Hello, world!

リアルの独り言

はじめまして。リアルです。 名前の由来は、現実(いま)を大切にしていきたいという想いで付けました。 日々の生活で思ったこと感じたこと気づいたことを書いています。 趣味は、読書、音楽鑑賞、カラオケ、自転車、血液型占いです。 日記を読んでビビッ!と来た方はお気軽にコメントお願いします。

ブログネタ
X-JAPAN に参加中!

X JAPANのドキュメンタリー映画は見ていて涙が止まりませんでした。
1982年に結成し、1989年に「紅」でメジャーデビューを果たしています。
派手なビジュアル、激しくも美しい音楽性で当時の若者に絶大な人気を誇っていました。
一方で、TAIJIの脱退、TOSHIの洗脳&脱退、衝撃の解散、HIDEとTAIJIの自殺、10年ぶりの再結成などスキャンダルも絶えませんでした。
特にHIDEの自殺はショックが大きく、ファンの中には後追い自殺者も出るほどでした。
インタビューで過去を振り返る時、時折涙を浮かべながら話すYOSHIKIの姿がとても印象に残りました。
X JAPANはあまりにも浮き沈みが激しく、どんなことをしでかすか全く予測が付きません。
ただ、これほどまでに破天荒でドラマチックなグループを他には知りません。
「WE ARE X」は過去と現在、そして未来をつなぐドキュメンタリーフィルムです。
興味がある方はぜひ手に取って見てください。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
コネタ に参加中!
2017年・上半期】新語・流行語ベスト10
https://matome.naver.jp/odai/2149674695538494101

2017年・上半期】新語・流行語ベスト10
https://matome.naver.jp/odai/2151040055687944601

2017年流行語大賞が発表されましたね。
栄えある大賞はインスタ映えと忖度(そんたく)に輝きました
その他には〇〇ファースト、35億など色々ありますね。
そこで、流行語を自分流にパロディにしてみました♪

・インスタ映え⇒インスタ萎え

うつヌケ⇒つつヌケ

・海の王子⇒腹黒の王子


うんこ漢字ドリル⇒まんこ漢字ドリル


共謀罪(きょうぼうざい)⇒狂暴罪

・黒髪強制⇒坊主強制

けものフレンズ⇒けだものフレンズ

・ずぶずぶの関係⇒ずたずたの関係

線路迷走⇒進路迷走

忖度(そんたく)⇒損得

・ナスD⇒ナスB

・〇〇ファースト⇒自分ファースト

・〇〇に使っていいよ⇒私をオカズに使っていいよ♡

うーん。これくらいしか思い浮かびませんでしたm(__)m
他に思い浮かんだ人いたら教えてくださいね


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
クリスマス イルミネーション に参加中!
大通公園のホワイトイルミネーションは綺麗です。
光と雪が融合したまさに芸術品です。
夢の世界かと思うほどのファンタジーな空間。
一度味わってしまったらもう忘れられません。
今年で37回目になりますが例年通りたくさんの観光客で賑わっています。
今回もきっと皆さんの心に深く刻まれることでしょう。
24059704_1982092178673745_8614431261529069260_o

24291490_1982092195340410_5665352036561118078_o

24173868_1982092115340418_8763265467834447761_o

24131934_1982092118673751_5045173549713691451_o

24130385_1982092108673752_2138073942177720833_o



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ライブに行って来ました。 に参加中!
さだまさしのコンサートに行って参りました。
体調不良によりわずか3曲歌って中止した6月6日の鬱憤を晴らすかのような熱の入った公演でした。
18時に開演のベルが鳴りさださんが登場。
さっそく観客の前で深々と頭を下げ謝罪していました。

オープニングは「Birthday」から。
さださんの歌声に元気があって一安心(^^)
これはきっと凄いことになるぞと予感しました。

MCに入りまずは風邪についての話題に。
さださんはこれまで風邪によりコンサートを5~6回延期したことがあり、延期がニュースになったのは今回が初めてだそうです。
弁当屋のおばちゃんにまで「さださん、風邪大丈夫?」と聞かれたらしく、「俺、今が一番人気がある時期なのかも。」とジョーク交じりに話していました。
風邪をポジティブにネタにしてしまうとはさすがです^^

「絵はがき坂」、「桃花源」、「異邦人」と3曲続けて古い曲を披露。
MCで40年位前にこれらの曲を聴いていた少年少女達も今ではもう50歳。
そして自分は今年でデビューして44年になる。
ここまで歌を歌い続けられたのは皆さんのおかげだと語り、会場からは大きな拍手が送られました。
まさに生きた伝説ですね。

5曲目の「関白宣言」は名曲中の名曲です。
演奏してまもなく一旦ストップしMCに。
リリース当時は「飯はうまく作れ」、「いつも綺麗でいろ」といったフレーズが独り歩きして女性差別だとバッシングされ、その他にも「雨やどり」では軟弱、「防人の詩」では右翼などありとあらゆる悪口を言われたそうです。
悪口を言われるということはそれだけ曲のメッセージが強かったというべきか・・・。

そして、さださん流の男女観が語られましたが非常に興味深かったです。
女は最初はうさぎのように可愛く風が吹けば死んじゃうんじゃないかというくらい弱いが、年月が経つにつれパワーアップしてドラゴンのようになる。
男は若い頃はライオンのようにたくましくて力強いが、次第に弱体化して小さいハムスターのようになるとのこと。
「日本全国どこを回ってもどうしてオバサンはこんなにもよく喋るのだろう。」と嘆いていたさださん。
天下のさださんもオバサンには頭が上がらないのかもしれません(笑)

新曲コーナーでは、詩島への想いをロック調で唄った「詩島唄」、長崎弁をラップにした「GENAH!」、来年の盆踊り用に作った「たくさんのしあわせ」の3曲が紹介されました。
さだ工務店のメンバーが登場し、EXILE風のダンスをしたり、手拍子を叩いたり、盆踊りの振りをしたりと会場の熱気は頂点に達しました。

「敗戦投手」と「つばめよつばめ」の前のMCでは野球について語っていました。
さださんは小さい頃から野球が大好きで、ずっと王と長嶋のいる読売ジャイアンツのファンでした。
ところが、1981年に長嶋がジャイアンツの監督を解雇されたことをきっかけにジャイアンツファンを辞めてしまいます。
それからしばらくお気に入りの球団が見つからないまま時が流れて行きました。
1987年に憧れだった関根潤三がヤクルトスワローズの監督になったのを機にヤクルトファンに転身します。
ヤクルトの選手達との交流も始まり、その頃に栗山英樹(日ハム監督)と出会います。
昨年日ハムが優勝した時、さださんは自分のことのように喜んでいました。

一方のヤクルトは非常に弱く、今年は96敗しぶっちぎりの最下位でした。
さださんはヤクルトが負けると悔しいし凹むと話していました。
でも負けている時こそ必死に応援し、勝っている時には控えめに応援するのが本当のファンではないかと持論を展開していました。
「つばめよつばめ」は低迷中のヤクルトに向けた応援歌ですが、愚痴が混じっていることもあり応援歌にふさわしいかどうかは疑問です(笑)

「避難所の少年」という曲はとても印象に残りました。
「帰れない町を故郷と呼び 何も無い場所を我が家と呼ぶ」のフレーズは胸に突き刺さるものがありました。
3.11が起きてから今年で6年が経ちますが、まだまだ震災の傷跡は癒えていません。
MCで「風に立つライオン基金」は今年の7月に公益財団法人の認定を受け、被災地への復興支援、「いのち」を守るために闘っている個人や団体への支援、また人材の育成を進めて行くと話していました。
まだ設立されて2年ちょっとの法人ですが、これから何十年・何百年と続いてほしいと願っています。

さださんのコンサートは涙あり笑いありで、5か月間待った甲斐がありました。
2017年も残り2か月弱ですが、これで年末まで乗り切れそうな気がします♪
DOrZp2PUMAE0yOw

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
音楽を感じる生活 に参加中!
GOLDEN BEST
井上陽水
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
1999-07-28





強面の風貌にサングラス、爆発したかのようなヘアースタイル、心地良く響き渡る歌声、冗談か本気なのか分からないトークetc・・・。
井上陽水を一言で言うとこんなイメージではないでしょうか。

僕が井上陽水のファンになったのは1999年でした。
デビュー30周年記念でリリースされた『GOLDEN BEST』がミリオンセラーとなり、新聞でも大きく取り上げられていました。
そして、TVでシークレットライブを見たことで完全にはまりました。
ただ、親は久しぶりの陽水の姿に困惑してましたね。
初期の陽水はサングラスをしておらず寡黙で純朴な青年だった。
それが何であんな風変わりなキャラになってしまったんだと。
歌の上手さは認めていましたが・・・。
まあ僕は変わり者が大好きなので知れば知るほど好きになりましたけどね。

陽水の凄さはヒット曲が非常に多いことです。
「夢の中へ」、「氷の世界」、「リバーサイドホテル」、「飾りじゃないのよ涙は」、「新しいラプソディー」、「最後のニュース」、「少年時代」など数え上げればキリがありません。
コラボも話題になっており、安全地帯との「夏の終わりのハーモニー」、奥田民生との「アジアの純真」はいずれも大成功を収めています。
陽水は天才の称号が相応しいアーティストだと思います。

そんな陽水の血液型ですがAB型です。
AB型の性格は「天才肌で変わり者、二面性がある。」と言われていますがピッタリ当てはまってますね(笑)
何をしでかすか分からない、けれど最後には必ず良い結果を出してしまう。
うーむ・・・。なかなかつかみどころのない人です。
けれど、一度魅力に取り憑かれてしまったら病みつきになるのは間違いないですね。

来年には70歳、再来年にはデビュー50周年を迎える井上陽水。
世紀の大天才は今後どこへ向かうのだろうか。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
行った場所や気になる場所 に参加中!
時の流れは早いもので、10月も後3日で終わりですね。
皆さん体調は崩されていないでしょうか?

今日は恵庭渓谷に行って来ました。
7月にも行きましたが、彩り豊かな景色に早変わりしていました(^^)
image

それと、地面は落ち葉で埋め尽くされていました。
大量の落ち葉を見た時、もう少しで秋も終わるのかと思い切ない気持ちになりました。
秋は色々な感情が入り混じる季節なのかもしれませんね。
image

image

ラルマナイの滝、三段の滝、白扇の滝の流れは鮮やかでした♪
目を閉じて水の音に意識を集中させると、日々溜まっている雑念やストレスといったものが軽減されました。
イライラしたり、焦りがあったり、迷いがあったりした時には、水のある場所で物思いに浸るのも効果がありますよ

ラルマナイの滝
image

三段の滝
image

白扇の滝
image

image

1か月ぶりにブログを書きましたが、ブログを書くのは良い気分転換になりますね。
これからもマイペースではありますが、色々な情報をアップして行きたいと思います。
もう少しで厳しい冬がやって来るので、食べ物をたくさん捕獲して冬眠生活に入らなきゃ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ライブに行って来ました。 に参加中!
TSUKEMENのライブに行って参りました!!!!!
今回はニューアルバム『RECHARGE』を引っ提げ、全曲オリジナル曲で構成されたプログラムでした。
そのため、三人が今それぞれ思っていること感じていることが強く伝わりました。
そこで、印象に残った曲をいくつか紹介したいと思います。

■SAKURA
SUGURUオリジナル曲。
MCでSUGURUは飼っていたクワガタが亡くなったことについて触れていました。
人であれ生き物であれ一緒に過ごした日々は別れがあっても心にずっと残って行く。
そんな想いが込められた曲だと説明していました。
生命は昔も今もこの先もずっと廻り続けています。

■The Voice
KENTAオリジナル曲。
憤り、悲しみ、孤独など人間の内面は複雑な感情で溢れています。
自分の心と向かい合うのは大変苦しい。
そんな時にこの曲を聴くと、スッと光が差し込んで来ます。
聴けば聴くほど味が出る一曲です。

■Dear Doctor
TAIRIKUオリジナル曲。
TAIRIKUは子供の頃喘息を患っており、毎週病院に通っていたと話していました。
お世話になった先生は大らかな人柄で山のように大きな存在だったんだとか。
ところが、その先生は数年前に亡くなってしまい、きちんと感謝の言葉を伝えられなかったことを後悔したそうです。
そこで、感謝の想いを込めてこの曲が作られました。
TAIRIKUのヴィオラがズシリと心に響きました。

■ひかり
デビュー当初からずっと愛されているKENTAオリジナル曲。
朝、目覚めたら太陽の光を浴びられる幸せ。
この曲は音がとても優しくて美しい。
聴き終わった時、全身が温かいオーラに包まれました。

■AKATSUKI
和のテイストが詰まったSUGURUオリジナル曲。
今までよりも力強く熱の込もった演奏でした。
この曲をやっている時の三人の表情は凄くイキイキしてました。
それは見ているこっちまで熱くなるほどでした。
これからもずっと聴きたいナンバーです。

その他にヴィオラの素晴らしさを訴えた『ROCK VIOLA』(TAIRIKUオリジナル曲)、ピアノでありのままの気持ちを表現した『VIBES』(SUGURUオリジナル曲)の2曲のソロパートも聴き応えがありました。
彼らのソロコンサートもいつか行ってみたいですね。

今回のライブではオリジナル曲を存分に聴くことができました。
長年のファンにとっては良かったけど、ファン歴が短い人にとってはどうだったのか。
これまでのように、クラシック、映画音楽、アニメソングのカバー曲もやってほしかったです。
皆が知っている曲もやらないと人気に広がりが出ないのではないかと思います。
来年はついにTSUKEMEN結成10周年を迎えます。
これから一体どのような活動をして行くのかじっくり見守って行きたいです。

【セットリスト】( )は作曲者
第1部
1.輝ける君の心へ(TAIRIKU)
2.トキノカナタ(SUGURU)
3.じこまんスケルツォ(TAIRIKU)
4.SAKURA(SUGURU)
5.The Voice(KENTA)
6.GOEMON★ROCK(SUGURU)
7.JONGARA(TAIRIKU)

第2部
8.Break Through(TAIRIKU)
9.COSMOS(KENTA)
10.ROCK VIOLA(TAIRIKU)
11.VIBES(SUGURU)
12.Sincere(KENTA)
13.Dear Doctor(TAIRIKU)
14.J Beat!(KENTA)

アンコール
15.ひかり(2017ver.)(KENTA)
16.AKATSUKI(SUGURU)

DKuyvG0V4AA9FFS
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
ユーチューブ に参加中!
最近、世界一脚が長いロシア美女の映像を見つけました。
その長さは何と左脚が132.8cm、右脚が132.2cmです!!!!!
身長も高くて6フィート8.77インチ(205.16cm)あります。
やはり街を歩いていると色んな人にチラチラ見られてますね。
時には記念撮影をお願いされることも。
こんなスタイル抜群の美女がいたら二度見どころか五度見くらいしちゃいます(笑)
彼女の両脚に挟まれたい願望を抱く男子はきっと自分だけではないはず。
ただ、見た目が菜々緒似だからドSの可能性も無きにしも非ず・・・。
それでも良いから一度は足技を掛けられてみたいですね(^^)/


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
雑学 に参加中!
今日、桐生祥秀が日本学生対校選手権男子100m走決勝で9秒98という日本新記録を樹立しました。
偉大なランナー達が挑戦してきた「9秒台」の壁をついに破ったことで続々と称賛の声が届いています。
ここで、日本歴代トップテンの選手達の血液型が気になったので調査してみました。

1位:桐生祥秀9秒98 O型
2位:伊東浩司10秒00 O型
3位:朝原宣治10秒02 B型
4位:末續慎吾10秒03 O型
4位:山縣亮太10秒03 A型
6位:サニブラウン・アブデル・ハキーム10秒05 O型
7位:江里口匡史10秒07 B型
7位:多田修平10秒07 不明
9位:飯塚翔太10秒08 AB型
9位:ケンブリッジ飛鳥10秒08 O型

判明している人の内訳ですが、O型5人A型1人B型2人AB型1人でした。
それにしてもO型の強さは群を抜いていますね。
体質的に短距離向きなのでしょうか。
短距離の強い国としてジャマイカ、アメリカ、イギリスなどが挙げられます。
それらの国のO型率は、ジャマイカが51%、アメリカが45%、イギリスが46%でした。
ちなみに、我らが日本のO型率は31%です。
あと10~15%多かったら世界一になるのも夢ではないかもしれません(笑)
種目ごとに選手の血液型を調査すると意外なことが解りますね。










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「探偵!ナイトスクープ」の秘書・松尾依里佳、第1子妊娠を報告、来年2月にママ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000107-sph-ent

今日、京大卒バイオリニストの松尾依里佳が妊娠したとニュースがありました。
2015年に一般人の男性と結婚し、ブログでもたびたび旦那さんのことを取り挙げていて、非常に仲睦まじい様子がうかがえました。
きっとお子さんに対しても、たくさんの愛情を注ぐ良い母親になりそうな気がします。
彼女は何と言っても笑顔が素敵で、少女のように天真爛漫で見ていて心が和みますね。
来年の2月のお子さんの誕生が今から楽しみです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ

Hello, world!