スタンダードで行われたイエサブ京都店GPT千葉に出場。
龍紀伝発売以来、一時13連勝だったスタンダードも最近は水曜1-1-1、FNM2-1と少し失速気味。
ちょっと実験気分で《集合した中隊》を4枚入れてみた。

アブザンアグロ
4《砂草原の城塞》
4《吹きさらしの荒野》
3《疾病の神殿》
3《静寂の神殿》
4《ラノワールの荒原》
2《コイロスの洞窟》
1《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》
2《森》
2《平地》

4《荒野の後継者》
4《羊毛鬣のライオン》
4《ラクシャーサの死与え》
4《クルフィックスの狩猟者》

4《包囲サイ》
4《アブザンの魔除け》
4《英雄の破滅》
4《集合した中隊》
2《ドロモカの命令》
1《残忍な切断》

サイドボード
4《胆汁病》
4《アラシンの僧侶》
3《世界を目覚めさせる者、ニッサ》
2《ドロモカの命令》
2《粗暴な軍族長》

《集合した中隊》

デッキ内には3マナ以下クリーチャーが16枚なので、期待値は1.6枚以下。
2枚当たればラッキー、1枚でも《クルフィックスの狩猟者》サーチカードだと思えばよし。
0枚ならドンマイ!ってことで。

<結果>
○ 青単信心 ×○○
○ 緑赤ドラゴン ○○
○ アブザンアグロ ○×○
× アブザンコントロール ×○×
△ ID
3-1-1 4位通過
○ 緑赤ドラゴン ○○
○ ティムール ○×○
× 緑赤ドラゴン ×○×
準優勝 11パック獲得

惜しくも決勝戦で敗れたものの準優勝。
《集合した中隊》はサイドアウトも多かったものの、2枚出て勝ったゲームもあった。
《クルフィックスの狩猟者》ともう1匹が出ると強いね。
<ハイライト>
1回戦 青単信心 ×○○
Game1
相手は龍紀伝で復活すると噂だった青単信心。
《惑乱のセイレーン》《前兆語り》《海の神、タッサ》《岸砕きの精霊》という場になり、
タッサが5/5顕現中。しかし、俺の《ドロモカの命令》で対処できそう。

「エンチャント生贄でよろしく!(タッサ生贄にしてねww)」

《ドロモカの命令》《海の神、タッサ》


「《惑乱のセイレーン》サクリファイスで」


…?

《惑乱のセイレーン》
どう見てもエンチャントですね…!

見落としてた/(^o^)\
このやりとりで《海の神、タッサ》が生き残ってしまい、
しかも戦闘中だったのでブロックされた《包囲サイ》が無駄死にしてしまい踏んだり蹴ったり。
その後、《波使い》も出てきて負け。

Game2、Game3
その後も《シルムガルの魔術師》で濫用してクリーチャーカウンターされたりなど、色々トリッキーなことをされるものの、こちらのクリーチャー《クルフィックスの狩猟者》《包囲サイ》のデカさが勝り、最後は《胆汁病》を撃ったりして勝ち。

《シルムガルの魔術師》《胆汁病》
スタックで濫用させなくて勝ち

その後も連勝。4回戦は負けたものの次IDで3-1-1の4位でプレイオフへ。

準々決勝 緑赤ドラゴン ○○
Game1
こちらの地上《羊毛鬣のライオン》《クルフィックスの狩猟者》《包囲サイ》対《嵐の息吹のドラゴン》×2との殴り合い。相手に《龍王アタルカ》が登場し、サイが除去される。

《龍王アタルカ》

しかし、こちらが《集合した中隊》。2匹出れば勝てる場で無事2匹のクリーチャーを追加。フルアタック+《アブザンの魔除け》で残り4点のライフを削りきって勝利。

《集合した中隊》
2匹当たって勝利!

Game2
相手の土地が止まって勝ち。

準決勝 ティムール ○×○
Game1
相手はメインから《スズメバチの巣》が入ってるティムール。《スズメバチの巣》に《火口の爪》を撃たれ、ハチが大量発生しそうだったものの《英雄の破滅》を撃って事なきを得る。

《スズメバチの巣》《火口の爪》
ハチが大量発生する危ないコンボ

結局、《スズメバチの巣》をすべて《英雄の破滅》で除去することに成功し、地上で殴って勝利。

Game2、Game3
お互いが土地事故で1本ずつ取って、結果勝利。

決勝戦 緑赤ドラゴン ×○×
Game1
相手が先手。
《荒野の後継者》《灰雲のフェニックス》《嵐の息吹のドラゴン》と登場。
全然止まらず負け。

Game2

相手が土地事故で《包囲サイ》出て勝ち。

Game3
こちらが3マナでストップ。手札に抱えた《英雄の破滅》《胆汁病》の黒マナが足りないまま、《嵐の息吹のドラゴン》などに殴られて負け。

感想
プレイオフは土地事故で決まった試合が多かったけど、お互いが攻めデッキ同士だと仕方ないかな。
思えば緑赤系のデッキに当たりまくりだった。

カード感想

《集合した中隊》
《集合した中隊》
当たるか当たらないかはビクビクなものの、今日はハズレはなかった。
2匹が2回、1匹が2回だった。

後半に引いてくる《ラクシャーサの死与え》《羊毛鬣のライオン》《クルフィックスの狩猟者》はどれも強く、《荒野の後継者》もとりあえず相打ち要員なので、出さえすれば戦力にはなる。

《クルフィックスの狩猟者》が場にいれば「トップがクリーチャー」ならそれが出るので少し安心。
トップが要らないときに使ってトップ変えたりもできる。結構テクニカル。

デッキに3マナクリーチャーがあと4枚ぐらいあれば十分なんだけど、何を試してもしっくりこないので16枚という危ない枚数になってる。それでも満足できる強さではあるかな。《風番いのロック》のような運用が出来る感じ。

ただ、サイドからは《胆汁病》が効く相手ならすぐにそれに変わってた。
やっぱ不安定だし、《包囲サイ》あればそれでええやんって感じする。

《シルムガルの魔術師》
《シルムガルの魔術師》
信心稼ぎ要員としては面白い。飛行なので、結構バシバシ殴られて怖かった。
序盤の1マナや2マナなクリーチャーを生贄にされると負けた気分になるので、
カウンターされそうなターンは警戒したいところ。

《龍詞の咆哮》
《龍詞の咆哮》
緑赤ドラゴンにバシバシ撃たれた。
よく《嵐の息吹のドラゴン》を見せられて、そうすると《英雄の破滅》を残しておける。
とは言え3点は痛い。そんなカード。

《雷破の執政》
《雷破の執政》
こちらも緑赤ドラゴンでよく出された。
たしかに除去しようとすると痛いものの、
4マナ4/4は小さいので《ラクシャーサの死与え》《羊毛鬣のライオン》《包囲サイ》で乗り越えられるし、
《アブザンの魔除け》で+1カウンターを乗せても乗り越えられる。
殴り合いに勝ってればそんなに怖くない。
もちろん負けてるとマズイけど。


最近ちょっと調子悪いかな?と思ってたので準優勝まで進めてよかった。
《集合した中隊》は1試合を戦いぬくぐらいの強さはあったかな。
使い続けて不満点がどう出てくるか見てみたいね。


駿河屋 霊気紛争日本語版BOX 早くも予約開始!
あみあみ 霊気紛争日本語版BOX
5ばさんブログ 霊気紛争商品紹介
駿河屋 統率者2016日本語版5種セット
あみあみ 統率者2016日本語版5種セット
Amazon 統率者2016日本語版5種セット
MTG Mint Card 統率者2016シングルカード 新カード予約開始!
MTG Mint Card カラデシュシングルカード
駿河屋 カラデシュ日本語版BOX
あみあみ カラデシュ日本語版BOX
Amazon カラデシュ日本語版BOX
5ばさんブログ カラデシュ商品紹介
5ばさんブログ ダンボールが届いて送るだけ!MTGカード買取トレトク紹介