ブログネタ
ドラマレビュー に参加中!
『3年B組金八先生』は担任・坂本金八がクラスに起こる問題を体当たりで解決していくという学園ドラマです。
1979年から2011年まで放送され、全部で8シリーズ作られました。
ドラマの目玉は何と言っても個性的な生徒達です。
優等生、いじめっ子、お調子者、マドンナ、女王様など色々なキャラがいました。
リアルタイムで見た5~7シリーズで印象に残った生徒をランキング形式で紹介したいと思います。

10位小野孝太郎(竹内友哉・第7シリーズ)
20110327_01_105
第7シリーズを代表する悪ガキ生徒。
授業中でもお構いなしにゲームはするわ、シンナーは吸うわ、殴り合いの喧嘩はするわと傍若無人な振る舞いが目立っていました。
隣の席の長坂和晃とはゲーム友達で、いつも行動を共にしていました。
終盤になると丸山しゅうの逮捕後に麻薬撲滅のポスターを作って広めるなど大きく成長しています。

9位北村充宏(川嶋義一・第6シリーズ)
20110327_01_158
通称ミッチー。オカマキャラでいじめっ子隊の一員。
転校生の鶴本直と成迫政則に対し様々な嫌がらせを行いました。
直との大喧嘩は歴代でも印象に残るシーンの一つです。
普段のなよなよした所からキレるとヒステリーを起こしてしまう所まで表現の幅が広かったように思います。

8位稲葉舞子(黒川智花・第7シリーズ)
20110327_01_097
幼馴染の丸山しゅうを一途に想う女子生徒。
しゅうのことを悪く言う者がいれば毅然とした態度で接していました。
第12話でしゅうのことで麻田玲子と喧嘩になった時の演技は気迫が込もっていました。
どうも第5シリーズの安井ちはるとキャラが似ている気がするのは自分だけでしょうか。

7位安井ちはる(岡あゆみ・第5シリーズ)
20110327_01_229
兼末健次郎の幼馴染で坂本幸作の初恋の人。
本人は健次郎に片想いしており、健次郎がクラスから孤立した時には幸作と共に力になろうとしました。
ファイナルでは父親が院長を務める病院で医学療法士になっています。
健次郎、幸作とはいつまでも仲良くしていてほしいですね。

6位麻田玲子(福田沙紀・第7シリーズ)
20110327_01_091
女王様でツンデレキャラ。
当初は嫌味っぽく可愛げがない印象でしたが、次第にクラスのことを考えるようになっていきました。
しゅうのことで責任を感じ学校に来れなくなった舞子が立ち直るのに一役買っています。
イケメン優等生・小塚崇史に惚れているという純情な一面も。

5位成迫政則(東新良和・第6シリーズ)
20110327_01_040
姉がレイプで殺され、父親が殺人犯で服役中という悲しい過去を持っていました。
転校当初は非常に暗くて異様なオーラを放っていました。
クラスの前でこれまでのいきさつを話すシーンは涙なしでは見れませんでした。
ファイナルでは弁護士になり、問題児・景浦裕也に勉強を教えています。

4位丸山しゅう(八乙女光・第7シリーズ)
20110327_01_014
父親は覚醒剤で寝たきり、継母からは虐待され続けるという劣悪な家庭環境でした。
当時、中学生で薬物に溺れた役を演じたのは大きな話題になりました。
錯乱状態になり床にこぼれた水を舐め続けるシーンは背筋が凍りました。
少年院出所後は新聞配達のアルバイトをしながら受験勉強をし、ファイナルでは地方で野菜作りをしたり中学校で薬物に関する講演をしたりとアクティブに活動している様子。

3位狩野伸太郎(濱田岳・第7シリーズ)
16584072_1357678910950703_8065187810035892224_n
金八に「あなたのことは嫌いでした。」と言わしめた生徒。
最初の頃はタメ口で金八を茶化し、しかもそれが的を得ているだけに非常に腹立たしかったです。
文化祭後はクラスのリーダー的存在になり、事件が起こるたびに皆をまとめていました。
卒業式の答辞は原稿なしで自分の想いをストレートに語り大きな拍手が起こりました。
生意気だが友達想いで人間臭く、個人的には結構好きです。

2位鶴本直(上戸彩・第6シリーズ)
sddefault
性同一性障害を持つ転校生。
男と女の狭間で苦しむ難しい役を演じ切ったのは圧巻としか言いようがありません。
制作スタッフは鶴本直を演じられる役者を見つけるのに四苦八苦し、ボツにしようとしかけた時に上戸彩に巡り合えたという幸運なエピソードがあります。
もし一歩違っていたら第6シリーズは別のストーリーになっていたかもしれません。
それほどまでに当時の上戸彩は神がかっていました。

1位兼末健次郎(風間俊介・第5シリーズ)
cdc9cdf1
表向きは優等生、裏ではクラスメートを巧妙に操る二面性を持つ生徒でした。
中野先生への暴行を企て、さらに葬式の花を届けさせ自殺未遂にまで発展。
大西さんへの暴行にも関わり、金八を辞職間際まで追いつめました。
後半になると、家庭を顧みない父親、世間体ばかり気にする母親、事故で亡くなった姉、引きこもりの兄がいる複雑な家庭環境であることが判明。
前半とは打って変わりガラスのように繊細な一面が際立っていました。
ここまで極端にキャラが変わった生徒は他にいないのではないでしょうか。
ファイナルでは小学校教師になっていることが判明しています。
教師になった健次郎のアナザーストーリーもぜひ見てみたいです。

ここまで生徒達について色々と書いてきましたが、皆それぞれ個性が強いですね(笑)
さて、あなたはどの生徒が印象に残ってますか?