Hello, world!

リアルの独り言

はじめまして。リアルです。 名前の由来は、現実(いま)を大切にしていきたいという想いで付けました。 日々の生活で思ったこと感じたこと気づいたことを書いています。 趣味は、読書、音楽鑑賞、カラオケ、自転車、血液型占いです。 日記を読んでビビッ!と来た方はお気軽にコメントお願いします。

ブログネタ
雑学 に参加中!
巷では長子は真面目、中間子は世渡り上手、末っ子は負けず嫌い、一人っ子はマイペースな性格だと言われていますね。
職業においても兄弟順の傾向が顕著に現われており、東大生は長子、政治家は中間子、スポーツ選手は末っ子、芸術家は一人っ子が多いそうです。
そこで、今回は音楽アーティストの兄弟姉妹型はどれが多いかを検証してみます。

【長子】
綾小路翔(氣志團)
石井竜也(米米CLUB)
大橋卓弥(スキマスイッチ)
草野マサムネ(スピッツ)
さだまさし(元グレープ)
つんく♂(シャ乱Q)
Fukase(SEKAI NO OWARI)
藤井フミヤ(元チェッカーズ)
布袋寅泰(元BOOWY、元COMPLEX)
松本孝弘(B'z)
YOSHIKI(X JAPAN)
AI
絢香
飯田圭織(元モーニング娘。)
倖田來未
Saori(SEKAI NO OWARI)
高橋みなみ(元AKB48)
中澤裕子(元モーニング娘。)
西脇綾香(Perfume)
和田アキ子

【中間子】
ASKA(CHAGE and ASKA)
ISSA(DA PUMP)
井上陽水
GACKT(元MALICE MIZER)
鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
黒田俊介(コブクロ)
橘慶太(w-inds.)
TERU(GLAY)
堂珍嘉邦(CHEMISTRY)
松山千春
安倍なつみ(元モーニング娘。)
石川梨華(元モーニング娘。)
越智志帆(Superfly)

華原朋美
篠田麻里子(元AKB48)

【末っ子】
稲葉浩志(B'z)
岡野昭仁(ポルノグラフィティ)
小田和正(元オフコース)
川畑要(CHEMISTRY)
北川悠仁(ゆず)
吉川晃司(元COMPLEX)
桑田佳祐(サザンオールスターズ)
小渕健太郎(コブクロ)
桜井和寿(Mr.Children)
DAIGO(BREAKERZ)
高見沢俊彦(THE ALFEE)
TAKURO(GLAY)
谷村新司(元アリス)
玉置浩二(安全地帯)
Toshl(X JAPAN)
長渕剛
根本要(スターダストレビュー)
氷室京介(元BOOWY)
平井堅
福山雅治
藤原基央(BUMP OF CHICKEN)
南こうせつ(元かぐや姫)
森山直太朗
山崎まさよし
安室奈美恵(元SUPER MONKEY'S)
大島優子(元AKB48)
荻野目洋子
樫野由香(Perfume)
椎名林檎(元東京事変)
中島美嘉
西野カナ
一青窈
平原綾香
藤本美貴(元モーニング娘。)
前田敦子(元AKB48)
松たか子
松田聖子
持田香織(Every Little Thing)
森高千里
吉岡聖恵(いきものがかり)

【一人っ子】
奥田民生(ユニコーン)
河村隆一(LUNA SEA)
Kj(ドラゴンアッシュ)
小室哲哉(TM NETWORK)
坂本龍一(元YMO)
スガシカオ
hyde(L'Arc〜en〜Ciel)
氷川きよし
星野源
前田亘輝(TUBE)
槇原敬之
水野良樹(いきものがかり)
山下達郎(元シュガーベイブ)
aiko
青山テルマ
今井美樹
宇多田ヒカル
大塚愛
大本彩乃(Perfume)
柏木由紀(AKB48)
きゃりーぱみゅぱみゅ
倉木麻衣
浜崎あゆみ
May J.
yui(FLOWER FLOWER)

アーティスト100人を調べたところ、長子が20人、中間子が15人、末っ子が40人、一人っ子が25人でした。
よって、音楽アーティストは末っ子が多いことが判明しました。

・末っ子は生まれた時から上に兄や姉という身近なライバルが存在する。いつか追い抜いてやろうと常日頃思っていたこともあって負けん気が強い。

・一人っ子は1人で過ごす時間が多かったため自分の世界に入りやすい。才能はあるけれどマイペースであまりガツガツしていない。

・長子は世話好きでリーダーシップがあるけれど、兄弟の中で一番上であったため仕切りたがる。

・中間子は上と下に挟まれて生きてきたため空気が読める。その反面、自分の立ち位置に悩むことも。

そんな傾向があると思うのですが、皆さんはどうお考えですか?





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

image

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
1日1枚。 に参加中!
image
2017年も後3日ですね。

皆さんにとって今年はどんな1年でしたか?
毎年言ってるような気がしますが、1年が終わるのはホント早いですね。
そこで、「ベストショット2017」と称してお気に入りの景色をピックアップしたいと思います。

冬の北大キャンパス。
辺り一面に広がる雪景色。
青く澄み渡る空。
生い茂る木々。
秋の銀杏並木とは違う趣きがありました。

image
大通公園の桜。
今年も綺麗に咲いていました。
太古の昔から現在、遥か未来でも見るであろう光景。

桜を見るたび日本に生まれて良かったと実感します。
image
夏の支笏湖。
テントで涼んだり、砂遊びをしたり、泳いだり、ボートに乗ったりetc・・・。
皆さんそれぞれ楽しんでいた模様。
image
野幌森林公園。
札幌市、江別市、北広島市の3市にまたがる自然公園です。
敷地がとても広いので散歩をするには最適なスポットです。
歩いてる時にふと見た夕陽が綺麗でした。
image
夏の恵庭渓谷。
写真は白扇の滝。
水の勢いが非常に強くて地面にも音が響くほどでした。
秋にも行きましたがそれは後ほど。

image
秋の恵庭渓谷。
写真は三段の滝です。
紅葉を見ると気分が高揚しますね。
ああ、後少しで厳しい冬がやって来る・・・。

image
大通公園のホワイトイルミネーション。
今年で37回目を迎えました。
カップルや家族連れ、ただの通行人から外国からの観光客まで人がたくさん。
国内だけでなく海外にも知られていると思うと凄く嬉しいです。

24059704_1982092178673745_8614431261529069260_o
以上、ベストショット2017でした♪
2018年は一体どんなショットが撮れるだろう。
それでは、良いお年を。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
TBS に参加中!
image
昨日、毎年恒例のクリスマスの約束を見ました。
2001年に始まり今回で17回目を迎えました。
小田和正さんは今年70歳になりますます円熟味を増しています。
艶のある歌唱力、音楽へのストイックな情熱は他の誰にも真似できないほどです。

オープニングは「言葉にできない」の弾き語りでした。
小田さんの歌声が会場中に響き渡りました。
弾き語りは歌がとってもよく聞こえるので非常に好きです。

小田和正、根本要(スターダストレビュー)、スキマスイッチ(大橋卓弥、常田真太郎)、水野良樹(いきものがかり)からなる委員会バンドは年々クォリティーが上がっています。
MCでは小田さんの年齢について話題になっていました。
小田さんが今年で古希になったことに触れ、大橋は「僕はあと31年歌わなければ小田さんに追いつくことができない。しかも第一線で活躍していて凄い。」と話していました。
うーむ。気の遠くなるような年数ですwww
今年はムッシュかまやつが亡くなったこともあり、かまやつメドレーが披露されました。
かまやつ氏の曲は時代が違うのであまり知りませんでしたが、「バンバンバン」だけは知っていたので流れた時には思わずテンションが上がりました。
名曲は何年経っても色あせないですね。

今回、初めてのゲストに熊木杏里が出ました。
彼女は金八先生第7シリーズの挿入歌「私をたどる物語」を歌っていたので、名前を聞いて少し懐かしい気持ちになりました。
生の姿を見ると素朴で可愛らしい女性という印象を受けました。
小田さんとのコラボ曲は「新しい私になって」で、2006年に資生堂のCMで流れて話題になっています。
「本日私はフラれました・・・、忘れます、忘れます、新しい私になって~」のフレーズが妙に耳に残りました。

和田唱との映画音楽メドレーは圧巻でした。
「ホワイトクリスマス」、「ムーンリバー」、「マイ・フェイヴァリット・シングス」、「星に願いを」といった名曲が次々と披露されました。
中でも「マイ・フェイヴァリット・シングス」はお客さんの合唱もあり会場が一体化していました。
MCでは夏の間に練習を始め、どんな曲をやるか徹底的に突き詰めて行ったエピソードが明かされました。
そのせいか、どのコラボよりも熱気があって完成度が高いと思いました。
個人的には小田和正&和田唱のコラボが一番好きです。

松たか子&JUJUの女性陣の活躍も見逃せません。
松たか子の透き通った歌声、JUJUの独特のハスキーボイス。
全くタイプの違うシンガーですが、二人がいると番組に彩りが加わりますね。
これからも出演し続けてほしいです。

最後に番組に携わってきたスタッフへの哀悼の意を込めて「the flag」が歌われ、クリスマスの約束2017は幕を閉じました。
今回もたくさんのドラマが生まれ、一夜明けた今日もまだ余韻に浸っています。
この先どれだけ続くか分かりませんが、最後まで見続けたいと思います。




































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

image

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
美人 に参加中!
最近、東大王で非常に気になる方がいます。
東大王チームの紅一点・鈴木光さんです。
経歴を見ましたがあまりにもハイスペックで言葉が出ません・・・。

・小学2年生で英検2級合格。
・筑波大付属高校時代は常にトップクラス。
・名門スタンフォード大学に提出した論文が認められ表彰された。
・東大文科一類には推薦入学。
・将来の夢は国際弁護士。

さらに、美人で佇まいが上品、英語の発音がネイティブ並み、世界遺産に精通している、絶対音感があるなど神様は二物どころか五物は与えてるんじゃないかと思います。
いつか水上颯、伊沢拓司、鶴崎修功の三人を倒し女王に君臨する姿を見てみたいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
X-JAPAN に参加中!

X JAPANは1982年に結成し、1989年に「紅」でメジャーデビュー、CD総売上枚数は3000万枚以上の伝説のグループです。
派手なビジュアル、激しくも美しい音楽性で当時の若者に絶大な人気を誇っていました。
一方で、TAIJIの脱退、Toshlの洗脳&脱退、衝撃の解散、HIDEの自殺、10年ぶりの再結成、SUGIZOの加入、TAIJIの逮捕&自殺など数々の騒動がありました。
特にHIDEの自殺は衝撃が大きく、ファンの中には後追い自殺者も出るほどでした。
インタビューで過去を振り返る時、時折涙を浮かべながら話すYOSHIKIの姿がとても印象に残りました。
もしもToshlが洗脳されずHIDEが自殺しなかったら、もっと早く世界進出に成功したかもしれません。
しかし、数々の苦難や悲劇を乗り越えたからこそ人々に勇気と感動を与えられるグループに成長したんだと思っています。
「WE ARE X」は過去と現在、そして未来をつなぐドキュメンタリーフィルムです。
興味がある方はぜひ手に取って見てください。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
コネタ に参加中!
2017年・上半期】新語・流行語ベスト10
https://matome.naver.jp/odai/2149674695538494101

2017年・上半期】新語・流行語ベスト10
https://matome.naver.jp/odai/2151040055687944601

2017年流行語大賞が発表されましたね。
栄えある大賞はインスタ映えと忖度(そんたく)に輝きました
その他には〇〇ファースト、35億など色々ありますね。
そこで、流行語を自分流にパロディにしてみました♪

・インスタ映え⇒インスタ萎え

うつヌケ⇒つつヌケ

・海の王子⇒腹黒の王子


うんこ漢字ドリル⇒まんこ漢字ドリル


共謀罪(きょうぼうざい)⇒狂暴罪

・黒髪強制⇒坊主強制

けものフレンズ⇒けだものフレンズ

・ずぶずぶの関係⇒ずたずたの関係

線路迷走⇒進路迷走

忖度(そんたく)⇒損得

・ナスD⇒ナスB

・〇〇ファースト⇒自分ファースト

・〇〇に使っていいよ⇒私をオカズに使っていいよ♡

うーん。これくらいしか思い浮かびませんでしたm(__)m
他に思い浮かんだ人いたら教えてくださいね


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
クリスマス イルミネーション に参加中!
大通公園のホワイトイルミネーションは綺麗です。
光と雪が融合したまさに芸術品です。
夢の世界かと思うほどのファンタジーな空間。
一度味わってしまったらもう忘れられません。
今年で37回目になりますが例年通りたくさんの観光客で賑わっています。
今回もきっと皆さんの心に深く刻まれることでしょう。
24059704_1982092178673745_8614431261529069260_o

24291490_1982092195340410_5665352036561118078_o

24173868_1982092115340418_8763265467834447761_o

24131934_1982092118673751_5045173549713691451_o

24130385_1982092108673752_2138073942177720833_o



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ライブに行って来ました。 に参加中!
さだまさしのコンサートに行って参りました。
体調不良によりわずか3曲歌って中止した6月6日の鬱憤を晴らすかのような熱の入った公演でした。
18時に開演のベルが鳴りさださんが登場。
さっそく観客の前で深々と頭を下げ謝罪していました。

オープニングは「Birthday」から。
さださんの歌声に元気があって一安心(^^)
これはきっと凄いことになるぞと予感しました。

MCに入りまずは風邪についての話題に。
さださんはこれまで風邪によりコンサートを5~6回延期したことがあり、延期がニュースになったのは今回が初めてだそうです。
弁当屋のおばちゃんにまで「さださん、風邪大丈夫?」と聞かれたらしく、「俺、今が一番人気がある時期なのかも。」とジョーク交じりに話していました。
風邪をポジティブにネタにしてしまうとはさすがです^^

「絵はがき坂」、「桃花源」、「異邦人」と3曲続けて古い曲を披露。
MCで40年位前にこれらの曲を聴いていた少年少女達も今ではもう50歳。
そして自分は今年でデビューして44年になる。
ここまで歌を歌い続けられたのは皆さんのおかげだと語り、会場からは大きな拍手が送られました。
まさに生きた伝説ですね。

5曲目の「関白宣言」は名曲中の名曲です。
演奏してまもなく一旦ストップしMCに。
リリース当時は「飯はうまく作れ」、「いつも綺麗でいろ」といったフレーズが独り歩きして女性差別だとバッシングされ、その他にも「雨やどり」では軟弱、「防人の詩」では右翼などありとあらゆる悪口を言われたそうです。
悪口を言われるということはそれだけ曲のメッセージが強かったというべきか・・・。

そして、さださん流の男女観が語られましたが非常に興味深かったです。
女は最初はうさぎのように可愛く風が吹けば死んじゃうんじゃないかというくらい弱いが、年月が経つにつれパワーアップしてドラゴンのようになる。
男は若い頃はライオンのようにたくましくて力強いが、次第に弱体化して小さいハムスターのようになるとのこと。
「日本全国どこを回ってもどうしてオバサンはこんなにもよく喋るのだろう。」と嘆いていたさださん。
天下のさださんもオバサンには頭が上がらないのかもしれません(笑)

新曲コーナーでは、詩島への想いをロック調で唄った「詩島唄」、長崎弁をラップにした「GENAH!」、来年の盆踊り用に作った「たくさんのしあわせ」の3曲が紹介されました。
さだ工務店のメンバーが登場し、EXILE風のダンスをしたり、手拍子を叩いたり、盆踊りの振りをしたりと会場の熱気は頂点に達しました。

「敗戦投手」と「つばめよつばめ」の前のMCでは野球について語っていました。
さださんは小さい頃から野球が大好きで、ずっと王と長嶋のいる読売ジャイアンツのファンでした。
ところが、1981年に長嶋がジャイアンツの監督を解雇されたことをきっかけにジャイアンツファンを辞めてしまいます。
それからしばらくお気に入りの球団が見つからないまま時が流れて行きました。
1987年に憧れだった関根潤三がヤクルトスワローズの監督になったのを機にヤクルトファンに転身します。
ヤクルトの選手達との交流も始まり、その頃に栗山英樹(日ハム監督)と出会います。
昨年日ハムが優勝した時、さださんは自分のことのように喜んでいました。

一方のヤクルトは非常に弱く、今年は96敗しぶっちぎりの最下位でした。
さださんはヤクルトが負けると悔しいし凹むと話していました。
でも負けている時こそ必死に応援し、勝っている時には控えめに応援するのが本当のファンではないかと持論を展開していました。
「つばめよつばめ」は低迷中のヤクルトに向けた応援歌ですが、愚痴が混じっていることもあり応援歌にふさわしいかどうかは疑問です(笑)

「避難所の少年」という曲はとても印象に残りました。
「帰れない町を故郷と呼び 何も無い場所を我が家と呼ぶ」のフレーズは胸に突き刺さるものがありました。
3.11が起きてから今年で6年が経ちますが、まだまだ震災の傷跡は癒えていません。
MCで「風に立つライオン基金」は今年の7月に公益財団法人の認定を受け、被災地への復興支援、「いのち」を守るために闘っている個人や団体への支援、また人材の育成を進めて行くと話していました。
まだ設立されて2年ちょっとの法人ですが、これから何十年・何百年と続いてほしいと願っています。

さださんのコンサートは涙あり笑いありで、5か月間待った甲斐がありました。
2017年も残り2か月弱ですが、これで年末まで乗り切れそうな気がします♪
DOrZp2PUMAE0yOw

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ

Hello, world!