ボードゲームアリーナのエラワでレート3位まで行ったので、攻略記事書いてみます。
検索してもまったく出ないので日本初です。需要は気にしません。
22連勝で瞬間世界3位です。
1位になれなかったのは残念ですが、レート上げがマゾいのでまた行けそうならやります。

F2DJU7iaMAEbQbv
F2DJdjhaQAEsvI7

どんなゲームか一応紹介
ボードゲームアリーナとは、ボードゲームが色々無料で遊べるサイトです。
私は宝石の煌めきもプレイします。課金すると統計なども見れるらしいです。

エラワとは部族をテーマにしたカードを集めて点数を競い、相手より点数が多ければ勝ちというゲームです。
相手を妨害する要素は「相手より先にカードや資源を取る」ぐらいしかなく平和なゲームです。
この延々と足し算をするだけのゲームがガムのように味がしみます。
人気はないと思いますが5分ぐらいでマッチングするので過疎ではない気がします。
ちなみにこの記事では「通常面」「2人プレイ」を題材にします。
上級面はまだ手を出してないですし、3人以上はマッチングが難しそうです。
初級:とにかく点数の高いカードを取る
初級にして原点というか、とにかく点数の高いカードを取るのが基本です。
18点、17点、16点、14点、13点、11点、10点は見たら取って特に問題ないです。
(15点はコスパが悪いけど取るのはOK、12点はあったっけ?)

16点
見たら取る

「人間」がシンプルに最強カードなので、初級のうちは見たら取りましょう。
なんか、テントとかカバンとか2×ほにゃららとか、難しいことを書いてるカードは一工夫しないと10点を超えません。
コスパがどうとかはあとで話しますが、基本的に人間を取りましょう。
9点以下の人間も「迷ったら人間」で初級のうちは問題ないです。

最初のうちは人間を集めたほうがとにかく勝つので、
「やっぱり足し算ゲーじゃね??」とゲーム性を疑うのですが、
そのうち中級、上級戦術に気づいていきます。


中級:焚火を管理する
いきなりこのゲームの核心なのですが、焚火管理を身に着けないと永遠に常勝できないですし、
私が負けるのはほとんど「焚火管理ができている相手」なので、これが中級戦術です。

焚き火
中央が焚火

ルールをよく読むとわかるのですが、焚火管理の重要点は2点です。
(1)焚火を取るとボーナス資源が1個もらえる
(2)最後の焚火を取ると最終ターンとなる

まず、(1)のボーナス資源がゲームバランス崩壊並に強いです。
残り1(画像では右の火打石)の資源は多少微妙なカードでも取った方がいいです。

そして、とにかく相手に「残り1」を発生させないことが重要で、
「残り2」をできるだけ取らないようにすることも重要です。
そして、「残り2」を相手に発生させるために「残り3」を取ることも有効になります。
これが焚火管理です。
ぶっちゃけ点数の取り合いだと思ってたこのゲームはいつからか焚火の取り合いになります。

(2)の最後の焚火を取ることは、要するに「勝ってたらとっととゲームを終わらせろ」ということです。
いつ終わらせるかは特に重要ですし、最後の焚火を取れば、
相手にターンが渡っても相手は焚火を取れない(ボーナス資源がない)ので、
最後の焚火は「もしかしたら負けるかも?」と思っても取ってギャンブルするほうがマシです。
また、後手なら即終わるので勝てそうならさっさと取りましょう。

上級1:テントで点数を補強する
人間と焚火の取り合いに終始するこのゲームは同じ実力の相手と戦うと、
やっと他のカードが注目を浴びてきます。
まず、テントです。正式名は「家」らしいですが、テントの絵なのでテントと呼ばせてください。

テント
テント

テントは同じ色を集めるとその分点数が増えます。
画像のように赤5枚で15点取れたりすると、人間と同じぐらい、たまに人間を超えます。
1枚だとさすがにコスパが悪いですが、2枚ぐらいからは及第点です。
さらにテント自体も2枚、3枚(テントは各色3枚あります、2×赤、3×赤、4×赤など)と
重ねていくといわゆる単色戦術も視野に入れることになり、デッキっぽくなります。
個人的には赤単が最強で、カード自体も点数が高いので勝率がよかったです。

F2DJU7iaMAEbQbv
赤単は強力

黄色単は黄色いカードがいまいち弱いのですが、その分集めやすくて勝てたりします。
緑、青は補強程度。赤緑テントとかもよくやります。
紫はテント自体のコストが高かった気がするけどよく覚えてないです。

上級2:カバンについて
正式名は倉庫らしいですが、絵がカバンなのでカバンと呼ばせてください。

カバン
カバン

結論から言うと、カバンはコスパが悪いのであまり手を出したくないです。
序盤から取らないといまいち弱い上に、序盤から戦法を固定させるほどコスパもよくないです。
しかし、1枚で20点以上稼いで高得点なこともありますし、
資源が余りがちになると「勝負の決め手はカバンでしたね」ってことも割りとあるので、
扱いが難しいカードです。戦術に迷ったらやってみるか、とか、
単に余った資源で遊ぶカードだと思えばいいと思います。

4点のカバンは場に出したならば、どんどん資源を入れましょう。資源1個4点は破格です。
とはいえ、骨はできれば入れたくないかと思います。
3点は及第点、2点は微妙。
このへんをうまく管理できるかがウマぶりですが、運で決まる気がします。
1点は捨てるよりはマシという程度、1点をどんどん入れてるようでは負けです。

カバンに共通するのは場に出すだけなら低コストなので、
テントと同じ色なら気にせず取っていいということと、
たとえ20点とったとしても場に出したコストを加味すると、
やっぱり人間やテントのほうがコスパはいいよねってことです。

上級3:コストや資源を見て最適カードを選ぶ
いや、普通カードゲームだとこれ当たり前なんですけどね?ってことが、上級に分類されます。
逆にいうと初級のうちはとにかく気にしないほうがいいんです。
それぐらい点数ゲーだと思った上で、上級戦術としてやっぱり資源が合うかも重要ということを
最後に付け加えておきます。

つまり右下の「3」「2」「1」に関しては何枚資源を取れるか、
そして手に入るのはどの資源か?
「合う資源が手に入るなら実質資源得してるな」とか
「必要資源が手札で被りすぎると負け」とか
そういう資源による負けも結構あります。このへん管理できるとよいのですが、
ぶっちゃけ本当に管理できるのかなあ?という疑問もあります。

そんなわけで、このへん管理できたら神だよなあってことで上級3として締めくくりたいと思います。

おまけ:各カード
語りたいカードについて殴り書きます。もう読まなくていいです。

18点人間
最高得点。獲得資源は1ながらコストは3種なので大体どれかヒットする。
最高ではないかもしれないがとても良いカード。

17点人間
カードを破らなくても17点入る。しかしコストが2種なのでやや集めづらい。
とはいえ17点はすごすぎる。いいから取れ。

16点人間
16点
最強かもしれないカード。
まず、コスト資源が3個である。安い。なんだこれは1個5点を超えてるじゃねーか。
しかも獲得資源が2だ。1じゃないのだ、見間違えか??
とにかく非の打ち所がない。素晴らしいカードだ。これを取らない理由はほぼないが、
最終ターンに手札0のときにこれが落ちると取れなくてウッとなる。

15点人間
15点
上の16点人間と比べて弱すぎるカード。
いや、16点人間が強すぎるのだ。いやでも17点、18点と比べても弱いぞ。
勝ってるところがない。問題の弱すぎるカードである。
しかし、15点なので取らないわけにはいかない。いや取らなくていいのか?
わからない。コスパは悪いが取るしかない気はする。

14点人間
獲得資源3でボーナス資源1個という資源のお化け。
最強カードなのかもしれないが、そんなに取っても余るだろうということで
以外と初手に取ると弱い気もする。気のせいです。いいから取れ。

13点-10点の人間
コスパがよかったり、獲得資源がよかったりで強い。いいから取れ。

9点人間(紫)
なんかコスパが悪いというか、肉肉が結構重い上に獲得資源も1個で微妙。
まあでも9点も十分高いんだけどね。

8点人間(黄)
コスパがよいが、獲得資源1個で8点なら、テントとかそろそろ見ようかってなる。
まあでも8点も十分高い(以下同文)。

7点人間(赤)
7
コスパが良すぎる。資源1個で7点。最高効率ではなかろうか。
獲得資源も2だ。すごすぎる。
しかし、カードを破らねばならない。そこはもったいないかもしれない。
とはいえ、基本取って問題ないだろう。

6点人間(紫)
コスパがよい。資源1個で6点。
しかし、獲得資源が1なので、いまいち弱く感じるカード。
いや、たぶん弱いのではないか。テントとかをとったほうが将来のためだと思う。
資源があってれば普通に良いカードではある。

ボーナス資源を取れる人間
14点以外は強さを実感できない。入る点数が低いためだろう。
あくまでオマケと考えたほうがいい。

カードを取れる人間
トリッキーではある。手札に置いておいて、いいカードが落ちたら取ったりする。
そんなうまくいくかなあと思うが、たまにうまくいって楽しい。

テント
もう上に書いた。コスパがいいぞ。人間の次に取ろう。
4点のテントは色違いでときどき0点なので、何も考えずに取るのはやめたほうがいいかも。
あと、4点テントはコストの肉肉肉をすでにカバンに入れちゃったよトホホってことが多い。

カバン
もう上に書いた。意外とコスパが悪い。
ただ、ノーコストで場に出せるものもあり、テントと色があっててよく場に出す。
コスパ悪いといいながら、低得点の人間よりはコスパがよかったりするから都度計算しましょう。

2×人間、3×人間
よさそうに見えて、人間の取り合いであるこのゲームでは人間を独占できないので、
勝負の決め手にはならないカード。終わってみればコスパが悪い。もしくはなくても勝ってる。
とはいえ、取るに値しないわけではないので普通に評価しよう。

3×テント、2×カバンなど
そんな貯まるわけないんだが、たまに貯まる。点数がついたらラッキー。
コストが軽いのもあるので、点がついたら場には出せる。
意外と6点ぐらい稼げてお得なこともあるし、黄色単で強かったりする。

2×ハンマー、3×ハンマー
ハズレです。0点です。
いや、以外と4点だったりする。
とりあえず、これで点数がつくと笑うぐらい点数がつかない。
しかも3×ハンマーはコストがすごく高かった気がする。
資源は2個ぐらい取れた気がするので取って破りましょう。

最後に
読んでいただきありがとうございました。
エラワは絵も味がありますし、足し算を延々とするのがとても楽しいゲームです。
1ヶ月ぐらいみっちりやったゲームなので、いつか手にとってみたいですね。
このゲームをやりこんだ同志が何人いるかわかりませんが、検索でたどり着いた人がいればとても嬉しいです。


駿河屋 日本語版・英語版BOX一覧
5ばさんブログ ダンボールが届いて送るだけ!MTGカード買取トレトク紹介