2007年04月01日

新書「アブドルの帰還」発売!

今日は以前から予約を入れて手に入れた新書を紹介しよう。
題名は「アブドルの帰還」
作者は角野面毒斎。
内容はかなりぶっとんでいて、禁呪によって現代によみがえったアブドル=アルハザードが、生前自分が書いた「アル=アジフ」が近代の学者たちによって改ざんされ「ネクロノミコン」として出版されたことを知って腹を立て、邪神ナイアルラトホテプの手助けを得て時間と空間を飛び回り、それぞれの時代で著作権を主張するというもの。
はっきり言ってかなりキレた内容だが、随所にちりばめられた作者のいたずらがラヴクラフトファンやクトゥルーファンの心をくすぐる。
たとえばミスカトニック大学付属図書館に厳重保管してあるラテン語版ネクロノミコンの内容を確認するべく1928年に時間移動したアルハザードは、深夜の図書館で怪しげな男と鉢合わせしてしまい、もみ合った末に古き印を男の腹部に貼り付ける。男はもがき苦しみ、駆けつけた番犬によって噛み殺されてしまう。アルハザードは男の腹から印を回収するが、男が首から下すべてバケモノじみた姿になっていることに驚き、その場から逃げ去るのだ。
作中ではその後アルハザードは時間移動してしまうが、ここで登場する怪物の姿の男がナニモノであるかはラヴクラフトファンならおのずと想像がつくだろう。
また、作中で登場するヒロインも「昔、アセナスって呼ばれたこともあったわ」とつぶやいたり、怪しい魅力を発揮する。
物語の中盤では協力者と見られていた邪神ナイアルラトホテプの残酷で巧妙なトリックにアルハザードが絡め取られ、徐々に狂気に犯されていく過程を描き出す。
やがて狂気に扇動された民衆がアルハザードの隠れ家を取り囲み、火を放とうとする。追い詰められたアルハザードを助けるのはチャンドラプトゥラと名乗る男。
この男もまた、時間移動が可能なのだという。
危ういところを助けられたアルハザードだったが、邪神の罠は彼をさらに追い詰めていく。
物語の終盤、時間と空間を我が物とし、姿無き精神体へと昇華したかに見えたアルハザードだったが、邪神の最後の罠が彼を破滅へと追い詰める。
彼は738年のダマスカスへと飛ばされてしまう。
じりじりと太陽の照りつける街角で彼が見たものは、狂気に犯されたかつての自分自身だった。
この物語の結末は実際にあなた自身の目で確かめていただきたい。
  
Posted by goblinking999 at 00:00Comments(3)その他 

2006年06月02日

生扉話にならん

サーバーダウンしてるようじゃ話にならんね。このブログ。
こっちにひっこしますね。
ttp://mikosinyudou.blog69.fc2.com/  
Posted by goblinking999 at 22:29Comments(0)

2006年05月31日

Akanimakの戦い

男が一人、立っていた。
男の名はAkanimak。
男の立っている場所は誰もがすでに忘れ去ったような、荒れ果てた地だ。
男の足元には無数の銃火器が突き立てられている。
男は目を閉じ、時を待った。

一陣の風が吹き、土煙が吹き飛ばされると、はるか彼方より現れた巨大な影が目に映った。
男はまず、大型の重火器を手に取り、雄たけびと共に弾丸を発射しはじめた。
銃口から撃ちだされた弾丸は、巨大な影にぶちあたると、爆風を巻き上げて炸裂した。
巨大な影はひるむことなく、むしろ、足取りを速めて男の方へと向かってくる。
男は弾丸を撃ちつくすと、次々と足元に突き立てられた銃を引き抜き、巨大な影に向かって弾丸を撃ち続けた。
さらに男はその巨大な影が、周到に設置しておいた大タル爆弾Gの上を通過する時を狙って弾丸を撃ちこみ、起爆させた。
凄まじい火柱があがり、影を覆っていた霞が消し飛ばされる。
その巨大なものは、山ほどもある龍だった。
男は弾の切れた銃を投げ捨てると、今度は祖龍の弓を手に取り、ぎりぎりとひきしぼり、目前に迫った龍に向かって絶叫した。

「まだ早い!まだ来るのは早いんだ!ラオシャンロン!」

その龍は男の声など耳に入ってもいないかのごとく、さらに男に迫り来る。
男は引き絞った弓を放ち、再び闘いを開始した。
乱れ飛ぶ弓矢。ほとばしる血しぶき。
しかし、龍は歩みをとめることなく、どんどん迫って来る。
男はついに祖龍の弓をも投げ出し、眼前に迫った龍に向かって叫ぶ。

「ここは!通さない!」

そして背中に手を回すと、両手に青黒く輝く封龍剣【超絶一門】を持って両腕を広げ、眼前に迫った龍の前に臆することなく立ちはだかった。
それでも歩みを止めない龍の鼻面に、双剣乱舞をお見舞いした。
しかし、龍は歩みを止めないので、男は両手でその顔面に張り付く格好となった。
男は、しかしまだ、あきらめていなかった。
両手の封龍剣を龍の顔面に突き刺し、両足で踏ん張ってみた。
だが、やはり龍の進攻は止まらない。
男は怒号を上げ、龍の目をにらみつけた。

龍の目に、男は映っていなかった。
龍の目に映っていたのは、

こんがり肉Gだった。

男は後ろを振り向いた。
男の後ろには、砦への入口が迫っていた。
そして、そこには、こんがり肉Gを持った、何百という狩人たちが、龍をおいでおいでと呼んでいるではないか。

男は気が遠くなっていくのを感じた。
男が気を緩めた途端、男の体は上空高く投げ飛ばされていた。

気を失うその前に、男は最後の叫びを発した。

「せめて金曜の夜までいてくれーーー!!!ラオシャンロン!!!!」

 劇 終  続きを読む
Posted by goblinking999 at 18:44Comments(4)モンスターハンタードス 

2006年05月30日

男子寮内で交わされる密談について

古塔にて、その四

ついにやってきた金火竜だが、秘境の七つ道具とかいうブツがないと、金火竜に会うことすらままならないということは先日書いた。
その七つ道具のうちの五つ道具が報酬として支給されるクエストが、火竜のねぐらクエストである。
ねぐらというだけあって、いつもの古塔とはおもむきを変え、リオレウスと蒼リオレウスがダブルで登場。実際にはダブルで戦わずにすむからそれほどでもないけど。
さて、気になるのがこの二匹、蒼と赤の雄リオ二匹で、一体何をしているのかというところだろう(そこ?)
一説によれば、この古塔はリオ種の男子寮的な場所であり、蒼と赤の二人はここで夜ごと恋バナに花を咲かせているらしいのだ。


蒼「兄貴イ、俺、桜ちゃんにぞっこん惚れちゃったんだ〜。この思い、どうやって伝えたらいいんだろうなあ」
赤「蒼吉。雄は黙って雌を守るもんだぜ」
蒼「兄貴イ、そんなん今時流行んないっすよ〜。兄貴だって、緑ちゃんにメロメロなんだからあ、この際、二人で告っちゃいましょうよお」
赤「ば、ばっきゃろー!そんな軟派な真似できるかよ!」

(死語の嵐)  続きを読む
Posted by goblinking999 at 19:32Comments(6)モンスターハンタードス 

2006年05月29日

ディーモンファイヤートロン ウイズ赤青Ver.Gintakeの行方

まず。
悪魔の手毬歌
いったいぜんたい、どうしたといのだ。
確かに、オレはドス上で「もうすぐ悪魔日記公開予定だから」と、しゃれで言ったことはあったが。
まさかこの人がブログ作るとは思わなかった。

まっことー世の中なにがおこるかーわからんとです。

さて、本題に入ろう。
先日、当ブログにて公開した私の怪しげなスタンダードデッキ、ディーモンファイヤー ウイズ赤青だが、なんと竹さんがわざわざ改良点を加えて新たなデッキレシピを作ってくれた。
てなわけで、早速昨日はバーKAYASUにてそのレシピを現実のものとするべく、デッキの改築に挑戦してみた。
しかーし。彼のレシピにあったカードのうちのいくつかは、私の手元になく、おまけにレアカードということもあって、簡単には手に入らないようである。
特に最近発売されたばかりのディセンションに含まれる「研究+開発」は、あまりディセンションを開けていない私には、そんなカードがあることすら知らないという有様であった。
早速バーKAYASUのマスターに「研究+開発」がシングル売りされていないか聞いてみた。
「売り切れましたね」
とマスターが答え、隣にいた竹さんが
「俺が買い占めました」
あんたか。あんたかーーーーーーーーー!!!

まあ無いものは無いので、足りない部分は適当に(いいのかよ)補って、新デッキが出来上がった。

「ディーモンファイヤートロン ウイズ

長いからデッキ名変えよう。

「悪魔トロン」

さすがに短すぎたか。

  続きを読む
Posted by goblinking999 at 19:47Comments(5)マジックザギャザリング 

2006年05月28日

秘境に黄金の龍を見た!

ついに!モンスターハンタードスのオンラインに金火龍がやってきた。
こいつは言わずと知れたリオレイアの希少種で、黄金に輝くその鱗は見るものを魅了して止まないといわれている。
一説によると、アマテラスはこの龍を見てナイトオブゴールドを作ったとさえ言われているとかいないとか。(10割妄想)
いやー行って来たよ。金火竜。
場所は古塔。おまけに一緒に桜火竜も出てきちゃってもう大変。
しかし!この日のために作り上げた雷神剣インドラで、金の鱗をざっくりざくりと切り刻み、見事討伐成功!
いやー、俺も強くなったね。うんうん。



















すみません。うそつきました。
秘境セットがなくて、見ることすら出来ませんでした。  続きを読む
Posted by goblinking999 at 08:51Comments(1)モンスターハンタードス 

2006年05月27日

DemonFire

DemonFire

マジックザギャザリングのラヴニカブロックにおける第三エキスパンション、ディセンションが発売されてしばらくたつが、一向にスタンダード構築をやる気が起きないでいた。いつからスタンダードがつまらないと感じるようになったんだろう。
まあそれはさておきだ。
先日、バーKAYASUで、ディセンションのパックを無駄にぱりんぱりんとめくっていたら、一枚のレアカードに目が止まった。

「悪魔火」ソーサリー
X赤
クリーチャー一体かプレイヤー一人を対象とする。
悪魔火はそれにX点のダメージを与える。
このターン、これによりダメージを与えられたクリーチャーが墓地におかれる場合、代わりにそれをゲームから取り除く。
暴勇ーあなたの手札にカードが無い場合、悪魔火は呪文や能力によって打ち消されず、そのダメージは軽減されない。

私の赤単魂にメラメラと火が灯った。
打ち消されない、軽減されないとくれば、あとは手札をダンプして、くそマナ出して20点相手に叩き込むだけで勝てるなあ、、、
確か基本セットに性懲りも無くウルザ地形が入ってたなあ。
スタンダードやめたといいつつも、なぜか黒こげとか四枚とってあるなあ。
炎の印章も帰ってきてたなあ。

気がつくと、まっかっかなバーンデッキが出来上がっていた(テラハヤス)
レシピを載せてみよう。
めんどくさいからやめよう。
いや載せないと話が続かないか。

「ディーモンファイアートロン」
悪魔火  4枚
炎の印章 4枚
ショック 4枚
火山の鎚 4枚
黒こげ  4枚
血の手の炎 4枚
罰する者、ゾーズー 4枚
Pyromatics 4枚
巨大ヒヨケムシ 2枚
煮えたぎる歌 3枚
ウルザ地形 4枚づつ、計12枚
あと山。

えとね。竹さん。笑い転げてないで。
これでまずは手近にいたSTマサトを叩き台にすべく、デュエルスタンバイ。

先攻、STマサト。
セットランド、、、山。タップして怒り狂うゴブリン召喚。
いたよ。ここにも。赤い人が。  続きを読む
Posted by goblinking999 at 18:30Comments(2)マジックザギャザリング 

2006年05月25日

俺とお前とモンスターハンター

なんか久しぶりの更新ですねえ。
正直この数日は精神的にキッツい毎日だったので、ブログとかにへらと書いてる余裕はございませんでした。
といいつつも、ドスはきっちりやってるわけですが。
きっついときも笑顔と遊びは忘れずに、がモットーの私ですので。はい。

ここ数日の間に、町に蟹とか錆びたあんちくしょうが攻めてきたり、闘技場でレイアレイアと戦ったり、閃光玉ではめたら楽勝だったり、紅玉でたり、いろいろあったわけですが。

まあとりあえずなんですか。
ドスの狩人仲間との楽しい食事風景とかVTRにしてみたんで、見てやってください。なお、すべてのPCでちゃんと再生するかは責任もてませんが。
動画をアップするのって初めてなんで、ちょっと半信半疑ですが。

食事風景


さて、みんな仲良くぶったおれたところで今日はここまで。  
Posted by goblinking999 at 18:35Comments(0)モンスターハンタードス 

2006年05月22日

定時連絡

更新しばらく止まります。  
Posted by goblinking999 at 12:52Comments(0)その他 

2006年05月18日

老山龍砲とマズルブレーキ

昨日も例によってドス。
まあ色々やって、時間も時間だし、そろそろ寝ようかと思ったら、季節は温暖期に。
と、カインくんがキリンをハメ殺しに行くと言う。
まあもう寝るよ、と言いつつジェイドストームをかついで出発ロビーに並ぶ私なのでした。

雪山でのキリンハメポイントはΔ稜β僂亮錣取れる所。ここに全員で集まり、キリンに散弾を撃ちまくるわけだ。
早速試してみたが、モス君、カイン君、シルフィードさんは撃ち続けられるのに私だけ前にずり出てしまい、みんなの弾丸を一身に受けるはめに。
キリンじゃなくて私がハメられてるやん。
どうやら反動が激しくて軸がずれてしまい、そうしているうちにみんなの前に出てしまうらしいのだ。  続きを読む
Posted by goblinking999 at 19:32Comments(0)モンスターハンタードス