晴れる屋大阪店ではスタンダード3回戦などの試合は途中出場できます。
2回戦からで、1戦目は不戦敗扱いになりますが、デッキの調整がしたい人や次の大会の時間まで暇な人におすすめ。

仕事終わりだと17時は大体間に合わないので、そちらは途中出場して、20時からの大会にフル出場してます。

今回は前に《逆毛ハイドラ》+《気宇壮大》が強いんじゃないかという思いつきがあったのでそちらを試す。

6《山》
8《森》
4《燃えがらの林間地》
1《進化する未開地》
3《獲物道》

4《緑地帯の暴れ者》 

4《導路の召使い》 
4《ラスヌーのヘリオン》
4《通電の喧嘩屋》
 
4《高速警備車》
4《逆毛ハイドラ》 
4《霊気との調和
4《蓄霊稲妻》
 
3《顕在的防御》 
3《気宇壮大   

サイドボード
2《集団的抵抗》

3《領事の旗艦、スカイソブリン》 
2《高峰の注入

4《ショック》  
2《焼却の機械巨人
》  
2《英雄的介入》  
 
前回《放浪する森林》を試したけど、色を考えるのが若干負担になるのと《致命的な一押し》の紛争達成で対象になるのが辛いのでもしかすると《逆毛ハイドラ》のほうが使えるかも。


結果

(不戦敗)
黒緑+1/+1カウンター 1-2
バント人間 2-0

強かったのは《逆毛ハイドラ》じゃなく・・・?

1回戦

黒緑+1/+1カウンター 1-2
 
jp_mLJOCRnTbQ

1ゲーム目:初動で攻めるとほぼ押し切れるのがこのデッキ。2T《通電の喧嘩屋》3T《ラスヌーのヘリオン》4T《高速警備車》と繋げば、3Tに8点と4Tに13点と致死量のダメージが出る。それで勝利。ただしこの場合相手のデッキがわからない。

2ゲーム目:尚初動で押せないと相変わらず《歩行バリスタ》と《深緑の機械巨人》にやられる模様。 負け。

3ゲーム目:《巻きつき蛇》+《深緑の機械巨人》はサイズアップが尋常ではない。各カードのシナジーが強い。黒足して除去を入れたい気分。最終的に《歩行バリスタ》のカウンターダメージで負け。

やはりこのタイプは勝てない。
 
2回戦

バント人間 2-0


1ゲーム目:《金属ミミック》を使った人間デッキ。2Tで出されると後続が全部強化されるけど、こちらのクリーチャーのほうがそれでもサイズがでかいので押し負けない。勝利。

2ゲーム目:相手がサイドから入れてきた《異端聖戦士、サリア》を《蓄電稲妻》できれいに除去ができたので、怖いものなし。あのサリアは天敵なので、即座に倒せないと本当にずっと辛い展開になるのでよかった。最後は《ラスヌーのヘリオン》に《気宇壮大》を唱えて勝利。
 

 
所感 

《ラスヌーのヘリオン》に《気宇壮大》でびっくりダメージ。
相手はチャンプブロックのつもりでいたりするので、そこで8/8トランプルが襲いかかる形になる。
恐ろしい子。

《逆毛ハイドラ》は出てないからわからないけど、もう一回チャレンジしてみる。

長い間赤緑エネルギーを使ってきたので、今回は自分なりに活躍したカードを解説。


《ラスヌーのヘリオン》

1

多分これが最も相手に致命傷を与えているカード。 
3ターン目に速攻持ちで4/4。毎ターンエネルギー消費するが案外エネルギーが切れない。
対戦相手によく言われるのが
「《ラスヌーのヘリオン》っていつ除去したらいいんでしょう。」 
という質問。
エネルギー切れて自壊するのを待つ人も多いみたいですが、赤緑エネルギーに限ってはほぼ切れないので即除去するのが正解だと思います。
エネルギー余らせてもこのデッキの場合特にやることない上、エネルギーを2個補充するカードがかなり多いため、「次のターンには死ぬだろう」と傍観していると結局毎ターン生き延びてます。


《通電の喧嘩屋》

2

《森の代言者》 へのアンサーカードとして最適なこれ。
相手が先行なら相打ちできるし、後手だったら先に4/3トランプルで殴り始めるので超有利。
1枚でエネルギー2個獲得するので前述の《ラスヌーのヘリオン》維持にも大活躍。
さらに《領事の旗艦、スカイソブリン》 のパイロットとしても働くのが優秀。
ただし、最近《ショック》が帰ってきたのと《致命的な一押し》があるので、そうそう生き延びれない。
でもやっぱり2Tにこれを出せると強い。何気に《顕在的防御》とも相性がいい。追加で緑1マナ浮かせておくと相手がすごい警戒してあまり除去を打てない状態にもできる。

 
《領事の旗艦、スカイソブリン》

3

対PW兵器。出してよし、殴ってよしのフィニッシャー。
低い忠誠度のPWなら出しただけで倒せるし、殴ればあのギデオンさえ木っ端微塵。
PWデッキと試合をして、ライフ1の状態からこれと《通電の喧嘩屋》だけで逆転したことも。
今は《緑地帯の暴れ者》もパイロットになれるので、メインから入れてもいいかなと考え中。


《高速警備車》

4

最近入れたカードですが、なんで今まで使ってなかったのか不明な強さ。
後半の決め手にも、序盤からの猛プッシュにも活躍し、《導路の召使い》 がブンブン乗りこなして突っ込んでいける手軽さ。
タフネスが3でなので、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》の兵士トークンにやられず、トランプル付き5点パワーで《ゼンディカーの代弁者、ニッサ》の苗木トークンを難なく 乗り越えていく貫通能力が素敵。
他の機体とも大体相打ちが取れるので、頼りになってます。

と、こんな感じです。
次回は試合結果報告と赤緑エネルギーの運用についての予定です。 


駿河屋 日本語版・英語版BOX一覧
5ばさんブログ ダンボールが届いて送るだけ!MTGカード買取トレトク紹介