オリジン最高値爆走中!
ジェスカイアグロ、青赤ライブラリアウトで3週間愛用した《ヴリンの神童、ジェイス》を徹底解説!

《ヴリンの神童、ジェイス》《束縛なきテレパス、ジェイス》

・超強力な2マナプレインズウォーカー
・どんなデッキに入る?
<変身前の動き>
・基本はメインフェイズにすぐ起動
<変身後の動き>
・+1の能力
・-3の能力
・奥義
・もう1体の《ヴリンの神童、ジェイス》も召喚しよう
<そのほか>
・《オジュタイの命令》で復活
・コントロールを奪われたジェイスが変身すると…?
<最後に>
・超強力な2マナプレインズウォーカー
《ヴリンの神童、ジェイス》は2マナで召喚できるPWだ。《ヴリンの神童、ジェイス》が如何に破格のPWであるかは2マナであるということに尽きる。PWというのは放置しておくと、どんどんアドバンテージを確保していくものであり、このジェイスも変身前、変身後ともに放置しておくとどんどんアドバンテージを稼いでいく。変身前に手札を整えて墓地を増やし、変身後に墓地の呪文を唱えるか1体のクリーチャーを無効化する。これだけのことを2マナのパーマネントが行うということは破格の性能であり、過去の《石鍛冶の神秘家》《タルモゴイフ》と並ぶインパクトあるクリーチャーであり、ジェイスの最高傑作である《精神を刻む者、ジェイス》とも比較されていくだろう。

石鍛冶の神秘家精神を刻む者、ジェイス
《ヴリンの神童、ジェイス》は2マナで登場して、4ターン目に変身する。
その様子は過去のカウブレードの動きに似ている。


・どんなデッキに入る?
《ヴリンの神童、ジェイス》は再利用の能力を持つので相当数のインスタント、ソーサリーが入っているデッキが望ましい。インスタントと言ってもカウンターを再利用してもしょうがないので、除去呪文やドロー呪文などすぐに唱えられるものでないといけない。

《稲妻の一撃》《時を越えた探索》
除去呪文、ドロー呪文などを再利用

また、墓地を増やすことで変身する点と、自身も墓地を増やす能力があるので、墓地を増やすことでアドバンテージを得るデッキとも相性が良い。

《サテュロスの道探し》《宝船の巡航》
墓地増やすカードや、墓地を使うカード(探査など)と相性が良い

<変身前の動き>
《ヴリンの神童、ジェイス》

・基本はメインフェイズにすぐ起動
変身前はルーター能力で手札を整える。基本は第一メインフェイズにすぐ使うべきだ。ドローすることによりそのターンの過ごし方が変わるので、すぐ使用して手札を整理しよう。

例外1:相手の出方を見る
特に不要カードが見当たらず、相手の出方を見たい場合はターンエンドに使用してもよい。どんなに不要カードがない場合でも、墓地を1枚増やすために能力は使うべきだ。同じカードを引いたら、同じカードを捨てればいいだけだ。

例外2:変身すると敵クリーチャーの攻撃を受ける
変身するとPWになるが、すぐ敵クリーチャーに攻撃されるようなら変身しない方がいい。忠誠度-3の能力を使う予定もなく、しかも相手からパワー4以上の攻撃を受けるようなら変身しても忠誠度が減るだけだ。こういうときは変身せず、クリーチャーのままで変身する機会を伺おう。

《嵐の息吹のドラゴン》
ドラゴンに攻撃されそうなら、変身しない方がマシだ

例外3:相手がクリーチャー除去を構えている

相手がクリーチャー除去を構えていることが分かっている場合は、あえて変身せずに置いておくのも手だ。相手はルーター能力に対応して除去を撃つつもりかもしれないが、こちらがルーター能力をずっと使わなければにらみ合いになる。

《胆汁病》《ヴリンの神童、ジェイス》
除去に対応して能力を使えば、変身して除去を回避できる

ただ、当然だが能力を使わない間はただの0/2クリーチャーとなる。何の役にも立たないので、除去を持っている確証がかければ過度に警戒せず、変身して活躍させよう。

例外4:ブロッカーとして使う
当然ながらパワー1のクリーチャーはブロックできる。また、ブロック後に変身することで、大きなクリーチャーでも1回だけブロックすることができる。

《高木の巨人》《ヴリンの神童、ジェイス》
巨大クリーチャーの攻撃もブロック後の変身で対応できる


<変身後の動き>
《束縛なきテレパス、ジェイス》

・+1の能力
パワー2を下げることでクリーチャーを1体無効化できる。小型クリーチャーを止めることはもちろん可能。こちらのクリーチャーのサイズがあれば、併用して大きなクリーチャーを止めることも可能だ。

《カマキリの乗り手》《包囲サイ》
《カマキリの乗り手》がいれば、《包囲サイ》を止めることもできる

この能力はマナがかからないので、その間に手札の呪文を使用することができる。逆に言えば何も手札にない場合はマナが無駄になるので、出来れば-3の能力を使いたい。

・-3の能力
墓地の呪文を使うことが出来る。過去に使った呪文をもう一度使うこともできるが、手札にある呪文を2回使うことが出来る点も覚えておくとよい。たとえば、相手のライフが6で手札に《稲妻の一撃》があればそれだけで勝利できる。

《稲妻の一撃》《束縛なきテレパス、ジェイス》
相手のライフが6点なら、手札→墓地の《稲妻の一撃》を使って勝てる

また、変身前にルーター能力で捨てたカードも使用できる。どうしても捨てるカードに困った場合は、再利用するつもりでインスタントソーサリーを捨てておくというのも一つの考え方だ。

・奥義
正直なところ奥義の-9は遠い。忠誠度5なので相手の攻撃で沈むことはそうそうないが、強力な-3の能力を使用した方が簡単に勝利に近づくだろう。奥義のライブラリアウト能力も、使用した瞬間に勝てるわけではないので、出来れば忠誠度を残してジェイスを置いておきたい。

・もう1体の《ヴリンの神童、ジェイス》も召喚しよう
変身したあとにさらなる《ヴリンの神童、ジェイス》があれば、さっさと召喚してしまおう。もしPWのジェイスが除去されても、すぐに変身して元通りにすることができる。さらに勝負どころとみれば、-3能力後に変身して、2連続で墓地の呪文を使うこともできる。

《束縛なきテレパス、ジェイス》《ヴリンの神童、ジェイス》
変身後はすぐに追加のジェイスをスタンバイさせよう

<そのほか>
・《オジュタイの命令》で復活!
《オジュタイの命令》
2マナクリーチャーを戦場に戻せるということで、《ヴリンの神童、ジェイス》を場に戻すことが出来る。除去されたジェイスをもう一度使おう。

コントロールを奪われたジェイスが変身すると…?

《悪夢の織り手、アショク》《ヴリンの神童、ジェイス》
相手の《悪夢の織り手、アショク》などでコントロールを奪われた《ヴリンの神童、ジェイス》は、変身すると追放されてオーナーのコントロールになる。もし相手が嬉しそうに変身させたら返却してもらおう。

※なお、露骨に「変身されたら困るなーwww」などと言って誘導するのはやめようね!

最後に
《ヴリンの神童、ジェイス》は手札、墓地から選択肢を提供する点で技量の差が出やすいカードと言える。とは言っても一方だけがコントロールしている場合は技量もへったくれもない強力カードとなるだろう。

得られた選択肢をどのように使うかはプレイヤー次第なので、使いこんで最適な使い方を追求しよう。


駿河屋 カラデシュ日本語版BOX 予約開始!
あみあみ カラデシュ日本語版BOX
Amazon カラデシュ日本語版BOX
5ばさんブログ カラデシュ商品紹介
駿河屋 統率者2016日本語版5種セット
あみあみ 統率者2016日本語版5種セット
MTG Mint Card カラデシュシングルカード 新カード予約開始!
MTG Mint Card 異界月シングルカード
駿河屋 異界月日本語版BOX
あみあみ 異界月日本語版BOX
Amazon 異界月日本語版BOX
5ばさんブログ 異界月商品紹介
5ばさんブログ ダンボールが届いて送るだけ!MTGカード買取トレトク紹介