Hello, world!

リアルの独り言

はじめまして。リアルです。 名前の由来は、現実(いま)を大切にしていきたいという想いで付けました。 日々の生活で思ったこと感じたこと気づいたことを書いています。 趣味は、読書、音楽鑑賞、カラオケ、自転車、血液型占いです。 日記を読んでビビッ!と来た方はお気軽にコメントお願いします。

ブログネタ
NBA に参加中!
得点王は個人タイトルの中でもMVPと並んで栄誉ある称号です。
マイケル・ジョーダン、シャキール・オニール、アレン・アイバーソン、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、ケビン・デュラントなどビッグネームが続々と挙がります。
そこで、今回は歴代得点王の身長とポジションを検証してみたいと思います。

---------------------------------------------------------220cm---------------------------------------------------------

Cカリーム・アブドゥル=ジャバー218cm(1970-1972)

Cウィルト・チェンバレン216cm(1959-1966)
Cデビッド・ロビンソン216cm(1993-1994)
Cシャキール・オニール216cm(1994-1995、1999-2000)






---------------------------------------------------------210cm---------------------------------------------------------

Cジョージ・マイカン208cm(1948-1951)

Fボブ・ペティット206cm(1955-1956、1958-1959)
C/Fエルヴィン・ヘイズ206cm(1968-1969)
C/Fボブ・マカドゥー206cm(1973-1976)

Fケビン・デュラント206cm(2009-2012、2013-2014)


Cニール・ジョンストン203cm(1952-1955)
Fドミニク・ウィルキンス203cm(1985-1986)
Fトレイシー・マグレディ203cm(2002-2004)
Fレブロン・ジェームズ203cm(2007-2008)
Fカーメロ・アンソニー203cm(2012-2013)


Fリック・バリー201cm(1966-1967)
Fジョージ・ガービン201cm(1977-1980、1981-1982)
Fアレックス・イングリッシュ201cm(1982-1983)
Fバーナード・キング201cm(1984-1985)


---------------------------------------------------------200cm---------------------------------------------------------

Gマイケル・ジョーダン198cm(1986-1993、1995-1998)
Gコービー・ブライアント198cm(2005-2007)


Fジョー・ファルクス196cm(1946-1947)
Fジョージ・ヤードリー196cm(1957-1958)

Gピート・マラビッチ196cm(1976-1977)
Fエイドリアン・ダントリー196cm(1980-1981、1983-1984)


Fポール・アリジン193cm(1951-1952、1956-1957)
Gドウェイン・ウェイド193cm(2008-2009)

Gデイブ・ビン191cm(1967-1968)
Gラッセル・ウェストブルック191cm(2014-2015、2016-2017)
Gステフィン・カリー191cm(2015-2016)


---------------------------------------------------------190cm---------------------------------------------------------

Gマックス・ザスロフスキー188cm(1947-1948)
Gジェリー・ウェスト188cm(1969-1970)


Gネイト・アーチボルド185cm(1972-1973)

Gアレン・アイバーソン183cm(1998-1999、2000-2002、2004-2005)




---------------------------------------------------------180cm---------------------------------------------------------

身長エリアごとに見ると、180cm台は4人、190cm台は11人、200cm台は14人、210cm台は4人という結果になりました。
ポジションも見て行くと、Gは11人Fは14人C/Fは2人Cは6人でした。
必ずしも身長が高いプレイヤーが得点王になるとは限りませんね。
Gはスピードと巧さで翻弄、Fは中でも外でも点が取れる、Cは高さとパワーでゴリゴリ攻める傾向があります。
最近では支配的なCが少なくなっており、何とシャキール・オニール以来得点王が出ていないのです。
時代の流れかもしれませんが、インサイドで勝負できる人材がいなくなっているのは寂しい限りです。
再びシャキール・オニールのようなCが現われる日を願っています。
以上、歴代得点王の検証でした!!!!!
nba





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
読んだ本♪♪♪ に参加中!
本当にこわい! スマートフォン族の病気
浅川雅晴
ロングセラーズ
2016-07-23
          




電車に乗っていると奇妙な光景を目にします。
スマホを片手にずっと画面を眺めてる人が実に多いのです。
中には隣に友達が座っていてもお構い無しにスマホをいじっている人さえいます。
その様子は血の通っていない無表情なロボットのようでした。
ここ20年の間に情報機器は大きく進化し、いつでもどこでも情報を収集できるようになりました。
おかげで手間が省け、欲しい物はすぐに手に入るようになりました。
一方で、人の心はどうでしょうか。
例として以下のようなケースがあります。
・人と会って聞いたりするのが面倒だからスマホで検索して済ましてしまおう。
・ゲームをやっていると刺激があるし辛い現実を忘れられる。
・LINEのやり取りで友達と会話している気になる。
etc・・・。
生身の人間との触れ合いが少なくなることで対人関係が低下し、それがコミュ障の増加にも繋がっているように思います。
私自身も何かあるとスマホで済ませてしまおうとする癖があるのは否めません。
この本を読んでスマホの使い方をもっと考えて行かなければいけないと感じました。
                                                                         
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
今日は何の日? に参加中!
今日6月9日はロックの日でしたね。
ロックを聴くとまあ不思議なことに体が踊り出し飛び跳ねたくなる衝動に駆られます。
それだけ刺激があり心が熱くなる音楽なんですよ。
これまで自分を熱くさせたロックアーティストを映像付きで送ります♪

矢沢永吉


浜田省吾


佐野元春


BOOWY


尾崎豊


X JAPAN


B'z


Mr.Children


LUNA SEA


GLAY


あぁ、やっぱロックは最高だな~。
疲れた心と体をチャージしてくれる。
映像を見るのも良いけど、生のライブは10000倍良い!!!!!
最高潮に達した時の一体感がたまらなく好きなんです(^^)
もう一度あの興奮を味わいたいな。
どうやら今夜は眠れそうもない。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

【公演延期のお知らせ】6月6日(火) ニトリ文化ホール
https://ameblo.jp/sada-masashi-official/entry-12281363680.html

本日、さだまさしのコンサートに行って参りました。
さださんは急性咽頭扁桃炎により郡山公演(6/1)、東京公演(6/2)、秋田公演(6/4)の3公演を中止しており、病み上がりの状態でステージに上がりました。
MCで「できるところまで歌ってみる!」と意気込んでいましたが、声の調子は非常に悪くガラガラでした。
異変を感じたのか、3曲目の雨やどりを途中で切り上げステージを後にしました。
その後、係員が現われ体調不良による中止のアナウンスが流れた時、場内ではざわめきが起こりました。
私自身、ショックのあまりしばらくその場から動くことができませんでした。
中には遠方から来た方もいらっしゃり、こんなことになるなら最初から中止した方が良かったのではという声も上がりました。
でも、一番悔しいのはさださん本人で断腸の想いでこのような決断を下されたんだと思います。
少しでも早い回復を祈るばかりです。
振替公演ですが11/15(水)となりました。
その日まで入場チケットは大切に保管したいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
今日の一曲 に参加中!
今日で5月も終わりですね。
新社会人、新学生の皆さん。
新生活には慣れましたか?
仲の良い友達はできましたか?
5月病にはなってませんか(笑)
最近、段々と暑くなってきて半袖の人もチラホラと見かけます。
ついこの間まで冬だったのに。
時が経つのはホント早いですね。

毎年、5月になると聴く曲があります。
井上陽水の『5月の別れ』です。
肩を抱き寄せ合う仲睦まじいカップル。
二人は同じ時間の中で生き、それは永遠に続くかと思われました。
桜が散り季節の変わり目を迎える頃、二人に転機が訪れます。
気持ちのすれ違いが続き、ついに二人は別れてしまいました。
別れたその夜、空を見上げると思い出の星達が次々と流れ去って行きました。
「もう一度あの頃に戻りたい。」
二人はそれぞれ空に向かってありったけの願いを込めました。
はたして二人の願いは届くのか・・・。
5月は色々な想いが交錯する月なのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日々の話題 に参加中!
宮里藍が引退へ 米ツアー通算9勝の日本女子ゴルフ界第一人者
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000533-sanspo-golf

今日、ニュースで宮里藍が今季で引退すると報道がありました。
彼女の名を初めて耳にしたのは大学1年の時でした。
ちょうど僕はゴルフ部に入っていて、活動の一環でミヤギダンロップオープン2003のバイトをしていました。
プロの姿を生で見るのは初めてで、空を斬るような鋭いショット、正確無比なパット、日に焼けた逞しい外見など全てに魅了されていました。
プレー中、凄い女子高生がいると噂になっていました。
あれよあれよという間にショットを沈め、気づくと優勝カップを手にしていました。
彼女の名は宮里藍。東北高校3年生でした。
明るくハキハキとした性格、大舞台にも物怖じしない度胸、とても18歳とは思えないオーラが備わっていました。
その後も快進撃を続け、翌年には何と不動裕理以来の1億円プレイヤーになりました。
もうあれから14年経ちますが、宮里藍の駆け出しの頃を見れたのは大変貴重な思い出です。
引退するのは寂しいですが、「第二の人生」が良いものになることを願っています。
今までお疲れさまでした。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!
今月上旬、右奥の歯に違和感を感じました。
その時はちょっと気になる程度でしたが、次第に傷みが激しくなって夜も寝られないほどでした。
先週、歯医者に行ったのですが予想以上に症状が重く、「次回は親知らずを抜き、隣の歯も治療しなければなりません。」と告げられました。
歯を抜くと聞いた瞬間、どんより憂鬱な気持ちになり正直言って泣きたいくらいでした。

そして、今日ついにこの時がやって来ました。
抜かれる時のメリッメリッという鈍い音、神経を削られ時折感じる激しい痛み。
何度も口を開けたり閉めたりを繰り返す綿密な治療が行われました。
治療は思ったよりも長くかかり、気がつくと1時間も経っていました。
最後に今後も何度か通院しなければいけないと胸に突き刺さる一言が・・・。
やはり虫歯を放置したツケは大きかったと後悔しました。

👆今回の教訓は
「少しでも痛みを感じたらすぐに治療に行きましょう!!!!!」
それは虫歯に限ったことではないですが。

うーん。歯医者だけは何度行っても嫌ですね。
これからは飴やチョコなど甘い物は控えるようにしようかな。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!
今週末は家族で函館&青森の旅に行ってきました。
1日目は青森に行き三内丸山遺跡を訪問。
行ったのは中学の修学旅行以来だったので懐かしく感じました。
縄文時代の人々は現代と比べて技術が劣っている分、木や土など自然にある物を活用しており、知恵と工夫を凝らして生活していたことが分かりました。
普段生活していると便利であることが当たり前のように思ってしまいますが、今があるのは祖先達の悪戦苦闘の歴史があったからだということに気づかされました。
遺跡巡りをすると目から鱗が落ちますね。
image

image

image

次は青森県立美術館へ。
シャガールや棟方志功といった名画家の作品がずらりと並んでいました。
シャガールの強烈に訴えかける画力、棟方志功のユニークで度肝を抜く絵柄。
見れば見るほど絵の独特の世界観に引き込まれてしまいました。
(ただ、館内は撮影禁止だったので写真は撮れませんでした。)

1日目ラストはねぶたの家ワ・ラッセでした。
そこでは、ねぶた祭りの歴史や映像、イラストが展示されていました。
また、祭りに賭ける名人の生の声も掲載されており読んでいて胸が熱くなりました。
本場の祭りは間近で見たらあまりの迫力に圧倒されると思います。
短い滞在でしたが青森の魅力に触れることができてホント良かったです。
image

image

image

image

2日目は函館に行き、4年前に94歳で亡くなった祖父の墓参りをしました。
あいにくの雨で肌寒かったのですが、無事お参りを澄ますことができました。
天国の祖父もきっと喜んでいたことでしょう。
これからも毎年訪れたいと思います。
image

周辺を見渡したら何と桜が咲いていました。
札幌方面ではもう桜が散っているのに、函館ではまだ咲いているなんて驚きました。
うーむ。地域によって桜の時期は随分と違うんですね。
image

昼食は大戸屋で食事。
和食店として有名でヘルシーなメニューが揃ってました。
栄養満点で心も体も回復しました。
店を出た後は海を眺めていました。
天候が悪かったせいか波は荒れ模様でした。
それにしても、こんな日にヨットをしている人がいるなんて正直ありえないです。
image

こうして2日間の旅はあっという間に終わりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!
ブログの訪問者数が150,000人を突破しました!!!!!
書き始めてもうすぐ4年になりますが、飽き性の自分がよくここまで続けて来れたなと驚いています。
これも訪問して読んでくださった皆さんのおかげです(^^)
どうもありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
次は200,000人突破目指して精進して行きます
最近、北海道では桜が咲きました
やっぱり桜は何度見ても美しいです
心が洗われますね♪
このブログも人の心に花を咲かせるような物になれたらいいな~。
image

image

image

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
RECHARGE
TSUKEMEN
キングレコード
2017-04-21

(左から)
KENTA(バイオリン)TAIRIKU(バイオリン、ヴィオラ)SUGURU(ピアノ)

TSUKEMENは2008年に結成して以来、ゆくゆくはオリジナルで勝負できるアーティストになりたいと夢を抱いてきました。
結成9年目の今年、ついにメンバーだけの全曲オリジナルアルバムが誕生しました。
3人それぞれの想いが込められており聴けば聴くほど味が出る作品になっています。

・熱いビートが効いたJ Beat!(KENTA)

・津軽じょんがら節をモチーフにしたJONGARA(TAIRIKU)

・孤独の中に潜む美しさを唄ったThe Voice(KENTA)

・今は亡き医師への想いが込められたDear Docter(TAIRIKU)

・桜の尊さと儚さが詰まったSAKURA(SUGURU)

・新しい希望の朝に聴きたい
ひかり(KENTA)

・自分の殻を破る勇気をくれるBreak Through(TAIRIKU)

・世界中の全ての人に向けた究極のラブソングSincere(KENTA)

・変幻自在のピアノソロが光る
VIBES(SUGURU)

・ヴィオラの素晴らしさを訴えた『ROCK VIOLA(TAIRIKU)

・かけがえのない君に贈る輝ける君の心へ(TAIRIKU)

11のバラエティー豊かな曲達は生きる勇気や希望、優しさを与えてくれます。
皆様もTSUKEMENに触れエネルギーをリチャージしてみては如何でしょうか。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ

Hello, world!