Hello, world!

リアルの独り言

はじめまして。リアルです。 名前の由来は、現実(いま)を大切にしていきたいという想いで付けました。 日々の生活で思ったこと感じたこと気づいたことを書いています。 趣味は、読書、音楽鑑賞、カラオケ、自転車、血液型占いです。 日記を読んでビビッ!と来た方はお気軽にコメントお願いします。

ブログネタ
今日は何の日? に参加中!
そういえば今日は13日の金曜日でしたね。
欧米では13日の金曜日不吉なことが起こる日だと恐れられています。
なぜそう言われるかについてはいくつか諸説があります。

・キリストが十字架の上で処刑されたのが13日の金曜日だったという説。
7b14ab273f6067768caaef59ef46b3c7

・キリストを裏切ったユダが13番目の弟子だったという説。
00

13日の金曜日になると殺人鬼ジェイソンがやって来るという説。
6424fb69f2e1c76744ac3a86bec7872a1
その他にもアダムとエバがエデンの園から追放された日、ノアが大洪水から脱出した日、バベルの塔が崩壊した日も13日の金曜日だと言われています。
迷信と言われればそれまでですが、欧米では「13=忌み数」の考えが根強く、ホテルの番号で13を欠番にしたり、空港に13番ゲートが存在しないといった話もあるそうです。
また、西暦の表記で1年の月数を13ではなく12で区切っているのもそれと関係があるかもしれません。
日本の場合は4(死)9(苦)が嫌われており、しかも両方の数字を足すと「4+9=13という何とも不気味な公式が成立します。
13にまつわるルーツを辿って行くと色々と面白い発見がありますね。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
雑学 に参加中!
血液型の話になると、B型はしばしば話題に挙がります。
世間ではB型は「自己中」、「マイペース」、「変わってる」などあまり良いイメージがありません。
しかし、裏を返せば型にとらわれることなくノビノビと生きていると言えます。
その証拠に若くして才能を発揮する人はB型が非常に多いのです。
そんなB型有名人を紹介して行きたいと思います。

●長嶋茂雄
通称ミスタープロ野球。
立教大学ではスター選手として大活躍し、鳴り物入りで読売ジャイアンツに入団。
1年目から4番に定着し、打点王とホームラン王を獲得。
熱いプレーと無類の勝負強さでファンを魅了し続けた。

●杉田かおる
7歳でテレビドラマ『パパと呼ばないで』に出演。チー坊を演じ天才子役に。
13歳で個人事務所を設立するが、わずか一年で解散し300万の借金を背負う。
15歳で『金八先生第1シリーズ』に出演。妊娠する中学生を演じ話題になる。
その後はバラエティーに進出し、歯に衣着せぬ言動で物議を醸している。

●尾崎豊
高校在学中にオーディションを受け、シングル『15の夜』でデビュー。
『I LOVE YOU』、『OH MY LITTLE GIRL』、『卒業』などのヒット曲がある。
メッセージ性の強い楽曲と激しいライブパフォーマンスが話題となり、「10代の教祖」と呼ばれる。
26歳で肺水腫で亡くなる。
死んで25年経った今も熱狂的ファンが数多く存在する。

●清原和博
PL学園時代に甲子園で通算13本塁打を放ち、鳴り物入りで西武ライオンズに入団。
1年目から大活躍し打率304、本塁打31本、打点78の記録を残し新人王に。
当時、「王貞治を超えるのは清原しかいない。」とまで言われていた。
通算サヨナラ本塁打12本、通算196死球、通算1955三振は全て歴代1位である。
2016年に覚醒剤所持で逮捕されたが復活が望まれる。

●谷亮子
高校生の時に出場したバルセロナ五輪で銀メダルを獲得。
「ヤワラちゃん」の愛称が定着し瞬く間に人気者になる。
シドニー五輪で悲願の金メダルを獲得。
「最高で金、最低でも金」の発言は有名。

●イチロー
世界最高峰のバッター。
20歳でプロ野球史上初の200安打を達成しMVPを獲得。
メジャー移籍1年目に242安打を放ち、メジャー新人安打記録を樹立。
10年連続200安打、日米通算4000本安打など残した記録は数え切れない。

●岡田准一
14歳でジャニーズ事務所に入所し、入所3ヶ月目でV6のメンバーに抜擢。
ストイックな性格で馬術、格闘技、登山をたしなみ自己研鑽に励んでいる。
さらに、ピアノや歴史小説など芸術にも造詣が深い。
映画『永遠の0』、『海賊とよばれた男』に出演し演技でも高い評価を受けている。

●亀田興毅
亀田三兄弟の長男。
ビッグマウスとチンピラのような風貌で注目を集める。
19歳でランダエタを破りWBA世界ライトフライ級王座に輝く。
その後、WBC世界フライ級王座、WBA世界バンタム級王座も獲り、日本人初の3階級制覇を成し遂げている。

●福原愛
「天才卓球少女」と呼ばれ、小学生の部では前人未到の7連覇を達成。
15歳でアテネ五輪に出場しベスト16に進出。
ロンドン五輪は団体銀メダル。リオ五輪は団体銅メダル、シングルス4位。
名前の通り誰からも愛されるキャラで中国でも彼女のファンが多い。

●大谷翔平
球界最強の二刀流。
193cmの恵まれた体格を持ち、投げれば剛速球、打てばホームランという漫画の世界に出てきそうな選手。
2016年は10勝&22本塁打を記録し日ハムの日本一に大きく貢献。
来年にはメジャーに行く噂があるが去就に注目したい。

こうして見ると、早熟の天才はB型が多いことがうかがえます。
年齢や経験にとらわれず、勢いで突き抜けるタイプが目立っているように思います。
それに、自分の主義主張がはっきりしているので見ていてスカッとします。
今も昔も常識の壁を打ち破るのはやはりB型なのか・・・。










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
今日、1月5日は『いちごの日』ですね。
いちごと言えばすぐに果物を思い浮かべますが、私にはもう一つの意味があります。
高校1年時のクラスで、通称いちご組です(1年5組だから)。
生徒40人+担任の41人で構成され、「仲良く・楽しく・元気よく」をスローガンに1年間を駆け抜けました。
入学当初は皆緊張しているせいかなかなか打ち解けずにいましたが、学校祭をきっかけに急速に仲が深まりました。
体育館のステージでは全員で藤井隆の『ナンダカンダ』、街中を周るパフォーマンスパレードでは西城秀樹の『YMCA』を踊り、夏の暑さを吹き飛ばすほどの勢いで楽しみました。



あと、壁新聞での出来事も忘れることはできません。
人員は私を含めた男子4人で、どうやって書いて行けば良いのか分からずチンプンカンプンの状態でした。
幸いなことに担任は新聞部の顧問であったので新聞作成のイロハを一から教わりました。
特に口酸っぱく言われたのが以下の2点でした。

1.5WIH(Whenいつ/Whereどこで/Who誰が/What何を/Whyなぜ/Howどのように)を意識する。

2.現場の生の声を反映させる。

それがないと、どんな文章を書いても読み手には響かないとアドバイスされました。
書いては添削してもらってそれを修正したり加工しながら、時には夜の9時過ぎまで作業したこともありました。
それでもなかなか追い付かず、最後の清書は他の部門の人達にも手伝ってもらい締切5分前になんとか提出することができました。
周りの助けが無ければきっと間に合わなかったと思います。
その点に関しては感謝してもしきれません。
期間中はちょっとした言い合いをしギクシャクした雰囲気になったこともありましたが、それも今思うと全て良い思い出です。
ガムシャラに汗水流して取り組むことができるのは青春の特権ですね。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日々のこと に参加中!
遅れましたが、新年あけましておめでとうございます!!!!!
年末年始は色々あり挨拶が遅れて申し訳ありません。
30日の夜、私の体に異変がありました。
腹部が猛烈に痛み出し、ベットから起き上がるのも大変なほどでした。
嘔吐と下痢がなかなか止まらず、治まった後はしばらく体がガタガタ震えていました。
それから31日・1日・2日の3日間は戦闘不能の状態で、ずっとベットで寝込み食欲もありませんでした。
ようやく昨日当たりから復調してきています。
大きな病気にならなかったのが不幸中の幸いです。
とは言うもののこれは何かの予兆なのかも・・・。
そこで、今年のテーマは「健」です。
春の美しさに癒されたり、梅雨の湿っぽさに萎えたり、夏の暑さにグッタリしたり、芸術の秋に感傷深くなったりなど1年間の中でたくさんのバイオリズムを経験するかと思います。
「その時々の風情を味わいつつ健やかに生きる。」
今年は当たり前のようで難しいテーマに挑んで行きたいと思います。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします♪

リアル

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
■ 佐野元春 ■ に参加中!

佐野元春の35周年ツアーファイナルDVDがついにベールを脱ぎました。
80年代から現在までの選りすぐりの35曲が収録されています。
『アンジェリーナ』でデビューし、永遠の名曲『サムデイ』を生み出した80年代。
『約束の橋』が大ヒットし、新たなファンを獲得した90年代。
コヨーテバンドと出会い、『星の下 路の上』で再出発した00年代。
アルバム『BLOOD MOON~紅い月』をリリースし、更なる高みに達した10年代。
イントロが流れた瞬間、あの頃にタイムスリップした感覚に陥りました。
いつの時代も熱いロックを奏でる佐野元春がいます。
今まで彼の背中を見てきて何度も勇気付けられました。
これからも次々と名曲を生み出し新たな伝説を作り続けることでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
吹奏楽部員に長期間セクハラ 福岡大若葉高、教諭を解雇
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000051-asahi-soci

中学1・2年時の音楽教師は人格破綻者と言えるほどの問題教師でした。
性格は極めて短気で自己中心的。パワハラセクハラは当たり前。
気分次第で容赦無く「1」や「2」の評価を付けることも少なくありませんでした。
忘れ物をした生徒に対してリコーダーを投げ付けたり、気に入らない生徒を10分以上にわたって罵倒するなどやりたい放題でした。
極め付けは1年の時、合唱の練習中に声が出てない女子生徒に「てめえ、ブクブクブクブク太ってんじゃねえよ!!!このデブが!!!!!」と言い放ったことです。
言われた女子生徒はその場で泣き崩れ、教室に戻っても泣き続けていました。
ヤクザみたいな口調で苦虫を噛み潰したような人であったため、反抗する勇気のある生徒は誰もいませんでした。
そのため、音楽の授業がある日は朝から教室内に重々しい空気が漂うほどでした。
また、彼は吹奏楽部の顧問でもあり、部内の雰囲気は最悪だったそうです。
次から次へと退部者が続出し、私の学年は何と全員が辞めています。
2年終了時にその先生が転勤するとニュースがあった時、皆で「転勤、万歳!!!!!!!」と叫びようやく恐怖政治から解放されると胸を撫で下ろしました。
その他にも色々変わった教師はいましたが、問題教師ランキングがあったら間違いなく彼がナンバーワンだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
自分にとっての名曲とは? に参加中!
12月に入り日増しに寒くなって来ましたね
空から舞い降りる雪を見るとどこか切ない気持ちになります(´・ω・`)
2016年も残すところ1ヶ月もないんだなあ。
せめて歌でも聴いて心を温めるとしますか
そこで、12月に聴きたい12曲をピックアップしました

大瀧詠一/フィヨルドの少女 


オフコース/Christmas Day


Gackt/12月のLove song


KinKi Kids/Harmony of December


globe/DEPARTURES


GLAY/Way of Difference


坂本龍一/Merry Christmas Mr Lawrence


さだまさし/ 遥かなるクリスマス


佐野元春/こんな素敵な日には


中島美嘉/雪の華


松たか子/レット・イット・ゴー~ありのままで~


ゆずおだ/クリスマスの約束

さて、貴方のお気に入りの曲はありましたか
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
PV・音楽動画 に参加中!
な、な、何と・・・・・。
美人バイオリニストの石川綾子が恋ダンスをしているではないか!!!!!

彼女のことは『関ジャニの仕分け∞』で華麗なバイオリンテクニックを披露したのを覚えている人も多いかと思います。

踊っている姿も非常に様になっていて、まるでお人形さんのように可愛いです
顔も美しければバイオリンも世界クラス、さらにダンスも上手いなんて神様は才能を与え過ぎだぜ(笑)
ところが彼女は未だに独身のヒロインなのです。
いつか彼女のハートを射抜く素敵な王子様は現われるのだろうか・・・。
今後の成り行きを温かく見守って行きたいですね♪








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
今日の出来事 に参加中!
今朝の新聞のお悔やみ欄に小2の時の担任の先生の名前がありました。
享年67歳でした。
僕は小2の時に転校して来ました。
最初はなかなかクラスに馴染めずクラスメートにからかわれたりしましたが、先生が何かと気にかけてくださいました。
おかげで、次第に友達ができ日が暮れるまで遊ぶようになり、生まれて初めて学校が楽しいと思うようになりました。
先生はとてもフランクで話しやすいお人でした。
そして、時には厳しく𠮟るなど非常に教育熱心でした。
小2が終わりクラスが解体する時、猛烈に寂しいと感じたのは今でも覚えています。
僕は決して出来の良い子ではありませんでいたが、先生のクラスになれてホントに良かったです。
先生、67年間の人生お疲れ様でした。
心よりお悔やみ申し上げます。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
PV・音楽動画 に参加中!
TSUKEMEN初のマキシシングル『J Beat!』のフルバージョンPVがついに公開されました!

TAIRIKUとKENTAの火花を散らすようなバイオリン合戦、SUGURUの変幻自在のピアノテクニックを存分に堪能できます(^^)
映像で見ると三人の息遣い、表情、緊張感がビンビンと伝わって来ますね
彼らはこれまでにPV、TV出演、ライブなどで見る者聴く者を魅了してきました。
そこで、過去の映像を一挙公開したいと思います

まずは、これです!

インディーズ時代の『チャールダッシュ』です。
初期のバージョンを見られる大変貴重な映像です。
それにしても、三人ともまだあどけないですね。

2年間のインディーズ生活を経て、2010年ついにメジャーデビューします。

『BASARA』はメジャーデビューにふさわしい疾走感のあるナンバーです。
PVではSUGURUが走るシーンがあるので注目です。

2011年、TAIRIKUの故郷・長野県を舞台にした楽曲『風の記憶』と『KIYARI』が生み出されます。



自分が生まれ育った故郷。
故郷を想う心はいつまでも持ち続けたいですね。

2012年、伝説の黄金郷『EL DORADO』を見つけに航海に繰り出します。


2013年、徹子の部屋に初出演!

三人のイケメンの出演に黒柳徹子は大感激!!!
その時のTAIRIKUは髭を生やしていて今とちょっと雰囲気が違いますね。

そして、珠玉の名曲『AKATSUKI』が誕生します。

明日への希望が込められた暁。
暁には人々をトリコにする不思議な力が秘められています。

さらに、活躍の場を広げるため海外へ。





2013年は韓国(上段)、2014年はドイツ(中央)、2015年はウィーン(下段)に進出しています♪
海外でもきっとTSUKEMENの素晴らしさは届いていると思います。

TSUKEMENの進化の過程を映像と共に辿ってみました。
これからもどんな映像を届けてくれるか非常に楽しみです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ

Hello, world!