Hello, world!

リアルの独り言

はじめまして。リアルです。 名前の由来は、現実(いま)を大切にしていきたいという想いで付けました。 日々の生活で思ったこと感じたこと気づいたことを気ままに書いています。 趣味は、読書、音楽鑑賞、カラオケ、自転車、血液型占いです。 日記を読んでビビッ!と来た方はお気軽にコメントお願いします。

ブログネタ
雑学 に参加中!
SNSに出会って今年で5年が経ちます。(途中、退会してた時期もありますが)
SNSにはホントに色んなタイプの人間がいました。
カッコいい人、可愛い人、そうでない人、明るい人、暗い人、寂しがり屋、毒舌家etc・・・。
そういった方々とのやり取りの中で学んだこと、気づいたことはたくさんあります。
そこで、血液型によるSNSの利用傾向を独断と偏見で書いてみたいと思います。

◆A型
A型は基本マメです。
更新は頻繁に行うし、他人の投稿にはこまめに「いいね!」や「コメント」を付けます。
誠実な姿勢に好感を持つ人も少なくないでしょう。
その反面、人の目を気にし過ぎたり、負のオーラが時折現れてしまうのは玉に瑕。
公の場では面と向かって言えないストレスをネット上で晴らしているA型はきっと多いはず!?
それがかえってストレスを溜める原因になるので注意が必要です。

【ワンポイントアドバイス】
思ったことは陰で言わず直接伝えるようにしましょう。

◆O型
O型の利用傾向はオープンです。
人間関係は来る者拒まず、去る者追わずです。
更新のペースは頻繁な時もあるが、パタッと放置する時もあります。
仕事や趣味の情報収集に活用したり、友達や知人とのやり取りなどバランス良く利用します。
ただ、「O型は大雑把」の言葉通り、安請け合いや八方美人には気を付けましょう。
信用を無くすことにつながりかねません。
また、うまい儲け話にも要注意です。

【ワンポイントアドバイス】
何でも自分の都合の良いように解釈するのは止めましょう。

◆B型
B型は一言で言うとユニークです。
凝った写真、読む者を楽しませる文章、アッと驚く動画で人を惹きつけていくでしょう。
気が付くと読者が爆発的に増え、人気ユーザーになる可能性も秘めています。
しかし、B型の困ったところはやはり「マイペースで周囲への配慮に欠けること」です。
思ったことを表現しなければ気が済まず、度が過ぎた言動で人を傷つけてしまうこともありそう。
余計な一言で友達を失くさないように。

【ワンポイントアドバイス】
人にどう思われているか常に意識しましょう。

◆AB型
AB型はつかみどころがありません。
日によってA型的だったり、B型的だったりします。
友達とのやり取りよりも自分の趣味の世界に入るのを好みます。
知的好奇心が旺盛なため、好きな分野では専門家並みの知識を持つ者もいます。
人との関わりの中で情報を得るように心がければ鬼に金棒です。

【ワンポイントアドバイス】
人と積極的に関わり自分の世界を広げて行きましょう。

さて、これを読んだ貴方ははたして当たっているかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
今年のGWの過ごし方は? に参加中!

今日は近所にある恵庭ふるさと公園で桜ウォッチングをしました。
この時期は桜の咲き具合も絶好調です(^^)
いや~。桜は何回見ても癒されますね♪
この瞬間を見たいがために1年間頑張っていると言っても過言ではないです。
華やかに咲きそしてあっという間に散ってしまう。
それを「散り際の美学」と言いますか、深い哀愁を感じてしまいます。
これからもきっと毎年見ると思いますが、その情景をしっかり目に焼き付けて行きたいです。
image

image

image

image

image
http://blog.with2.net/link.php?1527278:9200

http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_9200_1.gif

http://blog.with2.net/link.php?1527278:9200

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日記 に参加中!
今日の天気はあいにくの雨でした。
そんなグズついた天候の中、食後の運動のため散歩へ。
外ではちらほらと桜が咲いていました。
雨にまみれた桜を見るのも非常に趣がありますね。
それにしても、仕事休みの日に限って雨になるのは私が雨男だからでしょうか・・・。
image


image


13103429_1732765566939742_5412374723214222961_n


image


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
私の中学には「伝説の教師」と呼ばれたM先生がいました。
私が入学する9年前に赴任し、荒れた学校を一から建て直したという逸話があります。
当時の校内は、トイレは煙草にまみれ、窓ガラスはガタガタに破壊され、さらには廊下をオートバイが走る、といった無法地帯だったそうです。
M先生はそうした不良達と徹底的に戦い、夜中に街中をパトロールし発見してはヤキを入れ、朝方まで学校に残ることも日常茶飯事だったそうです。
その他にも、M先生の熱い性格を物語るエピソードが残されています。
当時の校長は事なかれ主義で新しいことは何もやりたくないタイプの人だったそうです。
M先生は一度その校長と教育方針を巡って大喧嘩し、頭に来た勢いで翌日スキンヘッドにしたんだとか。

M先生は特徴は何と言っても負けず嫌いで勝負師なところでした。
M先生は中1の時の担任でしたが、噂通りの超熱いお人でしたね。
行事では常に一番になることを目標にし、体育祭や球技大会、文化祭でも朝練を毎日実施し、私たち生徒を叱咤激励し続けました。
時には他のクラスに練習試合を申し込み、敵状観察も抜かりありませんでした。
おかげで、体育祭、球技大会、文化祭と全て優勝し、見事完全制覇を成し遂げたのです。

ホームルームでは口癖のように生徒に問いかけていました。
「あなたは一体何ができますか?」
「人は十人十色でそれぞれ長所・短所がある。大人になって社会に出たら、自分はこういう特技があるとアピールできる人間になってほしい。」
卒業して今年で16年経ちますが、未だに胸に突き刺さっている言葉です。

今まで色々なタイプの教師と出会いましたが、M先生ほど熱くて、人間臭く、説得力のある人はそうそういないと思います。
今年4月、母校の校長になって舞い戻って来たと風の便りで知りました。
きっと校長としても新たな伝説を創って行くことでしょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
NBA に参加中!
【NBA】ウォリアーズがジョーダン時代のブルズ超え! シーズン73勝の新記録達成!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000310-ism-spo

「記録は破られるためにある。」
ウォリアーズの73勝達成の瞬間を目の当たりにして率直に思ったことです。
今シーズンのウォリアーズは序盤からエンジン全開で開幕24連勝。
その時、何か特別なことが起きる予感がしました。
その後も勢いを落とすことなく、あれよあれよと勝ち星を積み重ねいつのまにか73勝へ。
それはまるで御伽噺のサクセスストーリーのようでした。
ウォリアーズが過去の強豪と明らかに違う点は3Pシュートを中心としているところです。
当初、私はこのオフェンススタイルに疑問を抱いていました。
というのも3Pシュートは好不調の波が激しく、入らない時は手詰まりになってしまう欠点があります。
また、相手にリバウンドを取られ攻撃のチャンスを与えてしまうリスクも存在します。
そうした概念を打ち破り記録を打ち立てたウォリアーズは現代のNBAに革命を起こしたと言えるでしょう。
プレイオフでも3Pの雨を降らし続け無敗で優勝する瞬間を見てみたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日々の出来事 その3 に参加中!
10連勤終わりました!!!
繁忙期とはいえ「連勤2ケタ」はさすがにキツイです(>_<)
早く仙豆を食べて体力を回復させたいと思います。
明日は休みなので静養する予定です。
今夜はきっと良い夢見られるかな

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日々の出来事 その3 に参加中!
今日の職場での休憩中の会話。

Aさん「LINEのタイムライン見たけど、リアルさん引っ越すんですか?」

僕「実はね、あれ嘘なんだ。」

Aさん「えっ。嘘なの!?」

僕「投稿の日付見てみて。一昨日になってるでしょ。一昨日はエイプリールフール。つまり、あの話は全くの嘘。」

Aさん「時間差で騙された。おこ(`Д´)」

タイムラインに冗談半分で投稿したネタを信じる人がいたとは。
しかも、信じた2日後に騙されたことに気づくという予想外の展開。
これぞ「エイプリルフールの時間差嘘」です。
うーん。今後何かとネタになりそうなエピソードですね(笑)






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日々の出来事 その3 に参加中!
こんばんは~。
最近、暖かくなってきましたね。
季節変わりで体調を崩されていないでしょうか。
近況ですが、私は今月中に実家を離れ一人暮らしを始めます。
新年度を機に環境を変えたいと思い決断しました。
慣れるまでは色々大変ですが、新生活を楽しんで行きたいと思います!
そして、昨日の夜に郵便ポストにグアム旅行当選の知らせが届いてました(^o^)
きっと今年のサマーバケーションは刺激的な夏になりそうな予感がします♪
とりあえずはこの辺で失礼します。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
今日は何の日? に参加中!
今日はとても長い一日でした。
まず、職場では朝に衝撃の知らせがありました。
課長が今月いっぱいで体調不良により退職することが伝えられました。
社員をはじめパートからも慕われていたこともあり、誰もが動揺の色を隠せませんでした。
ここ最近、社員の異動や退職が相次いでおり、対応に追われて無理が祟ったのもあるかと思います。
一日も早い回復を願っています。

そして、帰りでの出来事。
夕食はサイゼリヤでスパゲッティとポテトを食べ、お店をあちこち巡った後、電車に乗ろうとしたところアクシデントが発生。
車両の数か所に不具合が見つかり、点検作業のため遅れるとアナウンスがありました。
当初は30分ほどで終わる予定でしたが、思ったよりも時間がかかり、発車するまで3時間もかかりました。
待っているお客さんの中には痺れを切らし、駅員さんにキレる人まで出る始末でした。
電車の遅延は時々ありますが、3時間待ったのは初めてかもしれません。
さすがの私も待ち疲れしました。

22時過ぎに家に着くと、疲れがドッと出てベットに倒れ込みました。
明日は仕事休みなのでゆっくりと過ごしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
■ 佐野元春 ■ に参加中!

おめでとうございます🎊🎊🎊🎊🎊
佐野さんの音楽に出会ったのは、2000年にBS放送で20周年スーパーライブを見たのがきっかけです。
あの時の僕は16歳、佐野さん44歳。時の流れは早いものですね。
人生の半分を佐野さんの音楽と共に過ごせたのはホントにラッキーです♪
そこで、生誕60周年を記念して佐野元春名曲ランキングベストテンを作ってみました。

10位 太陽

2004年リリース『THE SUN』のラストを飾る曲。
「夢を見る力をもっと」の一節が胸に突き刺さります。
人は夢を見ることで生きる力をもらえる。
この曲を聴くたびにつくづくそう思います。

9位 紅い月

2015年リリース『BLOOD MOON』のタイトル曲。
古来から紅い月は不吉なことが起こる前兆だと言われています。
タイトルにある通り、現代に向けて警鐘を鳴らしたメッセージソングです。
生き辛い世の中だけど自分を偽らずに闘っていきたいです。

8位 La Vita è Bella

「La Vita è Bella」はイタリア語で、日本語では「人生は美しい」を意味します。
人間誰しも美しい人生を送りたいと願うけど、現実はそう上手くはいかないですね。
時には身も心もスリ傷だらけになることだってあるでしょう。
それでも死ぬ間際に振り返って美しい人生だったなと。
そう思えたならこんなに幸せなことはないと思います。

7位 境界線

この曲は何と言ってもPVが面白いです。
佐野さんとコヨーテバンドの謎の水平線ダンス(?)は見てて笑っちゃいましたwww
人種、性別、価値観、世代など日常生活では様々な境界線が存在します。
壁を乗り越えた先にはきっと笑っている自分がいる。
そう信じて今を生きてゆきたいですね。

6位 レインガール

20周年スーパーライブで印象に残った一曲。
オリジナルはアップテンポだが、20周年ではワルツバージョンで披露されました。
愛しのレインガールへの切ない想い。
佐野さんのロマンチックな一面が垣間見えます。
未だにシングルカットされていないのが不思議なくらい良い曲です。


5位 詩人の恋


2014年秋ツアーで生で聴いて心が震えた曲です。
刻一刻と別れが近づいている二人がテーマになっています。
死に別れる瞬間が何とも切なく心が痛みます。
運命は時として残酷な仕打ちをしますね。

4位 ナポレオンフィッシュと泳ぐ日


1989年にロンドン滞在中に作られた曲です。
この年は昭和天皇がお亡くなりになったり、ベルリンの壁が壊されたり、天安門事件が起こったりと激動の一年でした。
タイトルにあるナポレオンフィッシュは見た目が大変グロテスクな魚です。
「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」の意味は、「グロテスクで混沌とした世の中だけど、波に呑まれず泳ぎ渡って行こう」というメッセージだと解釈しています。
アップテンポなサウンドに意味深な歌詞。そういう歌は結構好きです。

3位 ロックンロールナイト

8分超に渡る長編ソングです。
都会の若者の回想が唄われています。
この曲を聴くとまるで青春映画を見ているかのような甘く切ない気持になります。
歌の主人公に自分を重ねているファンは結構多いのではないでしょうか。

2位 約束の橋

1992年にドラマ『二十歳の約束』の主題歌に起用され、70万枚の売上を記録した大ヒット曲です。
疾走感のあるロックナンバーで、ドライブの時には必ずと言っていいほど聴きます。
サムデイ、アンジェリーナ、ロックンロールナイトと並ぶライブの定番曲で、割れんばかりの大歓声が起こります。
とてもカッコいい曲なので興味がある方は一度聞いてみると良いですよ。


1位 サムデイ

佐野元春の定番中の定番と言える曲です。
1982年にアルバム『サムデイ』をリリースするにあたり、この曲が売れなかったらもう歌手を辞めようと決意してレコーディングに臨んだエピソードがあります。
当時の若者達の間で爆発的な人気があり、某アンケートの「80年代の好きな曲ランキング」では第2位に輝いています。
サムデイはきっと永遠に語り継がれていくことでしょう。

ベストテンを選んでみたものの、まだまだ好きな曲はたくさんあります。
佐野さんの曲はこれからもずっと聴き続けたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ

Hello, world!