Hello, world!

リアルの独り言

はじめまして。リアルです。 名前の由来は、現実(いま)を大切にしていきたいという想いで付けました。 日々の生活で思ったこと感じたこと気づいたことを気ままに書いています。 趣味は、読書、音楽鑑賞、カラオケ、自転車、血液型占いです。 日記を読んでビビッ!と来た方はお気軽にコメントお願いします。

ブログネタ
尾崎豊 に参加中!
「血は水よりも濃い。」
音楽の日に出演した尾崎裕哉を見てそう思いました。
尾崎裕哉は1989年7月24日生まれの26歳。
父親は伝説のロック歌手の故・尾崎豊です。
裕哉が2歳の時に亡くなってしまったため、父親との記憶はほとんどないそうです。
その後、母親と共にアメリカに移住しています。
物心がつくにつれ、自分の父親はどんな人だったんだろうと想いが強くなったと語っていました。
ある日ギターを手にして歌ってみたところ、自分の歌声が父親にあまりにも似ていたため驚いたエピソードが紹介されていました。

父親の名曲「I LOVE YOU」とオリジナル曲「始まりの街」の二曲が披露されました。
裕哉の歌はTVで聴くのは初めてでしたが、綺麗で優しい歌声で凄く心地良かったです。
時折、感情を込めて熱唱する姿は父親を彷彿させました。
ただ、比較して見るとどこか違う点もあると思いました。
父親は感情の表現が豊かでワイルドさがあるのに対して、裕哉は真面目でスマートな印象を受けました。
今後も何かと父親と比較されると思いますが、裕哉は裕哉の世界観を築き上げて行ってほしいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
NBA に参加中!

サンアントニオ・スパーズのティム・ダンカンが19年間の現役生活に終止符を打ちました。
私がダンカンを知ったのは1997年でした。
この年のスパーズは怪我人が続出し、20勝62敗という球団史上最悪の成績でシーズンを終えました。
エースセンターのデビット・ロビンソンは32歳とベテランの域に入っており、チームはロビンソンの負担を減らせる優秀なパワーフォワードを求めていました。
ドラフト当日、スパーズは1位指名権を引き当て迷わずダンカンを指名しました。
ロビンソンは当初からダンカンの潜在能力を認めており、自分の持っている全ての技術をダンカンに継承しました。

ダンカンは1年目から抜群の身体能力と高いバスケIQを武器に大活躍。
それがリーグから認められ、18年ぶりにルーキーでオールNBAファーストチームに選ばれました。
2年目になるとさらに飛躍して優勝リングとファイナルMVPを取り、今後どれほどの怪物になるのか身震いがしたのは今でも覚えています。

ダンカンの凄い所は、何と言っても真面目で謙虚な所です。
どれだけ優勝して賞を取ったとしても決して自惚れることなく、常に自己研鑽に励んでいました。
そのため、シャキール・オニールからは「ミスター・ファンダメンタル」という地味で面白みの無いという揶揄を含んだニックネームを付けられたこともありました。
基本的なことを当たり前のようにやる姿は、「プロ中のプロ」のオーラを放っていました。

コート外ではチームメイトの物真似をして笑わせたり、日本刀収集が趣味だったりとなかなかユニークな人物のようです。
また、水泳も得意でバスケを始める前は2人の姉と共にオリンピック選手を目指していたエピソードがあります。

誰からも愛された選手が去る光景を見るのは正直寂しいです。
ディム・ダンカンの名は永遠にNBAの歴史に残ることでしょう。














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
☆北海道においでよ!☆ 第2弾! に参加中!
7/2(土)から2日間、家族でサホロリゾートに行ってきました♪
ここは何と言っても外国人が非常に多いです!
従業員の話によると20ヶ国から来ているとのこと。
普段外国人と接する機会はそうそうないので大変良い刺激になりました(^^)
夜には外国人スタッフによるサーカスがありました。
空中ブランコ、トランポリン、ジャグリングなど見ごたえのあるプログラムが次々と披露されました。
特に空中ブランコは圧巻で、鍛え上げた肉体を極限まで使ったパフォーマンスには思わず息を呑むほどでした。
もしまた見れるとしたらぜひ見たいですね!!!

また、運動設備も充実していてアーチェリー、パークゴルフ、卓球、ダーツ、バスケなど様々なスポーツを体感できました。
アーチェリーでは、専属のスタッフが付き基礎からみっちりと学びました。
最初、なかなか的に当たらなかったもののやっていくうちにコツをつかみ徐々に方向が定まってきました。
黄色の的に当たった時は嬉しくて思わずガッツポーズをしちゃいました(笑)

バイキングでは洋食から和食、野菜や果物まで多種多様な食べ物が揃っていて、好きなものを集めたオリジナルメニューにすることだって可能です。
ただ、食べ過ぎによる胃もたれには要注意ですよ~。

あっという間に時間は過ぎたけど、濃いひとときを過ごせました(´▽`)
image

image

image

image


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
今日は何の日? に参加中!
今日は32歳の誕生日でした。
また一つ額のシワが刻まれました(笑)
それはさておき、この1年はあっという間に時間が過ぎた気がします。
「もう32歳だ。いや、まだ32歳だ。」
これをどのように捉えるかは自分の気持ちの持ち方次第です。
いくつになっても新鮮な心は持ち続けていきたいと思います。
「頑張れ自分!!!!!」

32歳になったリアルより


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
自分のブログを宣伝したい人集まれ に参加中!

ブログの訪問者が100,000人を超えました!
ブログを初めて今年で3年になります。
ここまで何とか続けてこられたのは訪問してくださった皆さんのおかげです。
どうもありがとうございます(^^)

私はブログを始めるまで文章を書くことが凄く苦手でした。
小学校時代は作文が書けなくて居残りすることはしょっちゅうで、大学時代はレポート書きで要点がまとまらず四苦八苦した記憶があります(>_<)
また、自分の気持ちを相手に上手く伝えることができないという悩みもありました。
同時に、自分の思っていることや考えていることを広く発信できる手段はないかと色々考えていました。
そこで、出会ったのがブログでした。
20代最後の年に新たなことにチャレンジしてみようと思い始めました。
実際にやってみると意外と楽しく、いつしか日常生活に欠かせないものになりました。
書き続けていくうちにちょっとした出来事でもネタにできないかと考えるようになり、その心境の変化には自分でも驚くほどでした。

次は訪問者200,000人突破を目標に様々なテーマを発信していきたいと思います。

2016.6.7
リアル


                         



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
今話題のニュース に参加中!
働く人として尊重されない疲弊する非正規社員
http://news.yahoo.co.jp/feature/200

非正規なんてしょせん会社の歯車に過ぎない。
社保はおろか雇用保険さえ付かない、交通費も付かない、昇給もない、退職金が出ないなんて当たり前。
忙しい時期だけ散々コキ使われて、業務が終わったらすぐにクビを切られることだってある。
そうした悪条件の中、正社員登用の儚い望みを持って働いている人がなんと多いことか。
「頑張れば1年で正社員になるチャンスがある。」などと言われるけど、そんな上手い話なんてあるはずがない。
非正規から正社員になれるのは、農民から武士に昇格できるのと同じくらい確率が低い。
いったん非正規になってしまうと相当のスキルや資格でもない限り、抜け出すことは非常に困難だ。

また、非正規の苦悩は労働環境だけにとどまらない。
日常生活を送る上でも相当なハンディがあることを覚悟しなければならない。
・年金を満足に払えず老後の生活が苦しくなる。
・家族を養うだけの収入が得られないため結婚できない。
・若いうちは親元で生活できるが、親が高齢で亡くなると天涯孤独になることも。
・一定の年齢を超えてしまうと日雇いの肉体労働くらいしか求人がない。
・家賃も払えなくなりボロアパートで生活せざるを得なくなる。
・具体的なライフプランが描けない。
・孤独死のリスクが高くなる。
・ホームレスや生活保護になる可能性がある。
などなど

これはどんな立場の人間であっても十分に起こり得る。
ある日突然、職を失ってしまったらどんな救済措置があるかは勉強しておいた方が良い。
自分の身は自分で守るしかないのだから。
あと、転んでもただでは起きないファイティングスピリッツも併せて持っておきたい。
何かと暗い話題ばかりの世の中だけど泥臭く這い上がっていくしかないのかなと思う。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
雑学 に参加中!
SNSに出会って今年で5年が経ちます。(途中、退会してた時期もありますが)
SNSにはホントに色んなタイプの人間がいました。
カッコいい人、可愛い人、そうでない人、明るい人、暗い人、寂しがり屋、毒舌家etc・・・。
そういった方々とのやり取りの中で学んだこと、気づいたことはたくさんあります。
そこで、血液型によるSNSの利用傾向を独断と偏見で書いてみたいと思います。

◆A型
A型は基本マメです。
更新は頻繁に行うし、他人の投稿にはこまめに「いいね!」や「コメント」を付けます。
誠実な姿勢に好感を持つ人も少なくないでしょう。
その反面、人の目を気にし過ぎたり、負のオーラが時折現れてしまうのは玉に瑕。
公の場では面と向かって言えないストレスをネット上で晴らしているA型はきっと多いはず!?
それがかえってストレスを溜める原因になるので注意が必要です。

【ワンポイントアドバイス】
思ったことは陰で言わず直接伝えるようにしましょう。

◆O型
O型の利用傾向はオープンです。
人間関係は来る者拒まず、去る者追わずです。
更新のペースは頻繁な時もあるが、パタッと放置する時もあります。
仕事や趣味の情報収集に活用したり、友達や知人とのやり取りなどバランス良く利用します。
ただ、「O型は大雑把」の言葉通り、安請け合いや八方美人には気を付けましょう。
信用を無くすことにつながりかねません。
また、うまい儲け話にも要注意です。

【ワンポイントアドバイス】
何でも自分の都合の良いように解釈するのは止めましょう。

◆B型
B型は一言で言うとユニークです。
凝った写真、読む者を楽しませる文章、アッと驚く動画で人を惹きつけていくでしょう。
気が付くと読者が爆発的に増え、人気ユーザーになる可能性も秘めています。
しかし、B型の困ったところはやはり「マイペースで周囲への配慮に欠けること」です。
思ったことを表現しなければ気が済まず、度が過ぎた言動で人を傷つけてしまうこともありそう。
余計な一言で友達を失くさないように。

【ワンポイントアドバイス】
人にどう思われているか常に意識しましょう。

◆AB型
AB型はつかみどころがありません。
日によってA型的だったり、B型的だったりします。
友達とのやり取りよりも自分の趣味の世界に入るのを好みます。
知的好奇心が旺盛なため、好きな分野では専門家並みの知識を持つ者もいます。
人との関わりの中で情報を得るように心がければ鬼に金棒です。

【ワンポイントアドバイス】
人と積極的に関わり自分の世界を広げて行きましょう。

さて、これを読んだ貴方ははたして当たっているかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
今年のGWの過ごし方は? に参加中!

今日は近所にある恵庭ふるさと公園で桜ウォッチングをしました。
この時期は桜の咲き具合も絶好調です(^^)
いや~。桜は何回見ても癒されますね♪
この瞬間を見たいがために1年間頑張っていると言っても過言ではないです。
華やかに咲きそしてあっという間に散ってしまう。
それを「散り際の美学」と言いますか、深い哀愁を感じてしまいます。
これからもきっと毎年見ると思いますが、その情景をしっかり目に焼き付けて行きたいです。
image

image

image

image

image
http://blog.with2.net/link.php?1527278:9200

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_9200_1.gif

http://blog.with2.net/link.php?1527278:9200

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日記 に参加中!
今日の天気はあいにくの雨でした。
そんなグズついた天候の中、食後の運動のため散歩へ。
外ではちらほらと桜が咲いていました。
雨にまみれた桜を見るのも非常に趣がありますね。
それにしても、仕事休みの日に限って雨になるのは私が雨男だからでしょうか・・・。
image


image


13103429_1732765566939742_5412374723214222961_n


image


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
私の中学には「伝説の教師」と呼ばれたM先生がいました。
私が入学する9年前に赴任し、荒れた学校を一から建て直したという逸話があります。
当時の校内は、トイレは煙草にまみれ、窓ガラスはガタガタに破壊され、さらには廊下をオートバイが走る、といった無法地帯だったそうです。
M先生はそうした不良達と徹底的に戦い、夜中に街中をパトロールし発見してはヤキを入れ、朝方まで学校に残ることも日常茶飯事だったそうです。
その他にも、M先生の熱い性格を物語るエピソードが残されています。
当時の校長は事なかれ主義で新しいことは何もやりたくないタイプの人だったそうです。
M先生は一度その校長と教育方針を巡って大喧嘩し、頭に来た勢いで翌日スキンヘッドにしたんだとか。

M先生は特徴は何と言っても負けず嫌いで勝負師なところでした。
M先生は中1の時の担任でしたが、噂通りの超熱いお人でしたね。
行事では常に一番になることを目標にし、体育祭や球技大会、文化祭でも朝練を毎日実施し、私たち生徒を叱咤激励し続けました。
時には他のクラスに練習試合を申し込み、敵状観察も抜かりありませんでした。
おかげで、体育祭、球技大会、文化祭と全て優勝し、見事完全制覇を成し遂げたのです。

ホームルームでは口癖のように生徒に問いかけていました。
「あなたは一体何ができますか?」
「人は十人十色でそれぞれ長所・短所がある。大人になって社会に出たら、自分はこういう特技があるとアピールできる人間になってほしい。」
卒業して今年で16年経ちますが、未だに胸に突き刺さっている言葉です。

今まで色々なタイプの教師と出会いましたが、M先生ほど熱くて、人間臭く、説得力のある人はそうそういないと思います。
今年4月、母校の校長になって舞い戻って来たと風の便りで知りました。
きっと校長としても新たな伝説を創って行くことでしょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ

Hello, world!