横行しうる点が違いでしょう。
その分「霊能者」という役職があり、前日に吊られた人が村人か狼か知ることが出来ます。
(もちろん狼が「霊能者」を騙る可能性もあり)

こちらのルールも、なかなか面白そうなのではないでしょうか?
なお、人数表はこちら

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/goat_diary/50824159
この記事へのコメント
私もその後、少し探ってみましたが、
かなり歴史の古いゲームのようですね。
もともとは、マフィアのスパイ、
という設定だったという説もありますが、
ある時期に、狼としてルールを確立した人がいるようです。

とりあえず、狼というルールになってからは、
村人の役職が格段にバリエーションが増えて
よりゲームが面白くなっているようです。
次回大人数でプレイする機会があれば、
上記の紹介してくれたゲームに登場する、
特殊な役職も入れてみるなどして
遊んでみるのもいいかも知れませんねぇ。
Posted by TKJ at 2007年05月15日 01:25